泥日記

ag749s.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2018年 10月 30日

ジョギングとかね

目は見えにくくなっていくし。(老眼など)
四十肩?五十肩?はずーっと痛いし。
ここ3年くらい、全く回復しないし。
f0178412_17415061.jpg







老化というのは、如何ともしがたいもので。
まだ40歳前半の君たちは。
本格的にその辺を経験してないんだぜ。

この1、2年で一気にきた感。
毎朝寝起き〜2時間くらいはスマホが霞む。
何をやるにも倦怠感が伴うから夜練やるには相当の活力が必要w
朝練とかしちゃった日には、昼休み爆睡&イビキ寝言的なw
プロテイン?BCAA?んなもん効いてんのか?と思う程度に絶望的。
階段で踏み外しそうになるくらい柔軟性は酷い。
車を運転してても注意散漫具合が増幅してると感じる。

ああ、もう終わったな。。。。
と思う今シーズンの数ヶ月。
免許更新でもその辺のことを暗に盛大に解説される感。
f0178412_17415041.jpg







とまあ。
『競技』を主軸にするともう壊滅的な状況。
このなかでどこを目指すかが大事になる。
大人の経験から振り絞ってみるんだが。
結局、きっと答えは1つか2つしかないだろうね。

かといって奮起してトレーニング頑張れるかと言うと。
それはまあ仕事的にも家庭的にも無理だよねえ。
家庭も円満だからして。
仕事ができないから、とかじゃない。
あ、子供達は中3高3でダブル受験だけどひとまず心配なさそうだしね。
余計に自分の範疇の話しだよね。





46歳親父って結構フリーダムな状況。
金銭的にも5年前よりよっぽど余裕あるし。
やる気になれば時間を有効活用して。
もっと練習のボリュームや質を高められるはずだが。
なかなかそうも単純じゃないのが中年の極みだよねw

でも、たとえ『それだけ』となると。
それはそれでストレートに楽しくなくなりなさそうw
時間等々が自由にならないことをある意味言い訳にしてる訳だけど。
競技なのかサイクリングなのか。
またその両方をバランス良くなのか。
毎月悩んでますよw
f0178412_17415057.jpg








そんななかで。
最近ジョギングを再開しまして。
何度も何度も始めたりやめたりしたんだけど。
中学校では中距離系でやってたんで。
800mとか1500mがやっぱり好きだなあと思った。

なもんで。
いままでダメージを恐れてゆっくりペースで10km。
これをなんどか何年かやってみたけど。
なんとなく続かなくって。
つまんないからw

今年からジムで筋トレを始めたんだが。
そのあとに軽く数キロ走る的な。
そういう取り組み方なら無理なさそう感。
f0178412_15414677.jpg





短い距離でいいから。
強度高め(ペース速め)で。
もしかするとシクロクロス的にダッシュなんか組み込んで。
これから日課的にやってこうと思ったら。

ただただゆっくりジョギングするんじゃなくて。
身体のいろんな箇所と脳みそを使って。
前に前に進むように試行錯誤する。
これ、懐かしい!とても楽しかった!


性格的に30分程度なら。
まあ、続けれるかもしれないかなあ。

ちょっと続けてみよう。
というか、楽しいね。













.



[PR]

by ag749s | 2018-10-30 18:05 | ランニング | Trackback
2018年 10月 27日

HOKA ONEONE MACH FN

こりゃ驚いた。
f0178412_15414509.jpg
f0178412_15414677.jpg






ランニングシューズを新調。
adizeroのサブスリーモデルだと膝が。
なのでクッションがいいトレランシューズ使ってた。
そのお陰で膝や足底の故障は出なくなった。
それでも全然良かったんだけど。
ランニングシューズでそういうタイプの。
デザインがシックな奴があったらと思っていて。

まーーーー、そういうのは後付けでw
フィクサー金子のせいで。
伝説のバイヤー金子が買えっていうから。
不承不承、KANEKO DELUXリスペクト。
買ったわけさ。







先日履いてみた。
キロ5分前後だったのが。
4分40秒前後まであがった。

足が勝手に前に前に出てく感がすごい。
にもかかわらず脚への衝撃がそうでもない。
足が前に出るのはクッションの反発もあると思うけど。
それに加えてソールが丸い?前下がり?というのもあるかも。

とにかく。
心拍が175bpmまで上がるくらいに。
『勝手に』足が前に出てしまう衝撃。
これはちょっと驚いたな。

中学生のころ陸上部で。
足や脚のバネも豊富だったころは。
軽くて足袋みたいなランバードのシューズが最高だった。
だけど46歳にもなると色々衰えているから。
大きな箇所は鍛えやすいけど。
細かな、腱や筋肉、その柔軟性が。
なかなか戻らないからこその機材かな。
このシューズなら。
まだまだ走れそうだ、そう思えた。
f0178412_15414567.jpg
f0178412_15414561.jpg
f0178412_15414531.jpg
f0178412_15414598.jpg





シクロクロスのためのジョギング。
平日早朝、ジム行ってから30分くらい。
故障なく数キロを強く走れればいいな。
このニードにはバッチリマッチしてると思われ。

やばい、ジョギングやっちゃうか俺。
中距離レースは好きだったから。
変に火が着いちゃわないようにしないとな。
ワクワク。









.

[PR]

by ag749s | 2018-10-27 16:14 | ランニング | Trackback
2018年 10月 25日

La Passioneの長袖ジャージ👍

La Passioneのウェアは気にいっている。
生地と縫製がしっかりしていてタイトな作りなのに伸縮性が高い。
なので、フィット感が素晴らしい。

その際たるアイテムは『これだ』と思った先日。
三島鰻ライドで着たMACRO PDP LONG SLEEVE JERSEY.
173cmの60kgでサイズはXS。
¥12,718という抜群のコストパフォーマンス。
f0178412_17483372.jpg







このジャージで良かった点は以下の通り。
・裏地が薄い起毛になっていて気温15度前後でも寒くない。
・バックポケットも生地が伸びるから荷物が良く入る。
・汗をかいても速乾能力が高いから下りで冷えない。
・シックなシンプルデザインで渋い。
・襟元も大きすぎないから首に違和感なし。

とまあ、基本性能がしっかりバッチリ。
もう一着買おうと思ったけど。
色違いが紺しかないので。
Taylorの火の玉カラーと合わなくてヤメといた。
f0178412_17483381.jpg










ちなみにこのメーカーは他にも色々持ってて。
どれも気にいって使っている。








RaphaやASOSSなどなど。
メジャーどころのウェアじゃなくて。
高品質低価格エブリデーロープライス(OKストアかっw)。
人と違った何かを求める人は是非。
おすすめしまっせ。

やっぱりもう1着欲しいな。
と本日の内視鏡検査の待ち時間であれこれ見てたけど。
WiggleでRaphaが50%OFFやってるの見つけちゃって。
我慢できずそっち買っちゃったw
ま、今週はビールも我慢したし今日は長時間拘束されてたので。
仕方ないw

@lapassionecc
photo by シマさん











.

[PR]

by ag749s | 2018-10-25 18:02 | その他 | Trackback
2018年 10月 24日

142 x 12mm through axleで輪行

クイックリリースではなく。
リアが142mm・12mmのスルーアクスル。
これで輪行するためにエンド金具を探す。

今回試してみたのはオーストリッチのこれ。
片足だけ金具をつけるフラミンゴタイプ。
f0178412_21411866.jpg







従来タイプではなくRD側にのみ装着する。
よって、自立させるにはホイールの括りつけ具合次第かな。
まあ、別に自立しなくてもいいけどね。
立てかける場所は倒れないよう注意が必要かな。

あとチェーンを引っ掛けられないので。
チェーンホルダー的なゴムバンドを使う。
これで合計1,500円くらい。
ちなみにこのエンド金具は結構しっかりしてる。
よって、まぁまぁ重い。
けどまあいいや。

それとこれは長さも2種類。
110mmと150mmだったかな?
f0178412_21411817.jpg








これでTaylorでも輪行オーケー。







.

[PR]

by ag749s | 2018-10-24 22:37 | その他 | Trackback
2018年 10月 21日

BLIZ Matrixはとても良いものだ

先日の前橋CXから使い始めた。
BLIZ Matrix(Brown)は、とても良い、とても良い。

f0178412_16585330.jpg
f0178412_16585376.jpg





いま流行りのデカイレンズ系。
これまではOakleyのPrizm Roadレンズを愛用してたが。
それよりも暗い場所でよく見える。
そう、Prizm Roadの利点、『暗部も見える』を凌駕する性能。

どれだけよく見えるかというと。
朝の5時前、真っ暗な荒川河川敷。
裸眼と大差ない(個人的感想)くらいよく見えた。
なので、外さなくてもそのまま走れる。
当然、一般道は街灯があるので全く問題ない。
これ、何気にすごくない?

それがまず一番のグッドポイント。
f0178412_16585381.jpg







さらに。
曇りにくさもOakleyより良い。
交差点で止まったときとか。
曇らないんだ、このレンズ。
ベンチレーション効果じゃなくて。
きっとレンズの性能だと思う。
詳しくはオフィシャルサイトでw

それから。
ホールド感も良い。
これはOakleyと変わらない感じかな。
付けてる感が薄くて動かなくて最高。
間違いないね。

最後にもう一つ。
汗が垂れてもベターっとならない。
汚れが付きにくいのかな。
180kmライドしてもレンズの汚れを気にすることがなかったよ。

f0178412_16585382.jpg
f0178412_16585244.jpg











一方でバッドポイント。
まつ毛が若干当たるところかな。
でもOakleyでも当たるし。
俺、まつ毛がクリンクリンですごく長いしね。
ノーズパッドを厚いのに換えられれば良いがそれは無さそう。

あともう一つ。
ベンチレーションのためのスリットが入ってるが。
結構ここから粉塵とか雨が入ってくる。
それだけ通気性が高いということだけど。
昨日、ちょっと気になった。
f0178412_17080757.jpg






だがでも。
これだけの性能で16,800円。
これは買いだ、とてもいいものだ。










.

[PR]

by ag749s | 2018-10-21 17:13 | その他 | Trackback
2018年 10月 20日

三島の鰻を食いに

川口〜矢野口〜尾根幹〜道志みち〜山中湖〜御殿場〜長尾峠〜
芦ノ湖〜箱根峠〜三島〜鰻〜輪行で、180km、2800m⇧。
f0178412_22194254.jpg




今日は。
ラッキーなことが続いた最高のライド。
その最たるものは。
発案者の『ここはキツいかも〜』という峠。
蓋を開けてみると緩い斜度で雰囲気も最高の峠だった。

自転車乗りあるある的には。
ここスグ終わりますから〜=結構距離ある。
この先から下り基調ですよ〜=意外に登り基調が延々続く。
という定説をひっくり返した今日。
お陰で全員しっかりと最後までトラブルなく走り切る。
最高じゃないか。




他、ラッキーなこと。
まず天気というか気候。
寒いのか暑いのか、ウェアを悩みまくるこの季節。
さらに前日の雨から当日の不安。
加えて途中雨雲が迫り雷雨か?という状態も。

が、結果は、超青空、清々しい天候、とてもいい天気。
いやー、最高でした。
f0178412_22194281.jpg
f0178412_22194225.jpg
f0178412_22194129.jpg






それから。
明日JCXのレースだというのに。
一緒に走りたい、鰻食いたい、って。
ブンちゃんが参加。
前をたくさん牽いてもらって。
大変、大変助かった。
f0178412_22194275.jpg






そして最後は。
やっぱり鰻だよな。
三島の鰻はうまい。
個人的には鳩ヶ谷の竹江さんをご贔屓にしてるが。
とにかく今日の鰻、最高でした。
f0178412_22194139.jpg
f0178412_22194382.jpg






この他にも。
到着のタイミングが絶妙だったり。
輪行の準備を先にしたお陰でゲリラ雷雨を回避できたり。
電車降りたら雨があがってたり。




久々のロングだったけど。
皆でワイワイ走ると思ったよりも楽に走れた。
輪行も5回目?かな。
すっかりやり方忘れてるけど。
やっぱり便利だよな輪行。

また是非行きたいぜよ。








.

[PR]

by ag749s | 2018-10-20 22:32 | ロードバイク | Trackback
2018年 10月 14日

前橋シクロクロス#1は圧倒的な最下位でした。

バリアを越えるところで。
ハムを思い切り攣ってストップ。

ブンちゃんからパワハラまがいの叱咤激励を受けて。
奮起して5分くらいしてから走り出した。
それが今日のハイライト。

走り出して良かった。
C2だと絶対やめてた。
ほんと痛かったんだもの。
でも走り続けて良かった。
ありがとうブンちゃん。
f0178412_17421196.jpg







クラス:カテゴリー1
場所:
岩神緑地(ヤマダグリーンドーム前橋第6駐車場北)【全長約2.5km】
天候:晴れ、気温20度くらい、風は涼しいが日差しが。
コースコンディション:スーパードライ
コースの特徴:BMXコース+芝と凸凹のクネクネ。
スタート時刻:12:40
ゼッケン:#22/24
スタート位置:最後尾の右から3列目
タイヤ:F=fmb SSC Slalom Green、 R=fmb SSC Slalom Green
空気圧:F=1.6bar、R=1.6bar
リザルト:ぶっちぎりの最下位/23人くらい
f0178412_17421858.jpg
f0178412_17421590.jpg







スタートからドン。
合田さんの教えを実践してる。
おかげで序盤は(個人的に)いい位置。
このまま行ければ手応えある感じ。

けど、やっぱりカテ1の選手の立ち上がりは速いよ。
少しづつ離されて。
後ろからきた選手のケツにもつけなくて。
30分を過ぎたころにはズルズル後退。

だがこれもある程度予想していたので。
前との5秒差を埋めようと。
立ち上がりでは腰あげて何度も何度もダンシング。
C1走ったことある人ならわかると思うけど。
トップ選手じゃない選手たちもメチャメチャ速いんだよ。

今回もまたなかなか追いつかないけど、諦めないぜ。
今シーズンはとにかく諦めないことにしたので。

すると冒頭に書いた通り。
バリア超えたところで左のハムを攣って動けず。
しばらく我慢するもジワジワと前腿も攣り出す。

カルさんやブンちゃん等々、昭和な親友に励まされ。
もうここでやめようかと思ってたんだけど。
カルさんの優しい言葉に甘えようと思ったけど。

ブンちゃんから『軽くでいいから走れば治るから、乗れ』って。
マジかこいつ、無理だろこれ、何言ってんの?

でも、そうだね、諦めないことにした今シーズン。
治ってきたから乗ってみると。
軽いギアならなんとかなりそう。
ブンちゃん「そうそう、軽いギアでいいから、最後まで走ろう!」って。
くーー、辛いけどありがと。

f0178412_18044764.jpg






とまあ。
クソ最下位な奴の反省文なんて興味ないだろうなw
全員にラップされて。
ほうほうの体でゴールした次第。
何がしたいんだとか何やってんだとかいろいろ考えたけど。
仕方ない、今シーズンは続けることにするよ。

それもさ。
なんでかって言うと、やっぱりね。
知り合い連中が熱い声かけをしてくれるんだよね。
しかも至るところで。
その目は嘘じゃないんだよね。
そんなん、途中でやめる訳にいかないじゃないか。

しかもCycleclub.jpの皆さん。
ちょろっとプレレースとか参加した程度なのに。
コントロールラインでは名指しで頑張れと。
いやー、ほんと震えたよ、ありがとう。。。

こんな友人各位のお陰で今日は1時間以上のレースを走り切れたよ。
うっすら目から、イヤなんでもない。
本当、ありがとうございました。。。










それと。
STOEMPER Eddyを80%くらい手な付けた感。
今日はよく曲がってくれた。
それと立ち上がりもダンシングで。
これが武器になって助けてもらえた。
いやあ。
イマサラだけど、ホントにレーシングマシンで。
萌える。
f0178412_19160934.jpg











次戦まで時間あるので。
あれこれ工夫して取り組むぞ。








.


[PR]

by ag749s | 2018-10-14 19:21 | シクロクロス | Trackback
2018年 10月 08日

茨城取手ステージ SUPPORTED BY TREK (UCI CLASS2 / JCX#1)はほぼ最下位でした

やってきました2018-2019シーズン。
前回走れなかったので。
今日から開幕です、俺的に。
あけましておめでとうございます。

最初に言っときます。
今日、めちゃめちゃ応援してもらえた。
マジでめっちゃ嬉しかったです。。。
不甲斐なくて申し訳ない。。。
でも、また、お願い、ぜひお願いします!w
f0178412_16270560.jpg





クラス: UCI Elite Men(C1)
場所:取手小貝川リバーサイドパーク冒険ランド周辺
天候:曇り、気温22度くらい
コースコンディション:ドライ
コースの特徴:俺たちの小貝川冒険ランド
スタート時刻:12:50
ゼッケン:#77
スタート位置:最後尾の右から2列目
タイヤ:F=fmb SSC Slalom Green、 R=fmb SSC Slalom Green
空気圧:F=1.8bar、R=1.8bar
リザルト:ほぼ最下位/80人くらい




ということで。
今日はUCI的なレース。
やばい、嬉しすぎる、いいのか走って、、、。
目標は30分以上走る、以上。
(シクロクロスには足切り基準があるのです詳しくはAJOCCで)

結果、33分走れた。
なんだかなあ............。

まあでもアレだよ。
取手(小貝川)のようなストレート多いコースで。
しかもJCXだとまあキツい。

でもだがしかし。
思い直したんだ今日。
たとえストレート多めのコースじゃなかったとしても。
キツいよやっぱり.......。
f0178412_16270898.jpg






序盤の数周はパックで走れてたけど。
林区間を抜けたストレートで離されて終わり。
歯を食いしばって後ろから来た人に飛び乗る。
またその人達のパックで林間を走り。
ストレートでまた千切れる。
この繰り返しでした。

しかし本当みんな速いなあ。
分かってるつもりだけど分かってないよねえ。
分かったとしてもどうしようもないよねえ。

ま、仕方ないんで。
次戦前橋、その次幕張、野辺山と。
また頑張っていきましょー。









.



[PR]

by ag749s | 2018-10-08 16:37 | シクロクロス | Trackback
2018年 10月 06日

シーズンイン

正直、不安しかない。


C1初シーズンなので。
まあ、なるようにしかならないが。
それでも自分的にギャップを埋めようと。
それなりに準備したが。

シーズンインが近づき。
お友達と走ると。
まあ、予想通りだが。
希望ほどギャップは埋まっていない。
当たり前だが。

今日も課題を持って小貝川。
でもフォジカル以前にコーナーが遅い。
いやーマイッタマイッタ。。。
f0178412_21050089.jpg




こんなんじゃ。
というか、こんなんでもそうでなくても。
まったく歯が立たたんぜ。

明後日の月曜は。
小貝川でレースなんだが。
JCXシリーズといって。
シクロクロスのプロ選手からトップ選手まで。
ガチで走るわけ。

俺、そんなクラスに在籍するんだけど。
本当に走っていいんだろうか。。。。。

走り始めるのは簡単だけど。
あっという間にラップされ。
俺は脚を攣り。
15分もしない間にDNSじゃないだろうか。
不安と怖さしかない。。。まじで。






でもさ。
できる限りはやってきたから。
結局、これ以上やれたかというとそうかも知らんけど。
だからといって何か変えられるかというとそうじゃない。
敵わないのは百も承知だけど。
今シーズンは泣きながらでも走ろうと決意したし。
とにかくはスタートしようと思ってはいる。


はぁ・・・・・・・・・・・。
でも今日は思ったほど攻めてないけど。
前に走ったときよりタイムもパワーも出てるから。
その程度の達成感を糧に。
走るしかないわな。
f0178412_21050068.jpg









前も書いたけど。
前半戦はまだまだ練習だな。
年明けから何か手応えがあれば。

STOEMPERを乗りこなしてやるぜ。









.

[PR]

by ag749s | 2018-10-06 21:15 | シクロクロス | Trackback