人気ブログランキング |

泥日記

ag749s.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 26日

雀川林道〜舘川ダム

チーム物見山練習会。

清澄〜BBQ広場トイレ休憩〜雀川林道〜舘川ダム〜明覚休憩〜北回り。

f0178412_15463652.jpg



今日はどうにも脚が渋くて行くのやめようかと思っていたんだが、なんだかとても良く眠れたのでなんとなくスッキリしてるような気がしないでもないかも知れないwということで一先ず自転車に跨いで漕ぎ出したわけさ。

したらなんてことはない、やっぱり脚は渋かったw

まあでも人数多いし相性のいい雀川林道と確か距離は大したことない舘川ダムだからなんとかなるかということもあり往路はあんまり長く先頭を引かないように。清澄経由だから手前の新しいルートの緩斜面をどうするかが新しいポイントになるんだが、絶対あげる五十嵐さんが先頭、番手は二郎さん、その後ろが俺ということでとりあえず前2人について行ってみた。先頭引いてたからかそんなに切れ味鋭くなかった五十嵐さんと淡々とこなす二郎さんに最後までついていけて終了。でも後ろが切れてるから志村ださん石川さんと待つことに。



続いて清澄。またまたいつもアタックする五十嵐さんがいつも通りアタックしたから志村ださんと石川さんと二郎さんが追いかける展開。俺はみんなが後ろから追い抜いていくから右側に出られず静観。お尻に噛り付いていこうかと思ったけどタイミングを失した感があったし多分終盤にはタレるポイントがあることを願い350Wくらいで淡々と登る作戦に変更。結局頂上まで逃げ切った五十嵐さんたちから少し遅れて追いかけてた二郎さんに追いついたからそのまま頂上で前に出て頑張って踏んでみた。踏んでみたけどしょぼいからなかなか前3人には追いつかない。悲しいなあ。という感じで終了。



雀川林道は談笑しながらスタート。そのままチーム員は談笑しながら離れていったから一人取り残されるw この時点ですでに270Wで登ってたから二郎さんと五十嵐さんと新機材で調子良さそうな志村ださん以外は絶対タレてくると睨んでLT付近で淡々と登る作戦でゴー。雀川はアップダウン多めだから下りも緩めず走るとやっぱり最後の最後で姿が見えてきたから少し上げていく。あと少しで岡部さんに追いつけそうだったけどいつものように後ろを確認してペースアップされて惜しくも届かなかった。けどあと少し距離があったらなんとかなってたかな。でもこれでもベストタイムの1分落ちだからまだまだ全然ダメw



舘川ダムはもう脚が終わってたから我慢しながらフォームに気をつけて登ることに。すると徐々に内転筋はズキズキ痛いわ大臀筋は割れそうだわこりゃ効いてるぜと感じつつ登った。今まではこういう痛みが出はじめると「また攣るんじゃないか?」ってビクビクして結局セーブすることが多かったけどここ最近は随分と攣らなくなってきたから痛みは我慢して引き続きフォームやペダリングに集中して登った。



もうスッカラカンになって明覚まで。すごいペースで進行する先頭石川さんの番手で必死のパッチ。田中交差点手前で先頭に出ちゃったから必死のパッチのペースを維持すべく頑張る。スッカラカンだったから明覚に着いたころには出し殻も出尽くして廃人に。帰りは向かい風だから楽かなと思ってたら55mmハイトのディープリムは斜め前からとか横からの風には負荷装置になるんだな。。。。いくらトレイン組んでても横から風が吹き続けるとリムが風を受けてヌメーっと重くなるから参るぜ。途中からは腹も減ってきて力も入らず、下手するとハムとか大腿四頭筋が攣りそうで、もうね、ホント千切れそうだった。練習になったとかじゃなくって単に脚が終わってハンガーノック気味だっただけで。

いやあ、でも、今日は走って良かった、そう思える練習会だったぜ。

f0178412_15463818.jpg





-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-





今日はリエージュ〜バストーニュ〜リエージュですなあ。ベップとアラシロが出るらしいがアラシロはゼッケン132?162?とにかくエースの次の番号だからもしかすると、、なんてちょっと期待を持ちつつ観戦だな。



それと、ネパールの地震で被災された皆さんのご無事を祈って。

by ag749s | 2015-04-26 17:00 | チーム物見山 | Trackback
トラックバックURL : https://ag749s.exblog.jp/tb/23943374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< サイクリング      イソベーヌ★グラベルロード >>