泥日記

ag749s.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:シクロクロス( 235 )


2019年 01月 14日

シクロクロスミーティング#9 清里萌木の村ステージはDNFでした

1周目の後半箇所で前転して1周だけしてDNS。
太ももを打ち付けた以外は身体もバイクも無事。
情けなす。
photo by ブンちゃん。
f0178412_20145634.jpg




清里は森のなかを走るコースで。
しかも高低差があるからMTB向き。
さらにいつも雪が積もってて。
とても楽しそうだからいつかはと思ってた。

数日前の野辺山で矢野氏がスノーライドするのを見かけて。
今年も雪だろうと楽しみにしていたら。
なんと、こないだの野辺山と同じくスーパードライ。

とはいえ、いざ試走してみると。
そこそこ登りはあるものの。
長いシングルトラックの下りや。
ドロップオフや。
ウッドチップのコーナーなど。
ワクワクが止まらないコース。

風邪気味だったから気合いが入ってなかったけど。
コースが楽しすぎるから気持ちは盛り上がってきていた。
C1と同時スタートのC2にはミヤさんやポンさんもいるし。
C1にはブンちゃんや國井さんもいるし。
f0178412_20150058.jpg








ドン!でスタート。
スタートループの前半は思いのほか上手くいって。
多分中位あたりで下りに突入。
ヒャッホーー!!と叫びつつ。
あっという間に下まで下り切った。

続いて登り。
1人パスして上げすぎないよう淡々とのぼった。
左に曲がって少し長めの登りから右に180度ターンして下るとこ。
後ろから迫られてたけど前に追いついたから。
右へ180度ターンするとこでクイックに向きを変えて攻めた。
色気が出ちゃったんだな。

右手の杭が視界に入る。
『あ』と思った瞬間、目を開けたら後ろの選手が逆さまに。
そうか、俺、前転したんだなコレ。
右のブラケットが杭に引っかかって45度的な角度で背負い投げ〜。

地面に転がって『ごめんごめん!』と叫び。
自転車を引き寄せ。
周りの選手が通り過ぎるのを待つ。
というか、膝と脛が痛くて乗車できず停まってた。
再度なんとか乗ってペダリングを試みるも。
右の太ももが痛くて膝が曲げにくい。
ああ、これはあれだ、前にやった奴と同じ奴だな。









なんか気持ちが乗らないままでもスタートするのは良いが。
そのままイケイケにならない状態で色気を出したのは反省。
平常心が大事だな。

とりあえずこれじゃ自転車もジョギングもできないから。
しばらくはお休みします。
早く治るといいな。
f0178412_20150419.jpg










.


by ag749s | 2019-01-14 20:39 | シクロクロス | Trackback
2018年 12月 15日

泥濘みコンディション

本日は7時から小貝川へ。
f0178412_16073239.jpg



1本目1時間走、徐々に上げていく奴。
ラスト数周は4分ちょいくらいまで。

2本目は40分走、4分半くらいのラップで。
徐々に溶けてきて難易度が上がる。

3本目は20分走、でもヌタヌタで。
いつものヌシ、佐藤選手とサマタ選手と一緒に。
でも腰が痛くなって15分弱で離脱〜。

ヌタヌタツルツルのコーナーリングは難しいですね。
最近のコースは高速化していて。
小貝川のようなコーナーは少ない傾向。
東北はそういうコースがまだあって。
猪苗代や大槻公園なんかは楽しいね、って。
お二人と延々談笑するのが今日のメインw
f0178412_14542877.jpg
f0178412_14542870.jpg








それにしても。
今シーズンは悪天候は皆無でしかも気温が高い。
最悪だw
レースはずっとドライだったし。
久しぶりにドロドロになった自転車を見て。
やっぱりシクロクロスは楽しいと思った。
というかダートや悪路は楽しい。
そうだ、MTB乗りたいw

f0178412_14542850.jpg






来シーズン、どうするかな。
悩ましいな。
マスターズに移行すると練習しなくなりそう。
いや、なんか悔しいことがあったら練習するだろうな。
このままC1の底辺の底に淀んでる澱の下に溜まってる泥的な俺は。
47歳になる来年は素直にマスターズなんだろうか。
12月は毎年忙しいからついつい弱気になる。
1月は子供の頃からいいこと多い月だから。
また気分も変わると思うが。

とりあえず。
今日の小貝川は楽しかった😎






.



by ag749s | 2018-12-15 16:21 | シクロクロス | Trackback
2018年 12月 09日

前半戦

今シーズン、8戦エントリー、6戦参戦。
3戦は脚攣って最後尾、だが完走。
2戦は80%カットのため40分弱で終了。
1戦、猪苗代のみ、攣らずに最後まで。
f0178412_18300115.jpg





ちなみに昨シーズンはというと。
茨城土浦はMPアッキーさんに牽きまくってもらった。
千葉は攣った40分くらいのところで降りてDNF。
茨城最終戦はちょっと攣ったけど最後まで走りきれた。

ということで、昨シーズンからC1で計9戦のうち。
自力でなんとか走りきれたのはたったの2戦。
UCIレース2戦は80%カットアウト、記念受験みたいなもん。
そして従来基準の残留チケットは0枚。
現実は厳しいね。





次は12/23の東北CX郡山ラウンド。
空港脇のコースだから厳しいコースだろうなあ。
ま、どんなコースだろうと俺的にはキツいのに変わりないから。
諦めの境地的にもうなんでも来い状態だがw

年明けはまずシクロクロスミーティング(信州クロス)の清里。
その前に年明けの千葉も出ようか思案中。
そして結構好きなコース、茨城クロスの城里ふれいあの里。
JCXは避けて茨城や千葉などなど。
どれにしようかなと。
f0178412_18300175.jpg







そう考えるともうあと数戦しかないんだなあ。
そして来シーズンに向けて。
どこに向かっていくのかな俺w
うーん、それも問題だ。

いずれにせよ、そんなことより。
サイクリング行きたいな。
今日のモノクサライド楽しかったなあ。
f0178412_16350873.jpg






そうそう。
AJOCCのサイトが素敵に更改されて。
自分のポイントとかレースのラップタイムとか。
データ的なものをとっても見易くなった。
すばらしい。
いやあ、それにしても惨憺たる結果だなオイw

日付レース順位順位%残留PtAjoccPt備考
2018/12/02東海2018#3 C12195%---3pt/C1
2018/11/25東北2 C11785%---5pt/C1
2018/11/17信州5 UCI-Men Elite9496%---
2018/11/11SLC#2 C12996%---2pt/C1
2018/11/10SLC#1 UCI-Men EliteDNS---
2018/10/14前橋#1 C12086%---4pt/C1
2018/10/08茨城2 UCI-Men Elite74 (80%Out)91%---
2018/09/23茨城1 C1DNS---
2018/03/11茨城#5 C11470%6pt/C1
2018/03/04千葉#2 C1DNF
2018/02/25茨城#4 C12278%3pt/C1
2018/02/10東京#1 C211%3pt/C2,3pt/C156pt/C2C1へ昇格
2018/02/04前橋#2 C2DNF
2018/01/28茨城#3 C2411%3pt/C224pt/C2
2018/01/21東海2017#7 C22266%1pt/C23pt/C2
2018/01/07千葉#1 C21551%1pt/C26pt/C2
2017/12/24TCX#3郡山 C2DNS
2017/12/03信州7 C2 カテゴリー2646%1pt/C28pt/C2
2017/11/26信州6 C22936%1pt/C25pt/C2
2017/11/25信州5 C23747%1pt/C23pt/C2
2017/11/03SLC C2713%3pt/C225pt/C2
2017/10/15前橋#1 C2719%3pt/C215pt/C2
2017/10/09茨城#2 C23355%1pt/C24pt/C2
2017/09/24茨城#1 C2DNS










.



.


by ag749s | 2018-12-09 16:36 | シクロクロス | Trackback
2018年 12月 03日

攣る

とにかく。
攣るんだよ。

どうしたもんかと。
改めて考えるんだが。
仕事と一緒で。
現状認識⇨課題抽出⇨解決案検討⇨実践⇨効果測定...

特に、気温が15度を超えるシクロクロスレースだと。
40分前後を超えたあたりで。
シケインや階段なんかで。
膝をあげる動作をすると。
ハムが攣る。
f0178412_22482838.jpg
というか。
そういう動作をする前に。
すでにつま先や腿がピクピクきてるから。
予兆の察知は容易で。

そうなるとこわごわ走るんで。
ああ、来るな、これ来るわ、キタキタ〜って。
そういう感覚。
f0178412_22485858.jpg






そこで、対策なんだが。
まああ〜、色々やったしここでも色々書いたな。

生物学的には。
ナトリウムとかの含有量が急激に変化すると。
防衛本能なのかこれ以上動かさないべき!と判定されて。
筋収縮したとこで動かさないようにする、らしい。

いずれにせよ。
ナトリウムとかマグネシウムとかが。
単に足りないからだけじゃないということらしい。
普段のバランスから急激な脱水等によって変わることが原因かも。
らしい、専門じゃないから知らんけど。
f0178412_23065105.jpg






自分としては。
子供の頃から攣りやすい体質だった。
それは、決して何かが足りないとか酒の飲み過ぎとかじゃなく。
小学生のころからそうだったんで。
多分、後天的なものじゃなくて、先天的な『性質』なんだと思う。
だってそう思わないと辻褄あわないもの。

あと可能性としてはあるのは。
潰瘍性大腸炎で爛れた傷だらけの大腸内壁。
その傷跡はまるで湿潤療法をした擦り傷のそれと似ていて。
結腸〜上行結腸〜横行結腸までそうなってると。
その傷跡の面積分、大腸が本来吸収するナトリウムの吸収力が落ちてる。
というのも疑ってはみたが。
それも一因としてあるかも知れないけどそんなのになる前からのことだから。
きっと直接的な原因じゃないと思う。





導き出した課題認識の結論としては。
『体質』だと、そういうこと。
多汗はホント昔から。
小学校のころ流行ってた。
被ってたadidasのキャップ。
このツバなんて、しょっちゅう塩を吹いてたしね。

なので、急激にナトリウム等々の濃度が下がり。
汗で脱水して血液もドロっとしちゃって。
それらが重なって攣るということ、かな。





で、対策なんだけど。
柔軟体操やら筋トレやら、未然防止策は打ったが。
やっぱり気温が高いなか心拍170bpm超で運動し続けると。
30分や40分を超えたあたりで確実にダメゾーンに入る。

なので。
急激なナトリウム等々の変化を少しでも抑えるべく。
きっと、ベタだけど、スポドリを摂ることかなと。
思った次第な月曜日。

去年からその対策としてBCAAを溶かした奴を飲んでたけど。
それじゃダメなのかなあとね。






ということで。
次戦からはH20って奴とかポカリイオンとか。
糖分が多過ぎないそういう奴をボトルに入れようと。

シクロクロスでボトルをつけるのはアカンって。
諸先輩方からそう教えられたけど。
個人的にはそんなのナンセンスだと。
もう何年も思ってたよ。
水無しで1時間走りきれる人はいいけど。
俺は無理っす。。

なので、フレーム作るときも。
ノスタルジック?にボトルゲージ無し仕様じゃなくて。
ダウンチューブにボトルゲージつけられる仕様は絶対。
ボトルが付いててもカッコ悪くないし。
やせ我慢なんかサッサと捨て去って。
ボトルつけようぜ。








.


by ag749s | 2018-12-03 23:11 | シクロクロス | Trackback
2018年 12月 02日

東海シクロクロス#3 IRC CUPはまた攣って最下位でした

まず。
東海シクロクロスは、やっぱりライダーズファーストだった。
これは、運営の何かということじゃないと思った。
地域性なのかもしれないね。

それは、運営の方々だけじゃなく。
会場にいる方々の価値観というか雰囲気というか考え方というか。
幼児だろうとC1だろうと、選手が一番という雰囲気。
レース走ってる奴が一番偉いしリスペクトする的な。
そういう雰囲気が充満して、それを楽しんでて、走ってると気持ちいい。
うーん、面白いな、もしかすると関クロのそれなのかな?

今日、攣って最後尾走ってて。
俺のことなんて知らない東海'sが。
頑張れ頑張れと。
笑顔満開で身を乗り出して応援してくれるんだよね。
いや〜、痺れたなあ、おかげで完走できたよ、ホントありがとう。
f0178412_21124882.jpg








レースの方はというと。
もうほんとアカンわ。
気温18度、そりゃ無理や。
40分過ぎくらいかな。
階段登ったところでアカンかった。
f0178412_21130291.jpg






クラス:カテゴリー1
場所:ふれあいパークほうらい特設コース
天候:晴れ、気温18度くらい?
コースコンディション:完全無欠のドライ
コースの特徴:土と芝のど平坦
スタート時刻:13:45
ゼッケン:#23/24
スタート位置:3列目の左から4番目、マシュンの隣!
バイク:STOEMPER EDDY
タイヤ:F=fmb SSC Slalom Green、 R=fmb SSC Slalom Green
空気圧:F=1.55bar、R=1.6bar
リザルト:完全無欠の最下位(出走、知らん)

f0178412_21131543.jpg





今日はピーキングして臨んだんだ。
幕張、野辺山、猪苗代ときて。
今日新城が4連戦だった。

猪苗代は練習疲れが残ってたけど。
自分比よく走れた評価。
攣らなかったし。

最終戦の今日は。
平日の強度を落としつつ。
テーパーメニュー的なのをやり。
土曜もずっとゴロゴロしてリカバリーに勤め。
酒も飲まずに過ごした。

当日も睡眠時間を確保し。
現地入りして初めてのコースをゆっくりと試走。
昼寝もかまし。
午後試走も控えめにした。
暑いし汗もたくさんかいたけど。
結構いいコンディションのはず。
がしかし!w

スタートはそこそこ上手くいったと思う。
多分真ん中順位くらいだったはず。
そこで焦らず上げ過ぎず抜かれても気にせず。
グランドセクションも遅いから抜かれるも。
なんとか後ろについて行けたんだ。

でも40分過ぎたあたりで。
ああ、ピクピクきちゃった。
確かに心拍も175オーバー。
階段とバリアのセクションでは185まで上がる。
無理してたのかなー。
でもそうすると、やっぱり遅いってことだよな〜。

結果、多分最後尾から数えて4位くらいを走ってて。
階段を超えたところでピキーンときて。
盛大にストップ。。。。。

攣ったハムはなかなか回復せず。
治ったとおもって動かすとまた攣る。
ハムがいい感じかと思うと大腿四頭筋が来る。

そんななか、周りの東海'sは暖かい!
オフィシャルの東海'sも暖かい。
救われたなー。
全員にラップされたけど。
なんとか走り出して。
カッコ悪過ぎだけど完走はしたよ。

f0178412_21125185.jpg









今日はレース前にチーム員のスケさんが出走してて。
C3で真ん中後半のゼッケンだけど。
スタートからいい位置につけて。
結局10名以上のパックで進行して。

ラストラップの最後の数コーナーで。
大集団の先頭で入ってきて。
最後は全員引き千切って13位前後でゴール。
素晴らしいレースで震えた。
とっても良いレースだったなあ。

そんなの見せられたら。
そりゃー、脚を攣ったくらいでやめるわけにいかない。
おかげで完走してポイントも多分ゲットできて、良かったよ。
ありがとうスケさん。






次は12月下旬の東北。
福島空港だっけ。
寒いのと悪天候を期待・・・。
暑いのは、イヤだ・・・・w










.


by ag749s | 2018-12-02 22:17 | シクロクロス | Trackback
2018年 11月 30日

ウォーミングアップ

自転車競技のアップでは。
主に、ほぼ全員がローラーを使ってアップする。
チームで並んでアップする様はカッコいい。。。
f0178412_21374220.jpg
f0178412_21374127.jpg
f0178412_21374240.jpg


自分もそのために最初は固定ローラー。
ここ数年はミノウラのハイブリッドローラー。
アップ用のホイール用意したりして。
皆と同じく車やテントの脇で。
プロ選手と同じ感じでアップしてた。
f0178412_21205478.jpg



だけど。
今シーズン、途中からヤメた。
今はブラジル体操とダッシュを数本。

もともと子供の頃からサッカーをやっていて。
日々の練習から試合まで。
アップといえばブラジル体操。
そしてダッシュ。
それからボール使った運動。
回転系とかバランス系とか。

身体を暖めて。
身体の可動域を確保して。
心拍を上げる。

ところが。
ローラーだと心拍は上がるけど。
身体の可動域確保は果たしてどうなんだろう。
試合前の柔軟体操の件も各論があるが。
自分としてはやっぱり動的なストレッチはやるべきと思う。
もちろん緩んでしまうほどやるのはどうかと思うが。
可動域を確保するためのストレッチは必要と思う。






結果。
子供の頃からのスイッチが入るルーチンに立ち返り。
1.ブラジル体操
2.10スピンくらいのダッシュ数本
3.軽めのストレッチ。

ブラジル体操で神経系のスイッチを入つつ暖める。
ダッシュで心拍170bpm以上に入れておく。
軽めのストレッチでも動きながらやる。
出来ればボールを使ってバランス感覚もONにしたい。




そういえばシクロクロスだと。
女子の元全日本チャンプ宮内さん。
ランニングシューズ履いてランと運動でアップする。
有名な話し。

俺もトレランシューズ履いて。
幕張と野辺山と猪苗代。
どれもスタートからドンと走れたし。
ローラーじゃなくても特に問題なさそう。

荷物も少なくて済むし。
ローラーを出したり片付けたりしなくていいし。
試合前の懸念材料を減らせる点も気に入っている。
シンプルにすることも大事。

うむ。








.


by ag749s | 2018-11-30 22:07 | シクロクロス | Trackback
2018年 11月 25日

東北シクロクロス#2猪苗代ステージは17位でした。

クラス:カテゴリー1
場所:猪苗代湖志田浜特設コース
天候:晴れ、気温8度くらい?
コースコンディション:ドライ、若干の泥
コースの特徴:砂浜長め、防砂林の林間コースで楽しい
スタート時刻:14:30
ゼッケン:#16/24
スタート位置:2列目の左から2番目(1コーナーのインコース側)
バイク:STOEMPER EDDY
タイヤ:F=fmb SSC Slalom Green、 R=fmb SSC Slalom Green
空気圧:F=1.6bar、R=1.65bar
リザルト:17位(出走20名)
f0178412_23100592.jpg



今回。
初めて個人的に納得のいく走りができた。
嬉しかった。

最後尾付近のゴールなのは変わりないけど。
中盤で垂れずに走れた。
その後もむしろ踏めて楽しかった。
終盤は苦しかったけどああ終わっちゃう!って。
そんな心境になりつつ走れた。

最高だ、ようやく楽しくなってきた。
f0178412_23082598.jpg







今日は山瀧くんの車でおっさん4人で遠征。
ワイワイと楽しく。
朝の1時に出発したらしい、ってそれ朝じゃないw
ありがとう!

現地に7時着。
試走して準備して。
C3金子氏のサポートを万全にこなし。
C2山瀧氏の応援を全力でこなし。
14時、到着から7時間後にようやく始動。

いやあ、長いね。
でも今回は昼寝したからか。
なんかスッキリと臨めた、気がする。
f0178412_23321289.jpg







これまでC1で走ったのは6戦。
昨シーズンの最終戦、城里以外。
DNFか脚攣ったりしてまともに1時間走れてない。
色々考えたけど。
やっぱりC2とはレースがというか地力が違うから。
同じようにスタートから全開で走っても続かん。

考えてみて欲しい。
そもそもC1の『1時間走りきる』という。
基本が達成できてからの順位だろうと。
そう切り替えて臨むことにした。

もちろんそれはレースだけじゃなくて。
練習の内容もちょっと変えて。
まずは『1時間走りきる』ためにね。

あと、暑くなくなってきたのも重要かも。
今日の猪苗代湖は去年のような極寒じゃないけど。
脚が攣るような陽気でもなく。
野辺山も然り。
やっぱり、寒い日の方が得意かな。
出来れば泥々とかビショビショとかのがいいかな。



それにしても。
もうほんと、C1嫌だ逃げたいって思ってたから。
もちろんJCXとかUCIとかになると無理ゲーすぎるのは変わりないが。
そうじゃないレースで足切りが無いなかで。
なんとかヘロヘロになっても1時間走りきる。
それを達成して積み上げていきたいな。

後半戦。
少しでも順位を上げていけるよう。
頑張ってまいりましょう。

さあ、楽しくなってきたでしょう?w
f0178412_00111687.jpg







.


by ag749s | 2018-11-25 23:33 | シクロクロス | Trackback
2018年 11月 18日

Raphaスーパークロス野辺山Day1は-4Lapの94位でした。

クラス:UCI-2 EliteMen(カテゴリー1)
場所:滝沢牧場(長野県南牧村)
天候:晴れ、気温7度くらい?
コースコンディション:スーパードライ
コースの特徴:いつもの野辺山。
スタート時刻:14:45
ゼッケン:#94/105
スタート位置:5?6?列目の左から2番目(1コーナーのインコース側)
バイク:STOEMPER EDDY
タイヤ:F=fmb SSC Slalom Green、 R=fmb SSC Slalom Green
空気圧:F=1.6bar、R=1.7bar
リザルト:-4Lap 94位(出走97名?)
f0178412_12180293.jpg
f0178412_12180270.jpg


今年も年中行事、やってきました野辺山。
いやあ、やっぱり野辺山は楽しいね。

お台場、幕張と、楽しいレースイベントはたくさんある。
野辺山はもうすぐ10年ということもあるしね。
でも、なにより、関西・東海・関東・東北と。
結構な母数の選手が集うからね。

選手だけじゃなくて運営側も東西各地からね。
そんな有象無象が集まってその場を楽しむ精神の溢れ。
用意されたものじゃなく。
思い思いのスタイルでレース以外を遊んでる。
いいよね、楽しい。







ということで。
ずーーっとC3やC2で走って。
ここで勝って昇格目指してきたけど。
なかなかハードルが高いくて。

ここで昇格するって相当イケてるぜ。
これまでそんな感じで臨んでたから。
ゼッケン番号(=スターチ位置)に憤ったり。
コンディショニングに右往左往したり。
当日の過ごし方にちょっと過敏になったり。
難病になって入院したりw

高い標高と低い気温のピリピリ感に自分の想いが相乗して。
とても、とても楽しい2日間を過ごしてきたなあと。
改めて思い返せたのが今年のトピックかな。

今シーズンはいよいよトップカテゴリー。
始めたころと比べてとてつもなくどデカイ大会になっていて。
今になってようやくトップカテゴリー走ると言ってもさ。
もう、到底自力の上の上の上、雲の上を行ってる状態で苦笑w

そのスタートラインに立てたこと。
死にそうになりながら1周でも多く走れたこと。
自分を裏切らず千切れそうな脚を動かし続けられたこと。
結果はショボすぎるけどそうやって報いることができたと。
そう思った。
本当に気を失いそうになったしオエオエ!って吐きそうになったしw
f0178412_16355319.jpg



2010年に感染にいって。
トップ選手の走りに魅了されて始めたシクロクロス。
サッカーやってるから。
雨だろうと雪だろうと戦う土壌はあるし。
とにかく、ヨーイドンで最初に帰ってきたら勝ち。
これがシンプルで大好きで。
子供のころのようにドロドロになって楽しめる。
そんな競技があったのかと知ったのがこの時だった。

思い返せば以下の通り。
いろんなことがあったなあ。
何よりここで知り合った友人各位はたくさんいたな。
そして野辺山を追いかけるようにして。
関東でも今となっては大好きなレースがたくさん始まって。
結果、野辺山では叶わなかったC2での勝利。
これを同じくらい最高の舞台のお台場で実現できた。
続けてきて良かった、野辺山ありがとう。



2017年。



2016年。外痔核でまさかのDNS。



2015年。この時は乗れてたし狙ってた。



2014年。持病の薬の副作用で全く走れない状態だけど全力で走った。



2013年。この時も狙ってた。



2012年。C3で狙ってた。



2011年。Cinelli Zydecoが届いたタイミング。
シクロクロスバイクを買ったタイミングでエントリーせず。


2010年。衝撃のシクロクロス初体験の日。


まあ、色々あったよねw





今年は。
相変わらず最下位争いしてるけど。
遅くて遅くて笑うけど。
コースで途切れることのない『おおきさーん!!』に背中を押されまくり。

とにかく、全力で、吐きながら、カッコ悪いフォームでももがきあがいて。
最後まで(自分的にねw)走りきれた。
大満足な野辺山でした。

くっそー。
このままでは終われないじゃないか。
もっと強くなりたい。
もっとなんて贅沢言わないから少しづつでも力をつけたい。
50歳まで頑張るか?.....








.


by ag749s | 2018-11-18 20:43 | シクロクロス | Trackback
2018年 11月 11日

弱虫ペダルスターライトクロス幕張はまた最下位でした....

クラス:カテゴリー1
場所:幕張海浜公園Gブロック特設会場
天候:晴れ、気温22度くらい、風は涼しいが日差しが。
コースコンディション:スーパードライ
コースの特徴:BMXコース+芝のクネクネ+キャンバー+テーブルトップ。
スタート時刻:14:00
ゼッケン:#25/30
スタート位置:最後尾の一つ前のイン側の左から二つ目
タイヤ:F=fmb SSC Slalom Green、 R=fmb SSC Slalom Green
空気圧:F=1.75bar、R=1.8bar
リザルト:ぶっちぎりの最下位
f0178412_22185657.jpg




もう。
ほんと。
辛いわー。。。

まあ、実力がないから仕方ないんだけどね。
凹むわー。

今日もスタートから別に遠慮したりセーブしたりしてない。
一気に175bpmまで上がって。
そのまま170bpmを切ることがほぼなく。
平均173bpm、途中大ストップがあったことを差し引くと。
視認も175bpmから落ちてなかったから。
まあ、ほぼ175bpmオーバーで走り続けてた。

なので。
結局。
これが限界だということだ。
f0178412_22203059.jpg





もうブログもやめようかとさえ思った今日。
ただでも今日も最後まで走れたのは友人各位のおかげ。
ほんと、みんな、なんなんだ。。。
MilePostのシゲさんとか、もう今日あそこにいなかったら。
絶対走りきれなかったし。
多田さんの叱咤激励(俺にじゃなくて他の方へ)に奮起したり。
いつものおっさん連中のヤジ罵声応援も最高。
最後はもう気力だけでダンシングしてたっす。






それにしてもC1のみんなほんと化け物か〜。
とにかく立ち上がりから速度乗せるのとか。
ちょっと登ってるストレートとか。
そういうところで踏めなさ過ぎが酷い。
ダンシングしまくったけど。
いやーみんな速い速い。
f0178412_22202775.jpg
f0178412_22194055.jpg







唯一収穫があったのは。
ま、芝のコーナーで。
みんなと同じくらいのペースでは走れたことかな。
上半身を乗せてフロント荷重を意識して。
フロントから曲がっていく感覚。
怖がらず、突っ込んでった結果たのしく走れた。
f0178412_22203836.jpg
f0178412_22201598.jpg







やっぱり地脚の無さだよなー。
かといってそんな短期間でつくもんでもないしなー。
FTPをあと10Wはあげないとなー。
やるしかないんだよなー。
はぁ、凹むわ。

次戦の野辺山は観光みたいなもんだが。
その次の東海CX、東北CX。
そして年明けの数戦。
ここで何か掴みたい。
f0178412_22382815.jpg





C1、半端なく厳しい。









.


by ag749s | 2018-11-11 22:40 | シクロクロス | Trackback
2018年 10月 14日

前橋シクロクロス#1は圧倒的な最下位でした。

バリアを越えるところで。
ハムを思い切り攣ってストップ。

ブンちゃんからパワハラまがいの叱咤激励を受けて。
奮起して5分くらいしてから走り出した。
それが今日のハイライト。

走り出して良かった。
C2だと絶対やめてた。
ほんと痛かったんだもの。
でも走り続けて良かった。
ありがとうブンちゃん。
f0178412_17421196.jpg







クラス:カテゴリー1
場所:
岩神緑地(ヤマダグリーンドーム前橋第6駐車場北)【全長約2.5km】
天候:晴れ、気温20度くらい、風は涼しいが日差しが。
コースコンディション:スーパードライ
コースの特徴:BMXコース+芝と凸凹のクネクネ。
スタート時刻:12:40
ゼッケン:#22/24
スタート位置:最後尾の右から3列目
タイヤ:F=fmb SSC Slalom Green、 R=fmb SSC Slalom Green
空気圧:F=1.6bar、R=1.6bar
リザルト:ぶっちぎりの最下位/23人くらい
f0178412_17421858.jpg
f0178412_17421590.jpg







スタートからドン。
合田さんの教えを実践してる。
おかげで序盤は(個人的に)いい位置。
このまま行ければ手応えある感じ。

けど、やっぱりカテ1の選手の立ち上がりは速いよ。
少しづつ離されて。
後ろからきた選手のケツにもつけなくて。
30分を過ぎたころにはズルズル後退。

だがこれもある程度予想していたので。
前との5秒差を埋めようと。
立ち上がりでは腰あげて何度も何度もダンシング。
C1走ったことある人ならわかると思うけど。
トップ選手じゃない選手たちもメチャメチャ速いんだよ。

今回もまたなかなか追いつかないけど、諦めないぜ。
今シーズンはとにかく諦めないことにしたので。

すると冒頭に書いた通り。
バリア超えたところで左のハムを攣って動けず。
しばらく我慢するもジワジワと前腿も攣り出す。

カルさんやブンちゃん等々、昭和な親友に励まされ。
もうここでやめようかと思ってたんだけど。
カルさんの優しい言葉に甘えようと思ったけど。

ブンちゃんから『軽くでいいから走れば治るから、乗れ』って。
マジかこいつ、無理だろこれ、何言ってんの?

でも、そうだね、諦めないことにした今シーズン。
治ってきたから乗ってみると。
軽いギアならなんとかなりそう。
ブンちゃん「そうそう、軽いギアでいいから、最後まで走ろう!」って。
くーー、辛いけどありがと。

f0178412_18044764.jpg






とまあ。
クソ最下位な奴の反省文なんて興味ないだろうなw
全員にラップされて。
ほうほうの体でゴールした次第。
何がしたいんだとか何やってんだとかいろいろ考えたけど。
仕方ない、今シーズンは続けることにするよ。

それもさ。
なんでかって言うと、やっぱりね。
知り合い連中が熱い声かけをしてくれるんだよね。
しかも至るところで。
その目は嘘じゃないんだよね。
そんなん、途中でやめる訳にいかないじゃないか。

しかもCycleclub.jpの皆さん。
ちょろっとプレレースとか参加した程度なのに。
コントロールラインでは名指しで頑張れと。
いやー、ほんと震えたよ、ありがとう。。。

こんな友人各位のお陰で今日は1時間以上のレースを走り切れたよ。
うっすら目から、イヤなんでもない。
本当、ありがとうございました。。。










それと。
STOEMPER Eddyを80%くらい手な付けた感。
今日はよく曲がってくれた。
それと立ち上がりもダンシングで。
これが武器になって助けてもらえた。
いやあ。
イマサラだけど、ホントにレーシングマシンで。
萌える。
f0178412_19160934.jpg











次戦まで時間あるので。
あれこれ工夫して取り組むぞ。








.



by ag749s | 2018-10-14 19:21 | シクロクロス | Trackback