<   2015年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 30日

440mm

このハンドル幅は大正解だ。

MTB上がりの人は特にぜひインストールした方がいいと思う。もちろん当たり前だが入力し易さ・動作し易さのスタンスやフォームは個々人で違いがあるから一概には言えないのは一応断っておく。あくまで俺は具合良かったという話し。

f0178412_2124271.jpg








幅が広いからMTBのターンのようにハンドルを縦というかなんというか、意識的な操舵がし易くなった。Uターンのような箇所ではなく、野辺山で言うと奥の林区間とか、バギーコースとか、ゴールから東屋の先の区間とか、普通のコーナーで抜群にコントローラブルだった。

また泥区間でもバランスを取り易い。入力ポイントが外に移動したわけだから、多少大味な操作でも以前より影響が小さいから雑な操舵でも破たんしにくい。Dedaは外-外420mmだから反応が繊細な印象。肩より手の位置が広がってる上にじゃっかん肩に近くなったから上下動の入力もやり易くなった。

f0178412_2111987.jpg








あとあれだ、フライオーバーなんかの下りでも幅が広いから安心感があった。これもきっと上に書いた通りシビアな操作が和らぐからだろう。過去、初めてのMTBが20年前くらいの26インチでハンドル幅が600mmもないショートな奴で、それしか知らない初心者な俺はひたすらそのハンドルでトレイルに連れてってもらっていた。で、いやーMTBって難しいなーーと満足気に語ったりしていたわけだが昨今は幅広ハンドルが主流で、その理由としては上に書いたような理論なんだがそんなことも知らず。そして29erを買って乗ってみたらガタガタの登坂もガンガンの下りももの凄い安定感があって驚いたわけ。それと同じ感じ。




ロード上がりの人も最初は違和感あると思うけど400mmとか420mmでシクロクロス始めて数年という人はぜひ試してみるとイイと思う。しばらく乗ってみると向いてる人は分かると思うし、MTBのハンドル論と同じできっと向いてる人って多いと思う。あと440mmをインストールしたらMTB乗ってる人にハンドル捌きや肩の使い方・向け方などなど、乗り方を教わってみるといいと思う。

f0178412_2151763.jpg








ま、いいことばかりでもなくて悪い点もあったから書いておくと、当たり前だけど幅が広いから杭に何度か当たりそうになってヤバかった。というか1回思い切り杭に当たって前転した。車幅感覚というかそれがまだアジャストできてない感じ。そのうち慣れるだろうけど。



とはいえ操舵が楽しくなったのは事実だ。インストールしたのは定番のリッチーNeoClassic。リーチが短いくせにラウンドがいい感じなうえにドロップも浅めだから使いやすい。野辺山で下ハンも何度か持ったしかなりいい具合。このセール期間のうちに如何?w
[PR]

by ag749s | 2015-11-30 21:13 | シクロクロス | Trackback
2015年 11月 29日

Raphaスーパークロス野辺山は22位と9位でした。

野辺山シクロクロスday2、C2でフロントローから全開で走りましたが残念ながら昇格ならずでした。
もう、今回もまた至る所で名前を呼んでいただきありがとう!ありがとうございました!!


場所:野辺山滝沢牧場特設コース

(Day1)
コースコンディション:ドライ
天候:晴れ、気温5度前後
スタート:11:20
ゼッケン:#265
スタート位置:ゼッケン順、最後尾。
リザルト:22位(34%)/65名

(Day2)
コースコンディション:ドライ+畑は泥、ただしラインあり
天候:晴れ、気温5度前後(day1よりちょい寒い)
スタート:11:40
ゼッケン:#206
スタート位置:ゼッケン順。最前列の左から3番目。一列に8人。
リザルト:9位(13%)/70名(出走数は不明)。





-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






結果を出せなくて悔しすぎるのは言うまでもないが、反面十分な手応えを、この野辺山で、しかも泥アリの2日目で感じられたのは大きな収穫。朝の時点でDay1のトップ10のラップタイム見てとても一緒に走れないと思っていたが、蓋を開けてみると自分がトップ5で競っていた。まるで自分では無いような感覚、周りがみな風邪でもひいてるんじゃないか?と、マジでそう思いつつ走っていた。

でもやはりまだまだ未熟だ。大前転含む3回の転倒、脹脛も攣って足首が伸びきってストップ、こんなことやってたらそりゃ表彰台は遠いわけだ。というか言い訳ばっかり。それもまた実力じゃないか。そんな転倒するほど焦ったり舞い上がったりしない経験や脚力があればいいんだよ。と再認。

まだ伸びしろがあると思いたい。タラレバなど無いのは百も承知だが、それはあくまで結果論の話しであって、次戦に向けてタラレバを実現するための活動は結果論じゃなくてすなわち努力なわけだ。よーし、43歳だがまだまだ伸びるぞ。そして、野辺山じゃなくてもいいから、表彰台に立ってやる!





<makoさん撮影@day1>
f0178412_21431411.jpg


f0178412_2158428.jpg
f0178412_21584032.jpg
f0178412_224667.jpg






負けたレースで書くことなんかありゃしない。自分のなかに仕舞っときゃいいんだ。
[PR]

by ag749s | 2015-11-29 22:08 | シクロクロス | Trackback
2015年 11月 23日

チマチマ楽しい作業

ハンドルはやっぱりRitchey NeoClassic。シクロクロスもロード2台と同じハンドルにすることができた。そして今回は440mm幅に。ロードは420mm。でももっと幅広い方が操舵し易いからな。

f0178412_20383339.jpg




今まで使っていたのはDEDA ZERO 100 Shallow。これはBOMAのころに新製品ということで試しに使ってみたんだが芯-芯で420mmかと信じてずっと使っていたけど実は外-外だとわ! 道理でどうにも狭いなあと思ってたわけだ。はやく気づけよ。その前に調べてから買えよ。はいサーセン。

NeoClassicの420mmでもよかったんだがせっかくなのでね。MTBも29erで700mmのハンドルだしね。680mmだったかな。なんにせよ機材スポーツの趣味だからしてその醍醐味の一つであるパーツの換装はやっぱ色々試しては失敗して考えてまた次を試してというのもまた。さてこの440mmは吉と出るか凶と出るか。

今日は午前中時間があったからさっそく交換。ハンドルの角度、ブラケットの角度、俺仕様バリバリ。うーんちょっとやり過ぎたか?でも1時間ほど微調整して乗って試してを繰り返した結果、これがいい具合だと。3年前の野辺山の写真をみると当時のBMCはこれくらい派手な角度だったしな。

f0178412_20381594.jpg








それから、昨日おろしたばかりのシューズにスパイクつけた。それにしても、自転車のシューズは色々と未発展じゃないだろうか。サッカーと陸上をやってきた俺からすると、シューズの中の造形もイマイチだしアッパーのフィット感もまだまだだし、まあそりゃ座ってやる競技なうえに足首すらあまり動かさない系だから仕方ないのかもしらんが。しかもシクロクロスは走るシーンも多々あるしもっと研究の余地があると思う。とはいえこのシューズはそこそこ履き易いかな。Fizikの方が良いけどサイズがぴったりなのがなにより。

f0178412_20381832.jpg







ところで、昨日1日使っただけの元からついてたこのスパイクもどき。こんな短いにもかかわらずこんだけ削れてる。こんなにすぐ削れるなんてありえない。確かMavicのも同じように速攻削れてスパイクというかストッパーの意味をなさなかったっけか。ま、サッカーのスパイクピンを装着するから俺は問題ないけど。このままつけてるとプラ部分だけじゃなくネジ頭も削れて外せなくなるんじゃないだろうか。

f0178412_20382988.jpg






それから、家族とちょっとしたミニコンサートを観に豊洲へ行った帰りにTackeさんに立ち寄って曲がったハンガーを交換に。一応曲がったハンガーは真っ直ぐにしてもらってエマージェンシー用にして、同時に予備ハンガーも新調。完璧だ。いつもありがとうございます。野辺山前に不安を少しでも減らしておくのだ。

ちなみにこのGiantのハンガーは1,400円。安いよな。Cinelliなんて確か4,500円とかした気がする。BOMAでも3,000円ちょいだったかな。高いよな〜ハンガー。

f0178412_2038065.jpg






-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






昨日は楽しかった。そしてあと5日もすれば野辺山だ。まあもちろん良い結果を出したいけど、人生をかけて競争や昇格を競ってるつもりはサラサラないし調子良くて展開が良ければラッキー程度なのは言わずもがな。でもだからって斜に構えてそのありのまま語ってもつまらないから生活のほんの10%くらいしかない自転車の時間のみを凝縮してブログって楽しんでる次第。

こんな鈍脚でも、こんな適当な選手でも、万一プロと一緒に走れるステージに立てるといいな、それを目標にすれば丁度いいかな、脚力以外に運動神経も駆使する領域があるシクロクロスなら体力系選手にもなんとか太刀打ちできるかな、という期待を自分に持てることにやり甲斐を見出して楽しむのがイイね。競争自体がしんどくなるまでは、ほどほどにとはいえその競争自体を遊びたい、遊べることに感謝したい、そんな心持ちでござる。
f0178412_20381086.jpg

[PR]

by ag749s | 2015-11-23 21:27 | シクロクロス | Trackback
2015年 11月 22日

秋ヶ瀬バイクロア5

ファストクラスで走ってきた。

2年前の今日、まさに入院した日。翌23日はバイクロア3でチームラリーを走る予定だったが入院が決まったベッドの上からメンバーにDNSのお詫びメールを送ったのは忘れられない想い出。ま〜、もう、この3年前後は厄年だから色々あったが、こないだのスターライト幕張然り、今日のバイクロアでもそんな想い出を乗り越えて借りを返すことができたのが今日のハイライト。

<昨日勝ったネイスさんに似てない? #ただの思い込み。>
f0178412_20492258.jpg





-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






昨日土曜日。朝一から2時間ほど試走する時間があったからホームコースというかたまにスキル練をする場所なんだがクローズドで走り放題というシチュエーションはバイクロアの試走とレースのときくらいということもあって7時過ぎに会場入りして合計70分ほど嬉々として走りまくったった。8時を過ぎると参加者も多く走り出すから詰まってしまうことも多くなり終了。大満足でございました。



そして今日。やっぱり楽しいイベントだから朝から会場入り。ファンクラスに出走する友人を応援しつつ過ごす。ただでも昨日と違って曇り空の11月下旬はやっぱり寒いわけで。それなりにレイヤードして臨んだんだが足りなかったようだ。やっぱりRaphaといえどもサイクルウェアは空気層が薄いから防寒着は必須だな。車で来れば良かったと後悔。

午前中はそんな感じでどんどんと生命力が低下して。これはまずいということでワインを一杯飲んだら再び復活w うろうろしつつ自分のレースの開始を待つ。ただでも13:45スタートまではたっぷり時間があって参った。

ようやく時間になり、アップをチャチャッと終え、召集場所へゴー。だいぶ筋肉量が増えた俺。いいぞ。

<やまぞう氏撮影>
f0178412_20493732.jpg





-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






今日はレースというよりもバイクロアの精神に則り楽しい運動会ということで。テーマは2つ。一つは声援に全部応えること。GP-Mistralでもやってたが懐かしい。全部は無理だったが、終始笑顔でなんとかある程度は応えられただろうか。現地にいた皆さんは分かってくれるはず・・・w もう一つは80%を超えないこと。あくまで主観的疲労度の話しだが。これは最近友人からの指摘もあって再開したL4の成果を感じたかったから。昨日の試走である程度手応えはあったがレースのなかでは試してなかったから。





ただでも、レースをご一緒した友人と戯れたのが楽しくて気がついたら両方達成したと感じることが出来たということにしておくw 冒頭に書いた2年前のDNSの件、またこれまで自転車を始めてからずっとなんだかご一緒することが多かった関根さん。そう、おでん氏とかじゃなくて関根さんなんです。彩湖やその他サイクリングで内池氏と関根さんに引きずり回されて血の味を覚えたんだ。シクロクロスだってGP-Mistralや野辺山でご一緒して遊んでる友達。だから今日もたくんさ絡む。楽しかったっすね。いい笑顔。

<撮影はimoさん。imoさん久しぶり!超嬉しかったぜ。>
f0178412_20494993.jpg






それから最近何度もご一緒してると書いているチームERATEHの皆さん。ナカシマ氏やクロ氏ややまぞう氏やサトーシ氏やドンマイ氏やエーット。とりあえずご一緒しつつ笑顔満載でバイクロア的にはバッチリの写真だ。

<これもimo氏撮影。>
f0178412_20495769.jpg

<こっちは浅倉パイセン撮影。>
f0178412_20492553.jpg






あとは今日は追い込まないで淡々と走る作戦。というか、林の中は予想どおり前が詰まるから脚が休まるので回復する。回復するから次の直線はそこそこ踏んで前を抜く。インターバルを繰り返す感じで個人的には好み。だがしかしギャラリーが大勢いる岩のシケインのところで合計4回も転ぶ大失態。あ〜あ。だってめっちゃ盛り上がってるもんだからテンションアゲアゲになるんだよ。関西人だから。なんかやらなきゃと思って無理に抜こうとしてハンドルこじって転ぶという感じ。

そのせいでリアディレイラーハンガーを曲げてしまうわハンドルも曲がって直すのに手こずるわで大騒ぎさ。でもそれでも盛り上がっていただけたので御の字。序盤は10以内で淡々と余裕持って走れたけどハンドル曲がって大ストップしてたくさん抜かれたからやっぱり今日はどうでもいいやと吹っ切れたのは秘密w

けど今日感じたのはやっぱりシケインはそこそこ速いということ。やっぱり器用なんだろうな。サッカーやってたからな。運動神経は悪くないのでね。飛び乗りも1年前までできなかったけど練習すればできるようになったしな。今日も何回も練習ができてだいぶ思い出してきた。野辺山前に反復練習ができて良かったぜ。

f0178412_2122863.jpg






あとホームストレートも盛り上がってて最高。特にポタガールの皆さん。次のオウルクラス(仮装クラス)にでるためチアリーディングの格好したガールが5〜6名並んで声援を送ってるんだが、Facebookで繋がってる方がいるので中盤からはなんと俺を名指しで黄色い声援をいただく。これね、やばいね。超絶萌えた。当然その黄色い声援に奇声を発して手を振り回してお答えして。いやーー楽しかったなww

そんな感じなもんだから終始笑顔で。また来年が楽しみになってきた。

f0178412_2123477.jpg






-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






結果は17位らしい。暫定だから前後すると思うけど、まあ別にどうでもいい。どうでもいいと言いつつ2年前に始めてファストクラスを走ったときは今日と同じくトップと同一周回だったが順位はもうちょっと下だったと思うから成長している証なんだなと再認すると嬉しいわけで。

最近始めたL4の20分走とプランクが効いてる気がする。もともと苦手な分野だったから伸びしろがあるはず。。。野辺山で結果に繋がるといいな。野辺山じゃなくてもそのあとの宇都宮でも富士山でもいい。楽しみだ。
[PR]

by ag749s | 2015-11-22 21:53 | シクロクロス | Trackback
2015年 11月 21日

Northwave Hammer S.R.S

およそ半額のセール品を入手。

NorthwaveのHammer S.R.SというMTBシューズ。本当はこれのもう一つ下位グレードのHammer 3Sというモデルが欲しかったんだが在庫なし、残念。Fizikが壊れたときにいい出物があればと思っていて、Hammer 3Sが安くなるのを狙っていた。3Sは3本ともベルクロ留めなんだよな〜。ベルクロの方が使い勝手がいいし壊れにくいし調節し易いんだよな〜。まあ安かったから贅沢は言えない。

f0178412_1616525.jpg






Fizikは履きやすくていいんだがやっぱりラチェットのところが何度も擦ったり当たったりして壊れそうで不安。というかここ最近動きに微妙なガタが出始めたし。買ってから何回くらい使っただろうか。とにかくドロドロのジャリジャリな環境だから消耗もそれなり。

あとサイズが微妙に大きくて。締め上げるとしっかり履けるんだが幕張の坂を押して登るときに少し踵が浮いてしまって。やはり前半分で締め付けだけじゃなくてサイズがぴったりな状態で固定されていないとどうしても踵に余裕が生まれるからダメだな。冬は靴下2枚履きとか分厚いウール生地のを履くからちょっと大きめでもいいかなと思ったけどちょっと失敗だったようだ。

まあ贅沢は言えないんだが今度は安いのでいいからサイズがぴったりの奴にしようと思ってもいたのでこのタイミングでエイやと手に入れることにした次第。







履いた感じはサイズはぴったり。サイズ40だからサイズ表記によると26cmだそうだ。俺はサッカーだと25.5cmで、それ以外は26cmだからサイズはあってる。Fizikは41.5だったかな。メーカーのサイズ表記的には26.5cmのはずだ。でもメーカーによって幅とか高さとか、あとハンドルと一緒で測り方が違うと表記サイズと微妙に違ってくるというのはみな良く知っての通り。

俺は足の形的に細めで甲が少し高めな感じだからFizikの作りはバッチリ合っていたんだがNorthwaveも幅がぴったりでこれはとても良かった。つま先が当たるのに幅が広いなんてことになるシューズはたくさんある。Northwavaは細めな作りなんだろうな。

f0178412_1616568.jpg






あとソールはラバー一択。たから高級モデルは必要ない。もちろんコレもラバー。ただ残念ポイントの一つ、インソールが薄めなのがイケてない。俺は土踏まずがモノ凄いエグれてて、ほぼ骨が出っ張ってる3点で立ってる感じなので、インソールが薄いと特に親指の付け根にあるデカイ丸い骨のとこが痛くなってくる。なので、ちょっとだけ分厚いスペシャ製のインソールとチェンジしたった。キツくなってしまうかな?と心配したが履いた感じつま先の窮屈感はなかったから一安心。

f0178412_16165015.jpg







それから用意し忘れていたクリート。EggBeaterのプレミアムクリートで左右の位置を調節する。手元になかったけど明日使ってみたかったから慌ててTackeさんにTEL。ラスト1個あるよということでかっ飛んでって購入。良かった良かった。

f0178412_1616482.jpg






ちなみにEggBeaterのクリートってペダルからリリースし易いのとそうでないのとあるの知ってた? 丸いマークが2つ付いてるのがリリースし易いクリート。詳しくは説明書のとおり外れる角度の違いだけなんだが、要はシケインとかでディスマウントするときに残ることが多い左足側にこの丸が2つ付いたクリートを付けると降り易いよということらしい。

f0178412_16164563.jpg







クリート位置。ロードみたいに緻密な位置決めなんてしないし結構イジるし適当なんだが現時点では4穴の前側2穴を使って一番後ろまで下げて、左右は一番内側に寄せる位置で。Qファクターが狭いとダメなので、シューズが外側に行くような位置に取り付けるという感じ。スポーツするときはガニ股なんでね。前後位置はつま先の方よりも土踏まず近くで踏ん張る・蹴り出す方がいい具合だからクリート位置は後ろの方にする。サッカーや陸上部で散々短距離ダッシュをやらされたときの感覚を思い出すと多分この位置があってるような気がスル。

(左右合わせて写真撮れば良かったな。上がNorthwave、下がFizik。)
f0178412_16164338.jpg
f0178412_161646100.jpg







最後に重量測定。微妙に軽くなったな。

f0178412_16512531.jpg
f0178412_16512311.jpg







-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






明日さっそく使ってみよう。ここまで色々書いたけど履いて走ってみたら全然ダメだったということも十分あり得る。踝にシューズが当たるかどうかも気になるし、踵がチェーンステーに当たるかどうかも気になるし、アッパー素材が固めだから足に当たって痛いなんてこともあるかも知らんし。

では皆さん、明日は秋ヶ瀬バイクロアでお会いしましょうw 午前の早い時間に行けるようにしたいと思います。ジャージはグリーンのRaphaじゃなくてHATO★SUNで行こうかと思います。
[PR]

by ag749s | 2015-11-21 16:52 | その他 | Trackback
2015年 11月 14日

またアイウェアを

アイウェアたくさん持ってるんだが、やっぱりファッションアイテムwなのでカッコイイのはいくつ持ってても欲しくなるのが性というもの。そうだろ?

ここ最近のOakleyのJawBreakerはあのゴーグル感が馴染めなくて。ゴーグル感の良い感じのイメージとしては俺だってPOCを持っているわけだが。で、そのJawBreakerの姉妹モデルだからきっとデカイんだろうという印象があったのと、上側フレームがへの字っぽいのも間が抜けてるっぽくてどうかなと思っていたのと、RaderLock持ってるし別に要らねえぜと思っていたのとで全く興味がなかったんだが。

友人が買ったのを見て思いのほか小さめなデザインでなかなかイケてる!ということを知り、そしてその直後に超絶セール品を見つけてしまったがゆえにThe END. ついカッとなって迷うことなく購入。あーやっちまった。けど結果オーライだったからブログに書くことにした。これはイイものだ。特にレンズが。

<Oakley Radar EV Uranium Prizm Road>
f0178412_1111255.jpg




使ってみた感想をつらつら書くと。まず装着感。俺はまつ毛が異様に長くてしかも見事にカールしてるんだがフレームの形が良いからかレンズに当たりにくい。また他のモデルもそうだったがランニングしたり飛んだりしても微動だにしないフィット感はさすがオークリー。POCとはわけが違う。やはりオークリーには一日の長があるな。それからJawBreakerの印象からくるデザインの押しの強さも、実際には全体的に小さい設計だからかコンパクトでイイ。日本人も似合うと思う。

今日さっそくクロス練で使ってみた。ご存知の通り朝から小雨で家を出た朝の6時過ぎはまだ暗かったが意外と視界は悪くない。期待で胸と鼻の穴が膨らむ。その後、河川敷を北上しつつ徐々に陽が昇り始めるも分厚い雲のせいであいにくの天候。プリズムとはいえミラーレンズだから木陰なんかの薄暗いところはやっぱり細かい部分は見えないのかと思ったがそんなことはなく裸眼より少し暗い程度で全く支障がない。むしろ緑や茶色や青が際立つから見易いかも知れぬ。

それにミラーレンズだから明るいところは裸眼と同じくらいかそれより少し眩しさを抑えた感じで良好。まあでもこれは晴天の日に使ってみないと分からんが。

期待はずれだったのは、上側のフレームがこれまでのRaderより上方向にラウンドしていて、前傾深くしても視界が遮られにくいという触れ込みだったんだが、まあこれは普通かなという点。そこまで感動的なこともなく、やっぱり前傾して上を睨みつけるような見方をするとフレームが邪魔なのは変わらない。もちろんこれまでのよりマシなんだろうけどな。

f0178412_11105872.jpg




総合して言えることは、いままでレースではRader RockにPersimmonのレンズを使っていたが今後はこちらにスイッチしようかなと思えるくらいの良さだった。レースで真っ暗になることは無いからレンズもこのままで十分。ただでも、練習では暗い中を走ることがあるからクリアかイエローのレンズを調達したいところだが。


良い買い物であった。


ただこれでさらにRacingJacketの黒フレームと白フレーム、 POCの水色フレームは登場回数が減少する一方だな。うむ。。。苦笑
[PR]

by ag749s | 2015-11-14 15:32 | その他 | Trackback
2015年 11月 14日

クロス練#15

今日も楽しいクロス練。

雨予報だが関係ない。1mm程度の予報ならむしろ練習になるぜとばかりに、同じ考えのミヤ氏をお誘いして40分走へ。あとイソベーヌ氏にもお声がけ。仕事があるため難しそうだったがわざわざ来てくれて感謝感激。

f0178412_10143483.jpg






ところでこのコース、休む場所が無いうえに重馬場な箇所がいくつかあり、またターンからのスタートダッシュが必要な場所も何箇所か設けてある。さらに、ターンのあと単純にまっすぐ行けばいいというんじゃつまらないからあえて厳しい場所に次のターンを用意してみたり、ラインが一本しかない箇所や、ライン取りでタイムに差がでる連続コーナーがあったりと、重馬場だが脚力だけじゃ攻略できないようにしてある。一方、残念なのはど平坦なところ。1箇所だけちょっとしたコブがあるけど。まあ贅沢は言えない。





1周3分15〜30秒くらいのコース。40分走だから10周ちょっとのはずだがよく分からないからラップタイムだよりで、イソベーヌはまだきてないからミヤさんと二人でゴー。

ひとまずは先頭固定でスタート。ひたすら周回。15分くらいしたところでミヤさんが前に出てきたけど半周後の90度ターンで転んだから再び先頭に。そのまま35分くらいまで先頭固定で。キツかったキツかったキツかっためっちゃキツかった。

ラスト10分のところでイソベーヌが登場。パックに入ってもらって3人で走る。刺激的〜。やっぱり一人で走るより後ろから息遣いやブレーキ音やイン側にフロントタイヤを差し込まれたり、そういうのがあるとレースみたいで燃える。一人で40分走やるときはラップタイムの数字が相手なんだが、やっぱり追い込めるよな。ありがたい。

それにしても微妙な北風が向かい風になる箇所で結構長めの直線があってそこが一番キツかった。後ろの音も脚を止めてる感じや横に並びかける気配がビシビシあって、いやーキツかった。ただその区間で前にいないと、そのあとは抜きにくい場所(林のなかのシングルとか連続コーナーとか直線が短い場所が続く)だからレースを想定して先頭固定で頑張る。そして抜かれにくい箇所はちょっと休憩しつつ。最終区間に入る最後の直線で刺されないように回復を図って直線ではダンシングで逃げる。その繰り返し。

だがしかし、やっぱりミヤ氏は強くて、ラスト5分のところで前に出られた。なんとか後ろに噛り付いたもののこの時間帯にもなるとドラフティングがあってもペースアップされてるからキツいキツい。最終周も後ろについて少しペースダウンしてきたミヤ氏のインをつきまくってガンガンプレッシャーをかける。これもまた練習。ミヤ氏はミスが多いからゴールまでミスらないよう走るよう後ろから声をかける。立ち上がりで強烈な加速をするミヤ氏。クロスラインでスピード殺さずコーナーに入ってその立ち上がりに応戦。そのまま2人でゴール。イソベーヌ氏は千切れていた。やっぱりミヤ氏はめっぽう速い。




今日もまたありがとうございました。またぜひやりましょう!すごい練習になります。







-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-








40分走りきったあとイソベーヌ氏から幕張のときの弱点などを教えていただく。ホントありがたい。実際のレースのなかでさらけ出している自分の苦手な箇所を的確に指摘してもらう。これ以上のアドバイスはない。一緒に競い合ったライバルだから分かる得手不得手。俺に確実に差を詰められた箇所について、こうすればイイ、ああすればイイと意見交換できたのは大きな収穫だ。結論としてはやっぱり試走が大事。

<ミヤ氏撮影>
f0178412_10143226.jpg





まだまだイメージしている走りは出来ていない。とても遠いがだから少しづつ改善を繰り返して近づいていく過程が楽しい。今シーズン、これまでは得意な部分を伸ばすべく練習してきたが、やはり苦手な分野を埋めていかないと得意な部分も引き立ってこない。そういうことが分かるのもレースのイイところ。レースは最高の練習とは真理だ。
[PR]

by ag749s | 2015-11-14 11:10 | シクロクロス | Trackback
2015年 11月 08日

スターライト幕張day1は7位でした

スターライト幕張day1、C2で7位(エントリー33名)。やりきった感。

場所:千葉県幕張海浜公園Gブロック特設コース
コースコンディション:ドライ、後半夕闇でライトアップはあったがアイウェア外した
天候:晴れのち曇り、日が暮れて寒い、気温15度ぐらいか?
スタート:16:10
ゼッケン:13
スタート位置:ゼッケン順。2列目一番左。一列に6人。
リザルト:7位(22%)/33名(出走数は不明)。これでとりあえず残留確定。

f0178412_21253772.jpg





-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






昨日のブログのとおり、今日はちょっとした思入れがあって臨んだ。ただでもメインの野辺山、そのあとの12月のレース日程を重視しているのとここ最近の連戦と練習ボリュームから疲れが残るなかで臨むため全力で挑むけど結果は期待せず前だけ向いて走ることにした。もうほんとマジで必死のパッチ。こんな感じで。

(撮影:ナカシマ氏)
f0178412_21253267.jpg





スタートは2列目の左端。隣は茨城と安曇野で良く絡んでたナカガワのフレーム&ジャージの方だったのでお声がけして友達に。スタート位置が最初のコーナー&登り返しで思い切りインコースだからめちゃ不利だねえなんて話していたがまさにその通り。速攻で降車して最短ルートを駆け上がって前に出ることに成功。やったね。13番手スタートあら6番手あたりまでジャンプアップに成功した。


そのあとは淡々とイソベーヌや他数名のパックで4位争いパックで進行。抜いたり抜かれたりしてると後ろのパックが離れてったので意外と走れてることを認識。ただでもこのあたりで走る選手は当然だけど簡単には前に出られないし得意区間で前に出たとしても苦手区間で抜き返されるという感じでメッチャキツイ。

(撮影:ナカシマ氏)
f0178412_21252866.jpg





得意区間はやっぱりとにかくターンが続くところ。PAXホイール&チューブラータイヤのため曲がる曲がる。タイヤ外れんじゃねえかと思うこともしばしば。それでも思うように曲がるから調子乗ってスピード乗せて曲がったらアウトに飛び出しそうになったり。まだまだ体が馴染んではないが、やっぱりチューブラータイヤのが全然良い。チューグラータイヤで空気圧高め(2.0barぐらい)で滑りながらも曲げてく、そんな走り方が好きだ。

遅い区間はストレート(爆)。遅いねえ。。。脚力が足りてないんだな。まあもうこれは仕方ない、練習するしかないから。ここが改善されないと表彰台なんて無理無理。今日は改めてそう思った。うーん。どうすればいいんだろうか。

あとリマウント。遅いねえ・・・w 練習してないからなあ。でもこれは改善の余地ありで、且つ改善しやすいポイントだからちょっと練習するかな。シケインも以前は得意だったんだが今日は全然ダメダメだった。抜かれたしw おそらく体幹が弱ってるんだと思う。上半身がタレまくってて顎が上がっちゃっててダセえw

(撮影:ネコ先生)
f0178412_2141396.jpg





今日もまた、友達の方々からものすごい応援をいただいた。何度もなんども書いてるけど、もうね、ホントありがたいです。あれがあるのと無いのとでは結果に確実に違いが出ます。特に俺の場合はそう。精神的に弱いので、「いけるいける!」とか「前と詰まってる!」とか「おお速いぞ!」とか言われると普段出せない何かが出てくるんですよ。走ってても、大抵の声援は小さな声でも聞こえます。なぜならそれを強く求めてるから敏感になってるんでしょう。本当にいつもありがとうございます。

さらに今日は冒頭の写真のとおり勝手気儘な自由人であるウチのバカ娘が応援に来てくれた。嬉しい。かといってあんまり持ち上げると興ざめするという面倒臭い性格なので適当に突き放しながらアレやれコレやれと手伝わせつつレースで応援させるようマインドコントロールを。午後になって寒くなったからちょっと心配したけども、帰りの車ではあーでも無いこーでも無いと話しに盛り上がってたたので総じて気分良く過ごしてくれた模様。

お声がけいただいた皆様ありがとうございました。また、自分がレース走ってるときに一緒になって応援を盛り上げてくださったTacke店長コーダイくん、ありがとうございました。嬉しかったっす。がんばっておにぎりやら弁当やらを用意した甲斐がありました!w

f0178412_212535100.jpg






-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






順位的には想像以上に7位とか。これまでのリザルトで一番良かったんじゃないかな。C1まではまだまだ遠いんだが、冒頭に書いたとおりいろいろと思い入れのあるレースだったから、ゴール後に有賀のMCを聞いてたらそのことを思い出してしまって一人ウルウルしてたのは秘密。アイウェアを途中で投げ捨てたから隠すことができず、上にあげてたキャップのツバを下げて隠したけど。

それにしても今日も前回の安曇野と同様、全て出し切った感。腰が爆発するのは相変わらずで困ったもんだが、これも改善しないとなあ。でも腰が痛いとはいいつつも脚も限界を迎えてたから現時点ではこれ以上の結果は出せない。ま、実力だから仕方ないが、頑張らないとな。

あとはやはりシクロクロスレースは楽しい。友人たちとワイワイやるのももちろん楽しい。レースで抜いた抜かれたを真剣にやるのも楽しい。ゴール後に握手して健闘を讃え合うのも気分いい。またいい結果を出すべく練習で色々と頑張る過程もまた楽しい。全身使って攻略するコースもまた最高。いろんな要素があって、これはいい趣味だと改めて思う。

次は野辺山。調子をいい感じにもっていければ狙いたい。
[PR]

by ag749s | 2015-11-08 07:47 | シクロクロス | Trackback
2015年 11月 06日

1年前

1年前のスターライト幕張は失意のうちに終わった苦々しい想い出のレース。

Day1、現地着と同時に持病の薬を飲み忘れていることに気づいてUターンDNS。12時間ごとに飲まなくてはならない免疫抑制剤だったため、無理して飲まずに出走して持病が再燃するのだけは避けたかった。再燃する確率がどうとかじゃなく、走ってしまったがゆえに再燃したという後悔をしたくなくて。

Day2、ちゃんと薬も飲んで気分良くスタートを切ったんだが、シーズン2戦目でまだ気づいてなかった実力が明らかとなり-1LAPのDNF。これはホント凹んだな。薬の影響でヘマトクリット値が35前後で、呼吸は楽なのに力が入らない。踏んでも踏んでも進まない。全身使って走ってもどんどん抜かれる辛み。焦って急坂を登ろうとしてタイヤ剥がして転ぶし。色々がっかりしたレースだった。

f0178412_2229988.jpg






今年は、まだアサコールやら免疫調整剤は飲んでるものの免疫抑制剤も飲まなくて良くなったため、完全に元どおりという訳ではないにせよ、去年よりはずいぶんと力を取り戻しつつあると実感している。もう去年みたいに-1LAPされてゴール手前でこんな表情しながらレコードラインを避けて走るなんてことをしないよう自分に期待したい。

f0178412_22292048.jpg






-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






ところで、趣味だと言って憚らないシクロクロスレースは2011年のちょうど今日がデビューレースだったようだ。Facebookのお知らせ機能で判明。懐かしい写真。吉見のGP-Mistralだ。まだバイクはルイガノの26インチMTB。機械式のディスクブレーキは古いものだったからブレーキを引き摺りっぱなしでキツかったなあ。

f0178412_22295178.jpg

そういえばこのときも走り終わったあとはキツくて悔しくて。帰宅後速攻でCinelliのZydecoをオーダーしたっけか。






とまあ11月の頭というのはなんだか色々とある時期で。シクロクロスレース以外でもなんだかダメージを食らうことが多いような気がする。だから結構この時期は凹んでることが多くて今年もご多分にもれず懸案事項を抱える数週間だった。一応、とりあえず、メンタル的には乗り越えたからホッとしてるところだが、あまり自分で自分に無理せずニュートラルで臨むようにしていこうと思う。

一方で正月明け〜春先までは子供の頃から良いことが多い時期のようで、そこまでは低空飛行でもとりあえず壊れてしまわない程度に淡々と誠実に過ごそうと思う。

そして明日はスターライト幕張。MCは今回も有賀だし。娘が応援に来てくれるし。朝からおにぎり作ってウズラの卵のゆで卵を作って、弁当箱に詰めて、幕張の会場で一緒に食べて、ピクニックするんだぜ。あと適当に試走〜アップ〜レースを走って、帰ってきてから冷やしてあるビール飲むんだぜ。

結果は求めず、全力で走るのみ。娘にいいとこ見せないとな。
[PR]

by ag749s | 2015-11-06 22:50 | シクロクロス | Trackback
2015年 11月 03日

クロス練#14

本日もダートでクロス練。いつものナカシマさんとそのチームメイトたちとしっかり練習できました。やまぞうさん、ありがとうございました。またぜひお願いします。

(ナカシマさん撮影。朝は霧が凄かった)
f0178412_13165230.jpg






総勢5名で30分走を。そのまえにシンプルな地形だがコーン置いてコースを作る。連続ターンあり、高速ターンあり、バンクのターンあり、駆け上がりあり、ヌタヌタあり、ストレートあり。あ、あと仮想シケインもか。なかなか辛いコース。1周2分半くらいだろうか。ど平坦ではないため数カ所ある駆け上がりがボディーブローのように効いてくる。ただでもシーズン始まってるのでそういう箇所を入れてかないとね。あと難しい逆バンクのUターンが地味にキツくていい味付け。





スタート直後は最後尾から。前が離れすぎたから2周目辺りから上がってって3人パック。クロさんを抜いて単独先行するナカシマさんとの差を少しづつ詰める。まだ10分経ってないから上げすぎてもなんだし追いつけばいいので得意な箇所でグッと詰める感じで。

10分過ぎで追いついて後ろにぴったりと。そのまま20分じゃくぐらいまで2人パックで進行。脚を残してるのか結構辛いのか掴めなくて少し不安。ラスト10分(すなわち4周ほど)でペースアップされるとついていける自信ないくらい腰にキテいたのでね。

でもどうやら同じく腰がキツかったようで、逆バンクUターンの先のストレートが伸びないナカシマさんをパス。ラスト10分くらいのところだったから後ろに付かれないで単独先行をやってみようと思いストレートはダンシングを交えて加速する。ちょっと前に出られたものの次の周ではジワジワと差が詰まってるのが分かってガッカリ。ガッカリしたら途端に焦ったりミスったりもうダメかと弱気になったりしてまた後ろに付かれてしまった。うーん。

ラスト2周に入ったところでコーンの位置がずれてるところがあり、ナカシマさんはストップして直したから気がついたらまた単独先行していた。待とうかと一瞬思ったけどあと少ししかないしラストスパートの練習と割り切って1周半なけなしの力でスパート。ターンとかは丁寧にミスしないよう、且つチャレンジングなラインに集中。ストレートはダンシングでさっさと加速して速度を落とさないよう粘る。切れは全くないが、まあなんとなくスパートの練習にはなったと思う。






-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






今日は久しぶりのチューブラータイヤ。1.8barでも腰がありつつ乗り心地が良い。まだまだ低圧にできそうな雰囲気満々なので、30分走後のクネクネ練のときには1.6barくらいまで落とす。それでもリムはほとんど打たず、且つターンで粘る粘る。さすがチューブラーである。スペアタイヤはタイヤに吊るす。もうこのスペアは劣化が激しいからパンクしたらこれ嵌めて直帰だろうな。

f0178412_131543.jpg



帰り道、まだ時間に余裕があるナカシマさんと彩湖の自販でコーヒー飲もうぜということでトイレのところでドロドロのカピカピになったシクロクロスバイクに泥が跳ねまくってるジャージで皆さんから暖かい眼差しをいただく。また、最近クロスを始めたヤシマさんともお会いする。お元気そうでなによりです。くまモンでのバイクロア、頑張って下さい!w

帰りにザッと洗車はいつものこと。ただ今日はこいつを使う。先日ローラーのついでに購入した。300円だったかな、250円だったかな、忘れた。プーリーやスプロケ、クランク裏など泥や草が絡むから普段は小枝を拾ってきて除去するんだが、こういう専用のツールはやはり便利。格段にスピーディに片付いた。

f0178412_1315672.jpg







幕張はちょっと疲れが残った状態で臨むことになりそうだが、まあ練習レースと捉えてしっかり走ろうと思う。でもって野辺山に向けて体調を整えていかないとな。
[PR]

by ag749s | 2015-11-03 14:02 | シクロクロス | Trackback