人気ブログランキング |

泥日記

ag749s.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:MTB( 43 )


2019年 08月 10日

ボウズまっしぐらだが楽しい

RIDE & SEEKERS、マツド命名w
f0178412_19093035.jpg




MTB乗ってると渓流に良く出会うんで。
竿持ってれば釣れるんじゃない?って安直に。
思ってるって言ったらすでにやってる人いて。
そりゃそうだよね〜w

でも、釣り初心者なんで。
経験者の宮さんやマツドに教えてもらいながら。
これまで3回、渓流を『MTB』で『探索』して竿を振るって。
適度に力抜けてて楽しいったらない。




わたくし、釣りの造詣は0.1mmくらいしかないんで。
これまでずっとボウズw(高知の某ボウズではない)。

でも、毛針垂らすと反応あったりして楽しい。
釣れそうなポイントを学んで投げて失敗して楽しい。
ヘルメットかぶったまま河を釣り上がってくのが楽しい。
枝葉や根っ子に引っかかって毛針なくしてってやってるのも楽しい。
いや〜、新しいことって楽しい。
f0178412_19093044.jpg








こないだの299でも。
川沿いを登ってくので気になって仕方なかった。
ああ、あそこは釣れそうだな〜、ああ、降りたいなあ、ああ・・・
自転車は移動手段で、橋があるとどっからエントリーできるか探してる。
そんなライドも新鮮で楽しいね。
f0178412_19093085.jpg






いま渓流でやってるのはテンカラなんだけど。
それはタックルがシンプルだから。
難易度が高いのはものの本を読むと良く分かるけど。
まあ、仕方ない、次こそは釣りたいw
竿はリュックに入れたりハンドルに括りつけたりバッグに挿したり。
スタイルあるねw
f0178412_19093000.jpg
f0178412_19092925.jpg






今日は5時間弱ほど活動したけど。
移動距離は12kmほどw
まあ、ほとんどが川に浸かってたからね。
でもMTBがあると機動性が高くて良い。

あー、次こそは釣りたいね。








..


by ag749s | 2019-08-10 19:23 | MTB | Trackback
2019年 06月 23日

フラペ

フラペに開眼。
f0178412_18211059.jpg







MTBはなんとなくSPDペダル使ってた。
MTBに乗り始めた2010年ごろは。
まだまだレースの興味が強くて。
クロスカントリーのレースも視野にあったんで。
シクロクロスと同じくSPD的なペダルに迷いなし。

でもシクロクロスでレースを散々やって。
MTBは主にトレイルライドのみとなり。
クロカンライダーとご一緒することが多いんで。
あんまり疑問視することなくそのまま過ごしてたけど。

去年?その前の年?忘れたけど。
Geeksの面々と越生方面に行ったときの印象が強烈で。
とにかく、フラべの26インチでDH的な奴で。
ツルツルの岩盤の轍ルートをイン側の足を出しながら。
リーンアウトでガンガン下ってく。
あれがめちゃくちゃ脳裏にあってこれまでの違和感が拭えた感じ。






そして、ふとしたタイミングなんだけど。
たまたまフラペに手を出してみて。
この2000円の安物ペダルで走ってみたところ。
これ、まっっったく問題ない。
というか、むしろ足の自由度が高くて。
MTBでトレイルライドするだけなんだから。
フラペでいいんじゃないか、いやフラペが良いんじゃいだろうか。
f0178412_18210967.jpg
f0178412_18211035.jpg







まぁまぁな登坂をこなしたけど。
確かに引き足の強烈なやつは使えないけど。
でも登りで速く走る必要がないんだから。
まったくもって問題なし。

むしろ下りで足をすぐ出せるとか。
踏み位置を変えられるとか。
ゼロスタートからの下りで心配しなくていいとか。
利点のが圧倒的に多い。
f0178412_18210974.jpg
f0178412_18210940.jpg






さらに。
自転車を降りて押し上げる場所とか。
ちょっと釣りポイントを探りにいくとか。
ソールがクソ硬い自転車のシューズでは足裏が痛くなるんで。
普通のスニーカーでこなせる楽チン感がたまらない。
一応、シューズは楽天ポイントフル活用してこれを買ったけど。
スニーカーでソールが固くてペダルのピンに削られる前提ならなんでもいい。
f0178412_18211081.jpg







一瞬シクロクロスレースでもフラペでいいかもと。
思ってしまうほど引き足で掛からない不安はほぼない。
というかその不安がある人はペダリングが引き足重視になってるのかもね。
知らんけど。



ひとまず、片面10本の合計40本になるピンを装着して。
これでMTBはグイグイ楽しめること間違いなし。













.


by ag749s | 2019-06-23 18:35 | MTB | Trackback
2019年 06月 09日

MTBと釣り

MTBと釣りが熱い。
個人的に熱かったけど同じように思ってた奴がいて。
ワイワイ盛り上がって。
f0178412_20003819.jpg
f0178412_20003811.jpg





MTBってコースによっては沢を登ってくんだよね。
そうすると、釣り人をまーよく見かける。
大概そういう方々は、カブか車でアプローチしてるんだけど。
カブや車で走れない地点もMTBはフツーに辿り着けるから。
これだ、これ特権だ、と思ってた。

オートバイの造形が深いんで。
オフロードバイクでアプローチというのも想像したけど。
オフロードバイクよりMTBのが山の奥深く入っていける。

そこで沢での釣りについて調べると。
なにやら古くからある『テンカラ』釣りがマッチするらしくて。
数年前にとりあえず本を買ってみたけど。
どうやらスキルレベルが高そうで。
でも、まあ、釣れなくても、釣りで遊べるならいいかなって。
似た価値観のシクロクロッサーが何人かいたんで。
さっそく遊ぼうと思う。

釣りは機材スポーツだけど。
まずは素人向けの簡単な奴をゲット。
このサイズなら持ち運びはどうにでもなるから楽しみだぜ。
f0178412_20003881.jpg
f0178412_20003887.jpg









ただトレイルを走るのですら超絶楽しい。
単調な沢伝いルートでも楽しいけどそれにさらに釣りのワクワク感。
たまらない。。。
釣れなくても全然いいから、休憩がてら遊びたいね。
釣りといえばその経験が豊富な友達が多くいるし。
竿と諸々揃えても1万円くらいで揃うし。
さあ、沢登り、行こうぜ!









..



by ag749s | 2019-06-09 20:06 | MTB | Trackback
2018年 04月 01日

初トレイルとは

今日も楽しくトレイルライド。
いやー、やっぱりMTBが一番楽しい。
f0178412_17560368.jpg



MTBはルートを知ってる必要があり。
車でデポするのが前提だったり。
乗り方は経験第一的な感じだったり。
ハードルが高いのは否めない。

バイクだと。
教習所で免許を取って。
友人に教えられ(ここはMTBと同じ)。
コース走るには講習会(2万円前後)出たり。
ライセンス取ったり。

基本動作はもちろん。
安全面の配慮は格段に違うレベルにあって。
でもバイクもMTBも。
なんかあったら大怪我、下手すると。。

下手した時に。
友人がそばにいればまだしも。
最後尾で置いてかれて崖下とか。
まあ、あり得るよね。

転んで怪我して仕事に穴開けるとかありえないし。
それ以上に入院ならまだしも。
命落とすって。
家族がいて責任ある仕事してると。
まあ、ありえないんだよね。

となると。
初めてトレイル走るときって。
もう、それは、めちゃくちゃ怖いんだけど。
でも細かいこと聞いてもテンション高いから。
実践できることなんて少ないわけで。

なので、なんかある前提で。
一緒に走るメンツが意識してることが肝要。
トレイルガイドとか講習会が充実してればいいんだが。
それこそハードル高いので。
やっぱり知り合いの力を借りるというのがベストな現状。

f0178412_17560762.jpg









ということで。
前置きが長くなったけど。
俺もトレイルデビューしたときに。
依田さんとかスペシャの下松さんに。
大変大変お世話になり。
そのおかげで安心して走れたんで。
事あるごとに、次は自分がその役目を。

今日はチーム員のスケさんが。
本格的なトレイルは初めてなので。
上手い人に前を走ってもらい。
トレランの人とかの露払いをお願いして。
自分はケツ持ちで備える体制。

でもあっという間に上半身の力が抜けて。
後半はスポーツ歴を感じさせる走り。
安心して後ろから突っつくことができたw
いやー、すごいよ、ほんと、順応が早い!







先鋒の臼井さんは絶妙なペースメイク。
かつ、後ろを気にしつつ道に迷わないように。
後ろは走り方を観察しながら。
万一に備えてマージン増し増しでフォロー。
完璧。

CXで勝手知ったる関係性だから。
細かいことはいわずとも。
あうんの呼吸でナイスライド。

いやー楽しかった。
やっぱりこのルートは最高だった。

f0178412_17561366.jpg
f0178412_17561096.jpg









MTB、楽しい。
とりあえず始めてみよう。
みな、遠慮なく支援するのでw









.




by ag749s | 2018-04-01 18:03 | MTB | Trackback
2017年 08月 13日

ドロッパーポスト

ドロッパーポスト。
今まで必要ないだろーと思ってたし。
いいお値段するし。
あれこれお金かけるなら。
最新のに乗り換えたいし。

まあでもフレーム換えても使えるならいっか。
ついでにブレーキもXTにしちゃうか。
あ、サドルもいい加減へたってるしな。
f0178412_16481952.jpg




今日は某所で王滝練。
いつも下りのコーナーでぶっちぎられる吉田B氏。
このおっさん(いや失礼)。
下りもさることながら登りも上手い。
思わず足をついてしまったこのルート。
難なくクリアしてしまう。
本日もまた参りました!
f0178412_16483954.jpg




けど今日の俺は少し違うぜw
少し離されるもののなんとか追いつける範囲で。
イタンバールかかるアップダウンをこなせた。
うう、嬉しいぜ。
f0178412_16481243.jpg
f0178412_16481425.jpg


ドロッパーポストを駆使して。
腰を引くんじゃなくて落とす的な。
長元坊のおかげだ。
これで脚を攣らなければ。
王滝で6時間30分を切れる!はず。









さらにXTのブレーキ。
これもまた抜群だった。
オートバイでブレーキが得意なので。
というかビビりなので減速は目一杯頑張れるw
パッドの性質とか。
マウント形状の違いとか。
フォークのセッティングで違いが出るとか。
あれやこれや一通りオートバイの経験があって。
なので安物のブレーキでもなんとかなるぜ!と。
思ってたんだけどw
XT、やばいね、これ、反則w
f0178412_16482210.jpg
f0178412_16482381.jpg



レバーの握りも変更して。
引きしろも変えて。
いろいろ試してみたけど。
今日のセットは大満足。
これで俺また速くなったぜw
f0178412_1648258.jpg






あと何回か本番前に行こうと思う。
チューブレスも前後X-Kingで整えたし。
空気圧もだいだい決まった。
あ、あとリュックとサドルバックの分配も考えた。
サドルバックは容量1Lのこれを投入。
まったくズレなくてOK。
ドロッパーでも支障なく使える。
f0178412_16482761.jpg






あ、今日はいつもの王滝練で。
57km2000mアップ。
ずっとガレてて登るか下るかしか無いコース。
でもブレーキとドロッパーポストで安心して走れた。
これは大きいなあ。

秋の王滝まであと1ヶ月。
仕上げて行きたいとな。
というかそんなことより楽しみで仕方ない。







.

by ag749s | 2017-08-13 17:59 | MTB | Trackback
2017年 07月 28日

長元坊バイシクルツアーズで学びが多かった件

長元坊バイシクルツアーズに行ってきた。
そこでの学びが多かったので。
あれこれと画策等々するここ半月。

f0178412_21173275.jpg
f0178412_21173776.jpg
f0178412_21174193.jpg
f0178412_21211690.jpg



あ、当日の詳しい内容はツアーガイドのブログ参照w
7/15 ライドレポート ロードバイカーのためのMTBライド
f0178412_21311653.jpg






単純にトレイルライドが楽しいのはもちろんだが。
この日はなんといっても足りない何かを見つけに。

セルフディスカバリー王滝に向けて。
下りであんなに抜かれまくることがないように。

そして学んだことは以下の通り。
・怖さが勝って真ん中に乗れてない。
・お尻を後ろに落とすことに固執して手が伸び切ってる。
・そりゃ、それじゃあ曲がらんわな。
・サドルを目一杯下げるといい。
・お尻を後ろに引くんじゃなく下に落とすんだと。
・ドロッパーポストが必要w
・ブレーキは中指じゃなくて人差し指で。
・バイクのコーナー進入時のブリッピングの癖で中指使ってた。
・ブレーキの引きしろがもっと必要。
・レーバの角度の見直し。
・俺のシフトレバーはどっち押してもシフトアップできるようだw
etc....



このツアーでは序盤に基礎を学ぶんだが。
この辺りのロジカル的なレクチャーがわかりやすかった。
真ん中に立って、セット、左右に、前後に。

これで俺も王滝の下りでフロントグリップさせて曲がれるかも。
淡い期待を込めて。

7年目を迎えたメリダ29er。
もう古めかしいジオメトリとカラーリングだが。
まだまだ付き合うことになりそうだ。
(投資したから乗り換えは遠のいたのです)

f0178412_21323936.jpg








.

by ag749s | 2017-07-28 21:34 | MTB | Trackback
2017年 05月 22日

SDA王滝2017春

初参加してきた。
オデキも膝も心配なくなってきたので。
長距離のライドもイケるクチになってきたので。

結果、無事完走、そしてめちゃめちゃ楽しかった。

パンク・転倒なし、事前準備もバッチリ機能した。
唯一心配だった寝違えた背中もなんとか保った。
タイムも7時間を切ることができた。(120kmは出ない)

ホント、出て良かった。
f0178412_23521897.jpg






王滝はとても楽しく最高のイベントだな。
純粋に走ってる時間が最高に濃密で満足度高い。
地元の王滝シフトも完璧、というか暖かいサポート。
エイドや立哨の皆さん全部声かけまくったw


走りの方は。
ホントいろんなものがギリギリの状態に包まれ。
ホントヤバイかもって思うこと数回。

脚、腰、機材、暑さ、頭痛、、、
独り言の多さといったら凄かったw
f0178412_23522118.jpg







思うに。
体力に自信があれば回避できることや。
機材の経験があれば大したことないことも。
走ったことあるコースならまた違うだろうし。
スキル、特に下りのコーナーがもっと上手ければ余裕もあるだろう。
打開したい課題がたくさん発見できたのも収穫だなあ。


とにかく。
ラスト20kmちょいの登り〜アップダウンは痺れたなあ。
ホントヤバかったし。
この写真のあとあたり。
脚が攣るとダメだな。
f0178412_23522340.jpg
f0178412_8204356.jpg




けどここ最近のL4ワークが狙い通りで。
結構登れたのが最高の収穫。
またそのおかげでとても楽しく走れたわけだし。

来年もまた挑みたい。
今年より少しでも成長する自分に期待したい。




まあ、あとはあまり書くことないんだが。
来年また走りたいので備忘していこうと思う。







-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






空気圧:前後1.85bar これ調子良かった。リアはWOでもパンクなし
スタート:パレード〜ダート入り口までに前に滑り込める。
ペース:前半突っ込みすぎたツケが後半に攣りというカタチで牙をむく。
下り:遅い絶望的に遅い。ぜったい改善するぞ。
その他:同じくらいのペースの人と仲良くなるのは重要

f0178412_8194627.jpg
f0178412_819489.jpg
f0178412_8195082.jpg
f0178412_819536.jpg
f0178412_23522590.jpg



あと補給食。
止まっておにぎりをと思ってたけど。
やっぱり基本的にはチェックポイント以外では止まらないな。

そして前夜と朝にガッツリ食うから。
おにぎりは要らない。
でも前の晩に少し食べ過ぎだったかな?

結局補給は以下のとおり。
・晩飯=ご飯大盛り3杯とおかず
・朝飯=ご飯大盛り2杯とおかず
・スポーツ羊羹プラス=5〜6本
・TOP SPEED=3本
・水700ml=2本
・TOP SPEEDタブレット水=3本





それと機材。
MTBってホント頑丈だと再認。
メリダ29erはアルミの7年ものだけど。
不安なくしっかり走ってくれた。
でもできれば27.5+を履けるフレームで走ってみたい。
そう思った。




またチャレンジします王滝。

最後に振り返り。
ここからさらに長いから読まなくていい。
読みたければ「続き・・・・」をクリック。

続き・・・・・

by ag749s | 2017-05-22 12:20 | MTB | Trackback
2017年 05月 14日

王滝準備

来週末に迫った王滝。
セルフディスカバリー王滝。
100kmのガレたジープロード。
登るか下るかしかないらしい。
自分を見つめ直すことができるだろうか。
純粋に楽しみしかない。

f0178412_15504331.jpg
f0178412_15483927.jpg
f0178412_15504653.jpg









王滝に備えて。
少し準備をしてみたり。
まあいつもの仕様で臨むわけだが。
泥除けとかサドルバッグとかやってみた。

f0178412_15333130.jpg
f0178412_15332667.jpg
f0178412_15332459.jpg










今日はいつもの吉田さんと。
王滝練ということで某栗のジープロード。

片道35kmのイイ感じのルート。
往復すればいいんだが。
ちょっとやらかしてしまい。
片道切符で帰還。

何をやらかしたかというと。
ここに来てサイドカッツ!
サイドカッツ!
ぐは。
f0178412_15333254.jpg


なんてことない下り始めのとこ。
まったく予想もしないなか。
遠くでブシューー!!って音が聞こえて。
ああ、何か工場とかの音かかいな〜って思った。
がしかし見事にリアがぺちゃんこ。

もうガッカリだ。
せっかく色々算段して用意したチューブレスなのに。
といってても仕方ないので復旧してみたが。
どうみても見事なサイドカット。
タイヤが燃えないゴミと化した瞬間。
切ない。。。。。

走り始めは1.5barだったが。
たしかにシングルトラックとかは調子いい。
ただでも王滝だと1.8barとかのがいいかも。

復旧後も。
ちょっと空気圧高めのチューブドで走る。
が、これが意外と調子いい。
なので本番もリアはチューブドのままで行こうと思う。







あと下りが苦手なんだが。
真ん中に乗ることを意識して。
というかどうにもこうにも後ろに腰が引けてて。
自分で曲がりにくくしてたことに気づき。
意識して前の方に乗ることを意識しみると。
あら不思議、曲がれないと思ってた速度でも曲がってく。
吉田さんありがとう!

f0178412_15481985.jpg









良いイメージのまま走れたのは大きな収穫。
不安がないのはいいことだ。
あとは仕事か・・・・・

初めての王滝。
前泊から含めて全開で楽しもうと思う。









.

by ag749s | 2017-05-14 15:55 | MTB | Trackback
2017年 05月 08日

フォーク

完成車に付いていたマニトー。
調べてみたらなかなか悪くないらしいw

<MANITOU 29 TOWER EXPERT 100 REMOTE>
 Weight: 4.2lbs / 1906.8g
 Spring: ACT Air
 Spring Rate: Soft
 Bottom Out: Rubber Bumper
 Steerer: 1 1/8" Aluminium
 Crown: Forged Hollow Crown
 Offset: 48
 Compression Damping: TPC Technology, Absolute+
 Rebound Damping: Adjustable TPC
 Adjustments: Air, Compression to Lockout, Rebound
 Leg Diameter: 32mm
 Leg Material: 7050 Straight Wall AL
 Wheel Size: 29"
 Brake: Post Mount
 Crown to Axle: 490 / 510 / 530

f0178412_93409.jpg







コラムが古めかしいから。
最新のスペックはもちろん。
規格が合うモデルが限られるので。
イイ奴を買おうとすると使えないし。
合うモデル買うと乗り換えた時に使えないという。

うーん。
換える必要ないのかな。
5万円前後のモデルしかなさそうだし。
今のポヨンポヨン感は変わらんのかな。

ROCKSHOXだと定番のRECONとか30 Gorld RLとか。
SR-SUNTOURだとEPIXON
写真はEPIXON。
f0178412_18221295.jpg







いずれにせよ。
王滝後終わってから。
STOEMPERが来てから。
年末くらいかな。
バイシクルセオ川口さんに相談中。






.

by ag749s | 2017-05-08 18:37 | MTB | Trackback
2017年 05月 05日

8人でトレイル

ギークスの皆さん。
お友達含め8名で。
34.8km 1,644mアップ。

f0178412_16454893.jpg








この緑と青のジャージの皆さん。
みなアラフィフという。
俺最年少w

そして信じられないくらい下りが速い。
速いというか、子供の心な人たちで楽しい。

前半、身体がなんかカチコチで。
下りはへっぴり腰、登りも全然ダメ。
何度か『落ちる系w』の方に前を引いてもらい。
感覚を掴みつつ肩の力を抜く。

おかげで後半は思うようにラインを取れた。
前をいく『落ちる系』の方のラインを参考に。
あれこれ考えながら破綻しない範囲で下る。
いやあ、楽しい。

今日ちょっと下りが速くなった気がする。
王滝には全く関係ないがw
登りもあまり負荷高くなかったし。
でもそんなことあんまり関係ない。
とにかくは、楽しかった、以上。

f0178412_164553100.jpg
f0178412_16455682.jpg
f0178412_16455828.jpg










今日からバックパックを変更。
今まで使ってた奴はもう7年モノ。
容量10Lだから無駄にデカいし。
ということで3Lくらいの奴を安く購入。
使ってみたが、ま、いいかな。
これまで使ってた奴の方が装着感は良いが。
王滝では無駄に重い・デカいのは避けたいので。

f0178412_1646164.jpg







コンチのX-King。
そろそろ慣れてきたから低圧にして乗るとするか。
今日は1.6bar前後。
まだちょっと硬いな。
2.2もあるからもっと落としても良さそう。
またトレイル行きたい。
名栗行こうぜ名栗。








.

by ag749s | 2017-05-05 16:57 | MTB | Trackback