泥日記

ag749s.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2017年 11月 19日

サイクリング

練習仲間のシマさんが猪苗代で勝ってカテ1へ!
超おめでとう!!!
絶対いつか勝てるはずと確信してたぜ。
カテ1でもイイ戦いをしてくれ!
競ってきた俺たちが報われるというものだぜ!

一方で内心は。
ああ行ってしまった。
ああまた追い越された。
悔しいなあ、俺も勝ちてえなあ。
仕方ない、俺も頑張るしかないか。
うむ。





ということで本題。
脚が疲れてるし門限早かったので。
今日は写真撮るサイクリング。

追い風乗って荒川で海まで。
新砂〜永代橋〜神田〜秋葉原〜上野〜谷中。
一張羅のカメラ担いでいけば良かったと後悔。
でもまあカメラはやっぱり楽しくリラックスできた。
ゆっくり走ったからめちゃめちゃ寒かったけどw

f0178412_913253.jpg
f0178412_1411722.jpg
f0178412_9133378.jpg
f0178412_14323349.jpg
f0178412_1430782.jpg
f0178412_9133873.jpg
f0178412_1461738.jpg
f0178412_14105918.jpg
f0178412_141147.jpg








とにかく寒くて。
帰りは駒込のドトールにピットイン。
8時の開店10前なのに知らずに入ったけど。
開店準備中の店員さんが歓待してくれて。
暖かいコーヒーとおもてなしに心温まった。

f0178412_9134764.jpg








ああ。
それにしても。
2年連続で表彰台に乗れてるが。
やっぱり勝つまではまだ遠いと実感。

勝ち方を知らないというか。
勝ち切る力がまだ無いのが事実と思う。
焦っても急に力がつくわけじゃないから。
焦っても仕方ないんだが。
悔しいから忸怩たる想いで情けないぜ。

STOEMPERの進ませ方は相変わらず相性が良い手応え。
もっとコレをレースで活用しまくってみたい。
悶々としてても意味無いから前に進むぜ。
チャレンジチャレンジ。

f0178412_15203166.jpg
photo by ネコ先生










.
[PR]

by ag749s | 2017-11-19 14:21 | シクロクロス | Trackback
2017年 11月 18日

Fizikのシューズ

かれこれ。
シューズは何足になったろうか。

陸上⇨サッカーときたので。
何度か書いたけど。
やっぱり足回りは重要で。
バイクもヤマハ派だし。

というか。
機材を操作する接点は。
やっぱり気になるよね?
ならない?いや〜、まあそれは幸せだと思う。

サッカーなんて。
シューズの感覚って。
個人的には超絶大事で。
下手するとパンツとか靴下にまで。
そういう違和感を無くすことがあってだな。

それなのに。
自転車のシューズといったら。
それはもうなんというか(ry...

そんな中でも。
Fizikはヨーロッパ向けの成形と。
その他しなやかさ的なところが気に入っていて。

踵のパカパカ感だけが唯一の難点だったが。
今回購入した奴は問題なくて。
こりゃソートー良いという感じ。

Fizik M4B UOMO

f0178412_18464420.jpg









見た目というかデザインもシックだし。
2018モデルの方が軽いらしいけど。
個人的にはこっちのが断然かっこいい(個人的見解)。

廃盤となったのはきっと問題があるんだろうけど。
ま、それは、仕方ないねw
何が問題なのか知らんけど。

f0178412_18465787.jpg








個人的な要件は以下のとおり。

・ソールがラバーでしっかり足裏が動く事。
・頭と同じで足が縦長だからそれに合う成形である事。
・アッパーは柔らかいこと。
・ランなんかで踵がパカパカならない事。
・できるだけ軽いこと。
・シックでシュッとしててカッコイイ事。

とりあえず最重要な見た目の課題はさすが。
余裕でクリアしてる。

f0178412_1856464.jpg





アッパーやソールの件は。
これも先代同様問題ない。

軽さは。
2018モデルのが軽いけど。
見た目がねえ(ry....

ただ過去のモデルと比べるとやっぱ軽いよ。
いずれもクリートとスパイクをつけた状態の数値。
Fizik 415g
Northwave 355g
Fizik ??
Diadora 375g
Fizik2017 326g ←今回買った奴
Fizik2018 282g(クリート・スパイク無し)

f0178412_1847777.jpg
f0178412_18471045.jpg






あと。
踵にシリコンが配置されて。
崖を登るときとか、走るときとか。
踵がパカパカしなくなった。
したがって。
無理やり締め込まなくても良くなった。
これも大きい改良だな。

f0178412_18472211.jpg
f0178412_18472447.jpg








まだちょっと気になるポイントあるけど。
使って馴染んでくると思うからまあいいか。

いいシューズを手にいれたと思う。







.
[PR]

by ag749s | 2017-11-18 19:07 | その他 | Trackback
2017年 11月 18日

フロント40T

チェーンリングを換えた。
シーズン中にww

f0178412_1331378.jpg
f0178412_12452956.jpg








garbarukというとこの奴。
国内だとトライスポーツさんで取り扱いあるらしい。

40T使いたいんだよね〜と相談したら。
ノッチさんに教えてもらって。
アームのとこの切削が萌え萌えで。

f0178412_12513785.jpg
f0178412_12514080.jpg










実際に手元に届いたのを見てみると。
Wolftoothより歯が長くて細い系。
比べてみると一目瞭然。
チェーン掛けてみると歯が飛び出してる。

あと泥が捌ける切削、らしい。
まあある程度までは効果あるだろうけど。
泥が絡み付いてチェーン外れる心配は少なそう?
野辺山で確認できるかな。

f0178412_12514436.jpg
f0178412_12514877.jpg
f0178412_12515226.jpg









なぜ換えたかというと。
フロント38Tの真円だと。
上山田なんかのストレートで回りきってしまう、カモ、、。
と思ってね。

さらに。
新しいアルテに11-30というセットがあったから。
RDはXTだから使えるし。

ということで。
ギア比的にも。
これまでの38/28より。
40/30のが軽くなるし。
ワイド化できて一挙両得。

重量的にも。
ギア歯が2個増えたし。
切削加工の箇所も増えてる感ある。
でもたったこれだけの差しかない。
まったく気にならないw

f0178412_12464853.jpg
f0178412_12464189.jpg











今日の小貝川で使ってみたけど。
ま、落ちる気配すらないわな。
小貝川だから当たり前かw

チェーンステーとのクリアランスは小さいけど。
まあ当たらない距離だろうから平気かな。
さすが歯が長いだけはある。

f0178412_130493.jpg





あと、これ、通常のアウター側なのね。
Wolftoothだとインナー側だったよね確か。
すなわち一番使うギア。
リアを真ん中くらいにするとこで。
チェーンラインが良い具合になる、と思われる。

実際リアをローにするとチェーンは斜めってロス多め。
ま、たいしたロスじゃないけどなw
でもよく使うギアで擦ってる感がないのは気分いい。

いずれにせよ。
トップ側のギア比を稼げたからOK。
見た目もスカスカで最高。









.
[PR]

by ag749s | 2017-11-18 13:37 | その他 | Trackback
2017年 11月 12日

試行錯誤と写真のチカラ

先日のエントリーでも書いたとおり。
STOEMPERに乗り換えて。
試行錯誤してる、というか。
好みの乗り味を必死に思い出してる。

今日は小貝川へ。
シマさんがまた時間ないから。
暇だし仕方ないから早朝から。
まったく・・・

小貝川に着いたときにちょうど朝日が登り。
おお、いいね、やる気になるねと。
しかも今日は風が強かったからスーパードライ。
コンディションが変わらない状況で反復というのはいいね。






さらに。
昨日つぶやいたら。
友達の写真家の齊藤氏が撮影練習に来たいと。
とうぜん是非と。

齊藤さんの写真はハッとすることがあって。
毎レース撮ってもらうのが楽しみで楽しみで。
思い返せば吉見での織田さんのそれと似ている。

綺麗で雰囲気満点な写真も超うれしい。
一方で走ってて感じてることを思い出せる写真も超うれしい。
会場と当日の雰囲気と、走ってるときに考えてたことと。
自分が狙ってることが記録&想い出として写真になってると昇天。

そんな絵を残してくれてた齊藤氏。
本人は悩んでると言ってたけど。
今日、嬉々としておっさんたちのライドを撮りまくる彼。
いやあ楽しそうで極まりない。
その感じは自分たちと同じ感じで親近感がすごい。

だからこそ話してても楽しいし。
また俺たちの想いを聞いてくれる信頼感もあり。
一緒に楽しもうぜと思えるタイプ。







ということでw
今日撮ってもらった写真は数百枚?

f0178412_1752011.jpg
f0178412_1752820.jpg
f0178412_17522211.jpg
f0178412_17521136.jpg
f0178412_1752197.jpg








そして。
ここのところ取り組んでいたことが。
こうやって写真で残せて確認できるのって。
ほんとありがたい。



STOEMPERと仲良くなるべく。
友人のアドバイスを聞き。
目標とする友人のフォームや走りを真似て。

そしてそれが少しでもこうやって目で見えたのは。
正直とても嬉しいよ、ありがとう齊藤さん。
その写真はこれ。

f0178412_1752011.jpg















午後は家族で買い物いけたし。
老眼鏡も手に入れたしw
懸念だった冷蔵庫も買ったし。
良い週末だったなあ。

次のレースは野辺山。
去年は痔で出れなかったし。
今年はとにかく全開で楽しむぜ。










.
[PR]

by ag749s | 2017-11-12 18:10 | シクロクロス | Trackback
2017年 11月 12日

ペダル

ペダルをShimanoに換えた。
PD-M9000。
そうXTR。
贅沢品だ。

f0178412_12343526.jpg






CrankBrothersのEggbeaterは。
雨レースの洗車を何度かこなすと。
浸水してベアリングなのかなんなのか知らんけど。
結構な頻度でゴリゴリするから。
結構な頻度でメンテが前提。
にしても....。

ただ、あの踵の自由度は捨てきれず。
頑張ってきたんだが。
さすがに毎年メンテや買い替えに。
2万円以上も掛かるのはちょっと...。

ということで。
今年投入した新品のEggBeater3が。
レース3戦と泥練習5回でゴリったので。
ちゃぶ台ひっくり返して見限ることに決定。







速攻でPD-M9000とPD-M8000を購入。
クリートも3セット余分に購入。
XTRはクロスに、XTはMTBに。

f0178412_12344152.jpg







昨日と今日、合計6時間ほど乗ってみたが。
やっぱり足の向きを真っ直ぐに矯正しようとする感が強い。

ただでもバネ調整を最弱にして。
クリートの取り付け角度がほんのちょっとだけズラせるから。
0.5度くらい?ガニ股仕様にして。

膝の違和感も出ないし。
集中して走ってる分には違和感ないし。
足をコジッたときにクリート外れたりしたけど。
まあ、これなら問題ないかな。

あと改めてみてみると。
思った以上に隙間が大きいのね。
これなら泥ハケも悪くないだろうな。

クリートキャッチには慣れが必要だけど。
まあそれも別にプロじゃないから。
慣れれば問題ないでしょ。





ということで。
今日は小貝川をたくさん走れた。
ストレートは踏まずに。
コーナーと立ち上がりだけ集中して。
ひたすら反復練習に明け暮れた。
充実した練習ができて満足である。









.
[PR]

by ag749s | 2017-11-12 13:00 | シクロクロス | Trackback
2017年 11月 11日

STOEMPER EDDYのこと

レース3戦、その他10回ほど乗り。
1ヶ月ほど経ったいま。
少し感じたことを整理しておこうと思う。

https://stoemper.com/the-bikes/eddy/
"For those who think steel is real, don’t worry, steel IS real. The Eddy is a true-blue American cyclocross machine. TrueTemper Platinum OX main tubes. Custom-machine head tubes and BB shells right here in Springfield. And for those who hate gears, it’s also available also as single speed with sliding dropouts. All of our Steel frames are TIG welded to keep it light, stiff, and clean."

1.125" ENVE carbon fork - Painted to match
27.2 mm seat post
Choose braze-on or 31.8mm clamp type Front Derailleur.
Standard threaded English BB
$2399



まず最初にメモしておきたいのは。
自分の乗り方や脚質に合っているということ。
加速感がいい、反応が速い、曲がり始めがクイック。

まだ手足と言えるまでは時間かかりそうだけど。
逆にまだあれこれと考えながら乗ってるから。
感覚も敏感だし吸収も早いんだろう。
そこんとこ、忘れてしまわないようにここに残そう。
以下詳細。

f0178412_13221091.jpg
photo by FABtroni+camera






-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-







もっとも驚きとともに強く感じてるのは。
掛かりがイイ、加速時の反応が良い点。
レース3戦をこなして。
ようやく活かせる走りのイメージが掴めつつあり。

コーナー抜けた後の立ち上がり。
軽いダンシングでの速度の乗りが速くて。
クイックイックイッと速度が上がる。
なのでコーナー立ち上がりでバッチリ後ろにつける。
立ち上がりで後ろが少し離れる。

チェーンステー細いしストレート形状じゃないのに。
根元のブリッジ処理が効いてるのかな。
この良さを活かさない手はないよな。

ちなみにGiantはグイーーンって加速するけど。
結果的に速度の乗りがイイから。
ストレートの巡行が素晴らしかった。
けどコーナーの立ち上がりはもっさりしてた印象。
だから立ち上がりでは離されるけど。
20mも走ると前がタレた?と思う感じで速度が乗って。
次のコーナーの入り口とかで追いつくパターン。
でもこれ、そこそこ巡行するから脚にくる。

STOEMPERは硬いだけとか。
そういう感じでもないと思う。
まだ確信というか肚落ちはしてないが。
加速はいいのに巡行も凸凹感がキツくない。
うまくいなすというかバネ感というかそういうトコロがあるのか?
でもこれ、シッティングでやり過ぎると脚がすぐ終わる。

これがクロモリレーサーということなのだろうか。

f0178412_13221458.jpg
photo by カルさん










次に顕著なのは。
向き変えが鋭い件。
フォークの性格なのかジオメトリーなのか。
ステム長やハンドルのリーチ長のせいなのか。

理由は分からないけど。
とにかくGiantより曲がり始めが強烈。
第1戦小貝川や第2戦前橋では慣れなくて。
インに入りすぎて何度か肩を杭や木に擦った。

Giantのコーナーリングのイメージは。
大きなアールを描いて。
コーナーリングスピードを落とさず曲がるイメージ。
キング・ケニー、エディ・ローソンか?

STOEMPERはバーンと突っ込んでって。
早い倒し込みを使ってクイックに向きを変えて。
一気に立ち上がる感じ。
ウェイン・レイニー、ワイン・ガードナーか。

これは大変興味深く面白い。
バイクでもMT-01のV字的コーナーリングが好きだった。
ズバ!っとノーズ突っ込んで。
フロントヘビーで一気に向きを変えて。
できるだけ早くバイクを立てて。
早く早く駆動をかけていく。

なのでコーナー進入でインを刺しやすい。
インを閉じられてもクロスライン使って。
立ち上がりでインから引き離しやすい。

f0178412_21373638.jpg
photo by FABtroni+camera










それから。
フロントフォークが硬いからか。
フロントからのインフォメーション多めな気がする。
グリップ失いかけた時の感触がGiantより多めか。

第1戦小貝川では4回くらいフロントが抜けたけど。
インフォメーションが多いからリカバリーが間に合った。
ただでもこれが怖さに繋がって。
リア荷重にして乗るようになり。
第2戦前橋のヌタヌタでは。
フロント荷重が抜けてて全く曲がれなかった。

でもそれをクニー練で修正してもらい。
なんどもなんども反復して練習して。
第3戦幕張でウェイン・レイニー復活w

曲がり始めにフロント荷重を意識してみると。
面白いように向きが変わっていく感。

まだフロントのグリップ感は探り探りだが。
第3戦は、第1戦と第2戦よりは随分と改善したなあ。
これもそういう乗り方をすべきジオメトリーなのか。

まさにバリバリのレーサーということか。

<初戦の小貝川での様子>
f0178412_21374469.jpg
photo by 文ちゃん

<先日の第3戦幕張の様子>
f0178412_13222730.jpg
photo by 齊藤氏











あと細かいことだが。
予想通りつま先がフロントタイヤに軽く擦る。
けどこればっかりはサイジングの問題だから。
仕方ない、受け入れて対処する。

それとフロント荷重のことを書いたが。
やっぱりGiantよりフロントヘビーかな。
斜度がキツい登りでハンドル浮く感じの下手な乗り方しても。
STOEMPERは少ししか浮かなかったのは新鮮だった。
Giantより立ちが強めなのは数値的にも明らかだならそのせいか。
逆に下りやハードブレーキングで前転注意か?

f0178412_13485997.jpg
photo by さとしー

f0178412_1348554.jpg
photo by カルさん








-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-








乗り方も変わってくもんだ。
というかBMC CX-02の乗り味。
このフレームが手足のようだった。
ここを一つの指標に。

f0178412_1493449.jpg
photo by 春日部写真館

f0178412_1493177.jpg



f0178412_21374160.jpg
photo by 文ちゃん

f0178412_13223397.jpg
photo by 齊藤氏



写真見比べると。
もう少し前にポジショニングして良さそうか。









.
[PR]

by ag749s | 2017-11-11 16:08 | シクロクロス | Trackback
2017年 11月 05日

ソール剥がれたから

ソールが割れて剥がれた。。。

いや、これ。
格安セールで買ったやつ。
http://ag749s.exblog.jp/27748097/

安いから買っただけじゃなくて。
とにかく軽いことと。
ソールがラバー。
3本ベルクロ留め。
アッパーが柔らかい。
とても気に入ってたんだが。

発症したのは前橋か幕張か。
とにかく幕張の片付けしてる時に気がついた。

このとおり左足の方は。
割れて剥がれて大騒ぎw
これ、写真の見た目よりもっと深く剥がれてる。

f0178412_2012612.jpg
f0178412_19581687.jpg








一方右足の方は。
かかとが割れてるだけでなく。
スタッドの台座自体が抜けてどっかいったw
もう笑うしかないw

f0178412_19582712.jpg
f0178412_19583783.jpg









ということで。
とりあえずSHOE GOOで補修。
うまく行くかな。
またすぐ剥がれるかな。
困ったもんだ・・・。

f0178412_19584591.jpg
f0178412_19585363.jpg









サッカーシューズは良く補修して使ってたなあ。
SHOE GOOは一家に一つ。
懐かしい。

お台場はランニング大会だからこのシューズで出たいし。
まあでも初めて買ったスペシャの廉価版のやつでもいいか。
スタッドつけられないけどお台場は必要ないしな。
というかお台場出るのか俺w







ということで。
すでに買い換えるやつ探してる。
足の骨格が細いからシマノはダメらしい。
スペシャは具合いいんだがソールがなあ。
Fizikかなあ。
DMTとかかなあ。
ああ自転車のシューズって(ry.....

うーむ。







.
[PR]

by ag749s | 2017-11-05 08:49 | その他 | Trackback
2017年 11月 04日

スターライト幕張C2は6位でした

クラス:カテゴリー2
場所:海浜幕張公園
天候:晴れ、気温22度くらい、南西3M?
コースコンディション:ドライな芝、ヌタヌタチュルチュル
コースの特徴:芝生ストレート、ヌタヌタ、バシャバシャ穴ぼこ、風雲たけし城
スタート時刻:13:25
ゼッケン:#109
スタート位置:前3列はM1、結局4列目右から3番目、C2的には最前列
タイヤ:F=Challenge BabyLymus、 R=Challenge Chicane
空気圧:F=1.6bar、R=1.6bar
リザルト:6位(15%くらい)/50名前後

f0178412_15381631.jpg
photo by カルさん







とにかく今回の幕張。
スタート後の右〜左に曲がって。
駆け上がったあとのシングルトラック。
ここが肝。
前に出ておかないと。
先頭との差が酷いことになる。

分かっちゃいたけど。
CM1が前に3列もいたら。
どうなるか予測がつかない。
一か八か。
運に任せる神頼みw

まあこうなるわなw

f0178412_1538873.jpg
photo by チーズ星人









ここで焦っても仕方ないので。
空いたところにスマートに入っていきつつ。
竹田ケー氏の後ろで助けられつつ。
臭い穴ぼこ水たまりをクリアし。
気がついたら30番手くらい。

ああ終わった。
そう思って芝生エリアまで来たところ。
浅香氏がパンクーマジかーと和ませてくれて。
なんか楽しくなったおかげでw
その後、どんどん前をパス。
諦めた人間は強いのであるw

f0178412_15352552.jpg
photo by さとしー










キーチくんや堀さんとパックになって。
立ち上がりでククっと加速すると後ろが離れる。
ヌタヌタ泥区間は。
トラクションに気をつけてペダリング。
ここでも結構抜けたな。

芝区間のくねくねした区間。
ここも先日のクニー練の感覚を一生懸命思い出し。
前との差を詰めることができた。

そんな具合でイイ感じに引きちぎりながら。
なんとかシングル順位ラインまで上がってこれた。

f0178412_15352840.jpg
photo by 岡元さん










前にはシマさんとかがいる。
少しずつ距離が詰まってくる。
ジワジワ追い詰める楽しみを味わえた。
フィジカルモンスターだから勝てる気はしないけど。
目標が前にいるとレースはとても楽しい。

最終ラップ。
やっぱり芝のところで一気に掛けられて。
それを追う脚もなく。
だがしかし視界に捉えつつゴールできた。

f0178412_1538278.jpg
photo by 岡元さん









昇格狙えるレースは相変わらずできないが。
自分の力を出し切れたのはマル。
次はもう野辺山か。
時が経つのが早いな。

去年よりベースアップははかれてるし。
体重も少し落とせてきてる。
珍しく続いてるスクワットもそろそろ効果出るだろうし。
シーズン後半に期待したいところ。

f0178412_15352387.jpg











ゴール後の談笑。
今回もまた賑やかだったな。
あれいいよね。
楽しいひと時。
ゴール近くなるとその光景が浮かんで。
ゴールしたときの楽しみの一つになってる。
イイ趣味だシクロクロス。

f0178412_15381592.jpg
f0178412_1538425.jpg






-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-







STOEMPERの走らせ方というか性格。
だいぶ分かってきた。
今回はそれを活かして走れた。

思い返せば昔乗ってたBMCのCX02というアルミの奴。
これに似ていて、というかそのイメージで作ってもらった。
とても好きな乗り味だから走ってて気持ちイイことこのうえない。

そこんとこ活かして走ってると。
集団の前に出られる。
ココってタイミングで抜ける。
コーナー立ち上がりで離されてもススッと追いつける。

f0178412_15554429.jpg





でもまだ自分の感覚より。
バイクの方が走りたがってる感がある。
もっと馴染ませないと。
ということで今日も小貝川に。
あれこれチャレンジしたり工夫したり真似たりして。
結果転ぶことができたから。
上出来上出来だろう(転ぶということはイイことなのだ)。

f0178412_15594169.jpg









疲労が溜まってるから。
少し休憩して身体をケアしよ。









.
[PR]

by ag749s | 2017-11-04 16:07 | シクロクロス | Trackback