<   2016年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 06日

トレイルライドでリセット

山はいい。
ヒルクライムじゃなくて。
トレイル。

木漏れ日。
風。
落ち葉。
小川。
砂利。
泥。
木。
根っこ....

f0178412_1645526.jpg






気持ちと身体がリセットされる。
自然を感じて童心にかえる。
六甲山で育ったのでね。
海より山だ。

MTBは楽しい。
ちょっとした登りも下りも。
アスファルトとは比じゃ無い。
楽しさと難しさと。
スタートから脳をフル回転。
全身を使いつつ。
序盤は固いが。
後半は動き出す。

最高の時間。
ギャーギャーいいながら下る。
寡黙の登る。
クリアできた、クリアできなかった。
あそこはこうだ、いや、こうだ。
2時間ほどなんだが。
ほんとに楽しい。






シクロクロスばっかりやっていると。
自分の限界がシクロクロスバイクの限界手前になる。
MTBに乗ると。
MTBの限界はもっと広いから。
自分の限界も広がる。
そしてシクロクロスに乗り換えたら。
広がった限界を感じて調節するのがまた楽しい。

だからコーナーが速くなるとかそういうことじゃなくて。
『バイクを乗ること』を身につけられる。
これか、真ん中はここか、このラインだとこうすればいいのか。
そういうことを感じて処理して成功する楽しさ。
これにつきる。




MTBは楽しい。
間違いない。
また行こうぜ。

<photo by カネコ氏>
f0178412_1645228.jpg







.
[PR]

by ag749s | 2016-11-06 17:16 | MTB | Trackback
2016年 11月 06日

STAR LIGHT CROSS幕張は9位でした

クラス:カテゴリー2
場所:幕張MTBコース特設ステージ
天候:晴れ、気温15度くらい、南風5mくらい
コースコンディション:ドライ
コースの特徴:MTBコース+芝のストレートやクネクネやドロップオフ
スタート時刻:18:35
ゼッケン:#10
スタート位置:ゼッケン順(2列目の真ん中、鎌田そうや君の後ろ)
空気圧:フロント 1.8 bar、リア 1.9 bar
リザルト:9位(22%)/41名




今シーズン。
ようやくしっかりと走れた感触を得たレース。
力が足りないとかはさておき。
ひとまずは全力で走り続けられたのは大きな収穫。
スタートから前へ前へ。
結果はあれだが。
諸先輩方に恥じないレースができた。
家族にも胸を張ってLINEで報告できた。


<目が本気モードなのがわかる。photo by 井上氏>
f0178412_15102840.jpg








スタートリストにはなんとロードのプロ選手が3人も。
いつもの窪木選手、右京のベンジャミンなんとか、ブラーゼンの高木選手。
最後尾からあっという間に前に出られた。
ま、小貝川の時と同じだが。
今回はここから1周半に渡って後ろにつけた。
というか一回前にも出た。
やってやったぜ、思い残すことは無いぜ。



ただ1〜2周目はペースを抑えていたベンジャミンと窪木選手。
3周目から猛烈な機関車プレイでプチプチちぎれて終了。
そうこうするとチャンシスの強い選手と高木選手がズバッときて。
ブルーラグトレインにもズバっと抜かれ。
ずぶずぶと。

だがしかし。
今回の幕張は自分に向いてるコース。
広いストレートで前に出られるも。
クネクネやテクニカルな箇所で前を詰められる。
そして脚も休められる。
インターバル練の効果てきめん。

いつもだとここからズルズルとタレるんだが。
今回は耐えに耐えて喰らいつけた。
腰が爆発しそうだが。
ラストラップは少し落ち着いて。

最後は全開でスプリント。
気分がいいレースではこれ。
俺なりにオーガナイザーへの敬意を表して。
遅いけど.......w







それにしても。

昨日の幕張は物凄い盛り上がり。
震えた。
というか声援がすごくて何度も回復した。
それはまるでお台場シクロクロスのよう。

特に登り返しが2回あるあそこ。
小村夫妻からヘロヘロ押して登る俺を笑われw
必死こいて走ってるからか。
そして励まされ。

いろんな人から声を掛けられた。
鼻水を拭く余裕もなかった。
こんな体験。
ほんとやめられないよな。

f0178412_15101510.jpg










やっぱりフィジカルで圧倒して勝たないと。
C1に上がったとしても。
思うような走りは叶わないだろう。
テクニックは悪く無いと思ってる。
フィジカルは到底足りて無いから。
やっぱり少しづつ付けていく。




ただでも。
現状のC2の強豪相手に。
圧倒するのは相当難易度が高い。
みなほんと強い。
最近始めてやってきた選手だけじゃなく。
俺と同じように何年もC2で競ってるライバルたち。
手強すぎて笑えるw
だからいつものライバルと。
ギリギリのところで競う。

そしてその姿を見て友達たちが興奮する。
MC ALEEもその一人。
C2のMCをガッチリとやってくれた。
感動した。
レース後に久しぶりに喋ったときも。
そのリスペクトを感じた。

そんなライバルたちとは。
いつもバチバチとジェントルに競う。
楽しいやねえ。
坂手さん、ブンちゃん、江川くん、ウニさん、小倉くん、クロケン、シマさん。
マッペさん、吉田さん、アサカ、ヤマチャーーン、あべ木社長、、、

<photo by 井上氏>
f0178412_15103125.jpg








次は野辺山。
また窪木選手や高木選手や。
関西の知らない強豪がひしめくんだろうが。
とにかく納得のいくレースを2daysのどちらかでやりたい心持ち。
今回のように。
とにかく攻めて攻めてチャレンジできるようにしたい。

楽しみだ。
シクロクロスやってて良かった。







.
[PR]

by ag749s | 2016-11-06 15:45 | シクロクロス | Trackback
2016年 11月 03日

EFFECTさん探訪

今日は世田谷にあるEFFECTさんに行ってきた。
出不精な俺がわざわざ昼過ぎからショップに行くなんて。
メッタにあることじゃないが。
STOEMPERのことをしっかり話したくて行ってきた。

f0178412_17393520.jpg






手にするのはきっと来年の今頃なんだろうけど。
やはりレーシーで且つカッコいい奴が欲しくて。
Giantはそのままにする予定、今のところ。
問題はカラーリングだが。
移ろい易いし決めるのは最後でいいらしいしもう少し悩む。

f0178412_16111879.jpg





結局2時間近く話してもらったかなあ。
言いたかったこととか確認したかったことを自然な流れで話せたし。
いろんなアドバイスをもらいながら判断できたし。
オートバイの頃とまったく同じで。
ショップはやはり人だなと。
クルマのディーラーも同じだし。
今日はとてもいい出会いが出来て良かった。

また、ビルダーもショップを通じていろんな考え方を知れた。
もちろんそのショップの人が信用できてることが前提だが。
パンキーでレーシーで丁寧で拘りがあると。
なるほどなるほど。
ここに書ききれないけど同感することが多かった。

こちらの要望をスムーズに受け止めてくれたうえで。
それを伝えて解決してくれそうな感触。
ショップ、ビルダーともに大事だなあと再認。





ところで土曜日は幕張。
ナイトレースだからライトを準備。
メットとハンドルに高照度の奴を。

f0178412_16112087.jpg
f0178412_1735225.jpg




すこし膝が怪しいうえに試走の時間に間に合わないかもなので。
モチベーションはあれだがお祭り的に楽しみではある。
とりあえずダメもとで前で走れるようがんばろっと。






.
[PR]

by ag749s | 2016-11-03 17:40 | シクロクロス | Trackback
2016年 11月 03日

カラーリング2

<思案中につき少し更新>

沈黙は金とかじゃないキャラなので。
楽しいことは基本的にフルオープンにして楽しむ系。
いやー楽しいですねw

かれこれオーダーフレームの件を言い始めて何年経つのか。
いよいよ重い腰を上げてみる。
希望するジオメトリーのコンセプト的なものは散々考えてきたし。
ビルダーも絞れてきたし。

問題はカラーリング。
まあどうせ塗り直せると思って。
あまり保守的にならないでいいよな。




現時点ではKAWASAKI マッハのコレ。
ゲスいだろ?w
ベースはこのメタリックな紫(もう少し濃いめでもいいかな)。
トップチューブやヘッドのラインはオレンジの濃淡2種で。
これに、フォークとチェーンステーに大きなSTOEMPER稲妻を配置。
フォークの裏側にもオレンジ2種でラインを若干太めにして入れる。
ダウンチューブのロゴはオフホワイトで。
ステムとシートポストはシルバー系かな。
simworksなんかのメタリックなシルバーでポップなのがいいかな。

f0178412_9392672.jpg






またはこのYAMAHA RD250のメタリックなオレンジもいいなあ。
ビビッドなオレンジじゃなくてクラシカルなオレンジ。
ホワイトはオフホワイトで。
ラインは逆に紫なんかいいかもな。

f0178412_9384524.jpg






または水谷勝氏のガンマ。
彼のことをRACERSという雑誌で知って以来。
そのスタンスやらなんやらにヤラレて。
色もいいし、好きな紺だし、ゴールドもいい感じ。
でもこれ、バーレーンメリダだなあ・・・。

f0178412_9512660.jpg
f0178412_9513312.jpg
f0178412_9521436.jpg





はたまた、ヨシムラのトルネード1200ボンネヴィル。
シックなガンメタ的なグレーに真っ赤の組み合わせ。
ロゴはホワイト。
ゴールドのピンストライプを入れてもいいかも。
ちょっと地味かなあ。
ああ楽しいw

f0178412_10472882.jpg
f0178412_9524679.jpg







他にも候補は色々ある。
ローソンレプリカはウスイ氏のJordanと被るからパス。
何気にMV Agustaも良いな。
KAWASAKI Z1 タイガーカラーはきっと色が再現できないからパスか。
モリワキからーはいまいち。
CB-Fはちょっと地味かな。
クーリーのGS1000もウスイ氏のアルミのと被るからパス、などなど。
ああ楽しい楽しいw

f0178412_9521342.jpg
f0178412_952981.jpg
f0178412_9523713.jpg
f0178412_9525170.jpg
f0178412_9525439.jpg
f0178412_9525743.jpg
f0178412_9523447.jpg
f0178412_952598.jpg








BMCから乗り換えるときにオーダーフレームか戦闘力か悩んだ。
結果、戦闘力のみを求めて手にれたBOMA。
だがちょっと小さかった。
シーズン間に合わせるため即決で手に入れたGiant。
このフレームのおかげでC2で表彰台に乗れた昨シーズン。
そして珍しく2シーズン目も乗ってるGiant。

だがやはり細身のフレームの魅力は衰えない。
GDR MeteorもColnago Master X-Lightそう。
ということで悶々としてても仕方ないから。
友人に色々と聞きまくって教えてもらい。
せっかちな俺だが1年弱待つ覚悟もできたw




あ、あとバイク復帰も相当迷った。
Buell XB12Rをロックオン。
だがしかし、いま手に入れても自転車と両立は難しそう。
それにたまに流れてくる事故動画を見ると。
あんな無茶な運転はしないけどやはり怖いというのが正直なところ。
自転車をガツガツ乗らなくなってからでいいかな。







とまあ、こうやって悩んでる時間が一番楽しい。
やっぱりかっちょいいと思える、眺めながら酒が美味い、
そんな奴にしたい。








.
[PR]

by ag749s | 2016-11-03 09:55 | シクロクロス | Trackback