泥日記

ag749s.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 31日

ニューホイールとペダルのメンテなど

暇なのでゴソゴソとメンテナンスなど。



ホイールをTackeさんに取りに行く。PAXさんから直送ののちタイヤ貼りをオーダー。装着してみた。こんな感じ。1.8barにしてちょっと乗ってみた。懐かしい乗り心地。シラクより明らかにしなやかでエアボリュームもある感覚。乗り慣れてるから良いと感じるだけなんだろうか。ま、とりあえず。

f0178412_1531957.jpg






今朝のサイクリングの帰り、クリートがガタガタになったから増し締めしたけど空回りする。良く分からんから外れないようにそーっと帰宅して確認してみるとなんとシューズ側のクリートのネジ穴が割れてしまっているではないか。多分締め過ぎなんだろうな。素人に良くあるミス。レースの最中じゃなくて良かった。割れた方は使えないから残った下側のネジ穴を使ってクリートを固定。幸い、今シーズンはクリートを深い位置に変えていたため下側のネジ穴でも問題ない。痛い出費とならずホッとした。

f0178412_15314249.jpg






ホイールを取りに行った帰りにホームセンターでドライバーを購入。500円。EggBeaterの先っぽの黒いプラッチックネジを外すため。昔は確か10円玉で外してたんだがプラッチックが少しづつグニっとなってしまっていて次やったら舐めてしまいそうなのでドライバーを。まあこのドライバーも18mmだから幅が3mmほど広くて入らないんだが、先端が微妙にラウンドしているからコインよりしっかりと入れられて回せる。安心。

f0178412_15314557.jpg





とりあえず引っこ抜いて状況を確認したがグリスはまだ残っていた。そこまでガリガリではなかったからまあこんなもんか。綺麗にしてから再度グリスアップしておいた。

f0178412_1531471.jpg





オートバイ時代に買い溜めた工具類が便利。このラチェットハンドルもサイズが3種類くらいあってこれは一番小型の奴。これ便利。ソケットも六角はもちろんネジ頭の奴とかエクステンションとか色々ある。オートバイと一緒に売っぱらわなくて良かった。

f0178412_15314928.jpg






-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






新しいタイヤでいつも走っているところ走って比べてみたい。セメントがまだ柔らかいからとりあえず明日はシラクで行くとして、飛び石連休の3日には筆下ろしするか。楽しみだ。
[PR]

by ag749s | 2015-10-31 15:56 | シクロクロス | Trackback
2015年 10月 31日

クロス練#12


今日は練習でなくてサイクリング。

何度も探索した区間。何も考えずにただコトコトとダートのギャップやターンをこなしていくだけ。速度も乗せずにペダルに掛かる微妙な負荷を感じつつトラクションとハンドル捌きと上体の使い方だけは気をつけて、ひたすら無心に気の向くままに。

f0178412_9413987.jpg





ここ前に通ったなあというルートばかりだったが。気が付いたら入ったことがないとこに車の古い轍を発見。ぐるっと回って突入してみるとあったった新しいダート。ダブルトラックだけどしばらくいくとカナル緩い粘土質のとこを湿った上体で車が深く轍をつけていて、それが乾いているからかなり楽しめた。もちろん速度は超ゆっくり。分岐で右だと思って入ってくと行き止まり。Uターンして左へいくと知ったルートとこんにちわ。なるほどここに繋がるのか。そんな小さな発見をしながら未知のルートを行くのは楽しい。いいストレス発散になった。

f0178412_9414190.jpg






-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






アップ用にローラーを新調した。もともと3本ローラーをアップ用に車に積みっぱなしにする予定だったけども。興味本位で流行りのこのタイプに手を出したった。GiantはフロントがスルーだからMinouraのこれで。結構重量があるのな。組み立ても固定ローラーと大して変わらない手間で済む。チューブラーホイールを用意できたから今まで使ってたこのチューブレスをアップ・スペア用に。

f0178412_9413762.jpg

[PR]

by ag749s | 2015-10-31 10:06 | シクロクロス | Trackback
2015年 10月 26日

信州シクロクロス#2安曇野は8位でした

信州シクロクロス#2安曇野、C2で8位(出走22名)。以外とシングルとはこれ如何に。

場所:豊科スイス村裏犀川河川敷特設会場
天候:晴れ、暑い(ドライ、気温15度ぐらいか?)
スタート:11:20
ゼッケン:22
スタート位置:並び順、3列目左から2人目。一列に4人だったかな。
リザルト:8位(36%)/22名(エントリーは24名)


<写真はコース内を流れる清流の小川>
f0178412_20351554.jpg







信州クロスといえばテクニカルな林間コースというイメージがあって今日の安曇野は楽しみにしていた。いつもと違う会場だし河川敷だということだから趣向を変えたのかと心配したけど試走してみたらとんでもない。80%以上が林間コースでターンにつぐターン、路面はガタンガタン、ラインはいくつもあるし、ドロップオフからちょっとした崖の登りとか、期待していたコースのイメージ全開でワロタ。



実は今日は狙っていたんだ。スタートも整列順だというから最前列を確保した。けど信州クロスのこれまでの戦績から上位の方々が前に入ることになって3列目になったけど。でも偶然、今日優勝したヤマメの人が隣だったからスタート後は後ろに付いてった。だが、結果、ぜんぜん甘かった! いろいろと課題が見つかったしここに反省文とかたくさん書いてやる!というのがこのブログの常だが今回はそんなのいいや。やるべきこと分かったし、新しい発見もあったしね。あ、写真のリンゴは参加賞。さすが信州。美味かったっす。

f0178412_20343045.jpg







それにしても今日のコースはとにかくデコボコの林間クネクネで最高だった。このコースは普通に普段から走りまくたい感じ。ラスト2周はまた腰がダメでタレまくったけど超楽しかった。クロス楽しい!と思いながら走れたのは良かったよ。脚力が負けてても勝てる/勝負できるんだということを最近友達連中と話していたが、C1を観ていても今日はまさにそれを目の当たりにして脚力がない俺でももしかしたらコースによっては太刀打ちできるかもと。うん、練習しよう。

f0178412_20343675.jpg







あとなんと会社の後輩がわざわざ安曇野まで応援に来てくれたんだ。最近車を買ったというからドライブついでにまあもし良ければどう?ぐらいな感じで誘ってみたんだがホントに来るとは。もともとがスポーツマンだから自転車レース自体も楽しんでくれたようで良かった。めちゃめちゃキツいところを何度も見られてしまったが、まいっか。写真は彼が撮ってくれたもの。ありがとうございます。

f0178412_2034339.jpg







-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-







次はスターライト幕張なんだが。2週間後か。疲れが取れなそうな予感。でも野辺山に向けて練習したいから幕張はトレーニングの一環として臨むことにするかな。

f0178412_21145555.jpg

[PR]

by ag749s | 2015-10-26 20:43 | シクロクロス | Trackback
2015年 10月 24日

着々と

ようやくPAXのアルミチューブラーホイールが届いたぜ。これでやっとこさチューブラーで走れる。とりあえずTackeさんに直送してもらって店長にタイヤを貼ってもらう。日曜の安曇野にはギリ間に合わなかったが、スターライトから投入できそうだ。
f0178412_23493937.jpg



それとここ数週間というかほぼ一ヶ月ほど仕事がズルズルダラダラと嫌な感じにストレスフルで、ついカッとなっていろんな小物を買ってしまってる俺ですがナニカ? いや小物って言ってもたとえばソックスとかRACERSとか数千円程度のものばかりだが。先日カッとなって買ったのはペダル。EggBeater1。Candyと悩んでたら絶対やめとけとの指摘多数。

現在、クロスとMTBの両方ともEggBeater2を使っている。また、スペアというか不具合があって外してメンテして使える様にした奴が1.5セットあるし。別に必要はなかったんだがレース会場で試走後の洗車でグリス切れとなって慌てるのが嫌なので予備として車に積みっぱなしにする用に。そりゃもちろんレース会場でもメンテして直せばいいんだろうけどそれはそれこれはこれ。

f0178412_23494199.jpg






あと身体のほうも持病は再燃せず良好な状態をキープし続けられているし、風邪もほとんどひいてないし、オデキも今のところ出来てないし、朝練の時間に起きるのは厳しいから夜の短時間ローラーだけだが続けられてるし、それなりに着々と準備はできているんだが。どうにもまだまだC2でシングルとか着に絡めるイメージが持てないのが正直なところ。メジャーなレースになればなるほどそう思ってしまうメンタルは確信に変わる感じ。いや〜相変わらずメンタル弱いわ〜。でもだって周りのメンバーはどう考えても俺より脚力ある奴ばっかりだもの。

いや、でもイカンイカン。あんまり考えたり準備したりするより出たとこ勝負で適当に臨むほうが合ってる気がするしそもそもそのほうが気が楽だし考えすぎると途端につまらなくなってやる気がそがれるから気をつけないとな。最近ダークサイド方面に落ちていきつつあったから思考がマイナスだ。イカンイカン。

娘を見習おう。

f0178412_23494234.jpg

[PR]

by ag749s | 2015-10-24 00:01 | その他 | Trackback
2015年 10月 18日

サイクリング

今朝は久々にColnagoでサイクリングに。

乗り始めこそなんだか乗り慣れないハンドル周りだなあとかサドル低いかもなあとか随分と振動拾うなあとか不満ばっかりだったけど、10分も乗れば振動以外は全部忘れて「あ、これ俺のバイク」という感覚になってしまうから人間とはいい加減なものだ。

f0178412_12542417.jpg




それにしても、やっぱりColnagoはカッコイイ。なんというか、もう見てるだけで幸せ。乗るとゼロスタートの重さがウザいがそれもダンシングで速度乗せてしまえば巡行は得意だから全く問題はない。

ただでもクロス練ばっかりやってきたからかちょっと斜度があったりすると登れない!?という感覚に襲われるから怖い。本当に登れないのか勘違いなのか疲れてるだけなのか分からんが、でもやっぱり短い時間の練習ばかりだから1時間以上走るともうお腹いっぱいになってくるのは間違いない。

あ、それとやっぱりこのバイクはコーナーリングが素直で走りやすい。これは確実にそう感じる。Giantはちょっとクセがあるけど最近慣れてきた。というかタイヤがタイヤだからかも知らんが。Meteorの方がColnago Masterよりクイック。ただでもColnago Masterが怠いわけでは全くなくて、曲がり始めから旋回中、立ち上がりまで思ったラインを自然にトレースする感覚というか。ハンドリングを気にしなくていいというのはすごいことだ。そうなるとタイヤのグリップが気になってきたり路面の砂利とかギャップに気がいったりするわけだが、それってすごいことだと思うんだな俺は。バイクでサーキットを練習走行してるときに、1本30分の枠を3本予約してる日の最後3本目、感覚とかセッティングとかが熟れてきてバイクのことをあまり心配することなく走れるようになったときの感覚に似てる。分からんかw

f0178412_12542096.jpg





やっぱ、万一Meteorは手放せてもこのフレームは手放せないな。もちろんMeteorも手放さないけど。

それにしても今日は昨日のダメージが半端なくて全くスピードが出なかった。まあそんなもんか。







-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-







帰宅後、昨日に続いて町内のお祭りに。長男が大人神輿を担ぐし娘は手古舞で先頭を歩くし、この土日は写真とビデオを撮りまくった。いや〜、二人とも男前&可愛くてww 今日は休憩所で神輿についてってるだけの俺らにもなんと生ビールが振舞われて。長男のおばちゃんグループに勧められるまま一気に3杯も飲んでいい気分w 帰宅後の昼飯でも青鬼をいただいたりしてだな。来週の安曇野に向けて禁酒しようかと思ってたけどやっぱり無理だったww

f0178412_12545248.jpg






さて寝るか。
[PR]

by ag749s | 2015-10-18 13:09 | ロードバイク | Trackback
2015年 10月 17日

クロス練#11


お一人練。とにかく40分走をやろうと決めてやりきれたから満足。

f0178412_10293489.jpg





いつものように家から川沿いを北上して1周4分前後をメイクしたコースに意を決してゴー。40分走だからダラダラやっても意味ないからレース想定してオールアウト目指す。

序盤は元気だが焦って上げすぎないようにしつつ、且つ先日のレースでの負荷具合を思い出しながらそこを目安に。ドッグランに来てた女性二人組ににこやかに挨拶。路面コンディションは比較的重めのルートだから雨上がりはさらにキツいが速度上げられるところはギアを掛けて落ちた速度を復活させることに気をつけて。コーナーは脚を止めずに速度を殺さないよう気をつけて。向かい風になるところはギアを一つ落としてケイデンスが下がりすぎないように気をつけて。

気温16〜18度くらいだから最初は額に汗は出てこない感じだったが、すぐに滝のような汗が滴る。いい感じだ。サイコンをみると半分を過ぎたあたりで相当きつくなってきて涎も出てくる。残り10分に近づくともうフラフラしだすけど我慢してフォームを立て直しながら走る。ラインを外すことが多くなるから脚を使う場面も増える悪循環。思わずクソ!と言ってしまう。

ラストは相当険しい顔で且つものすごい息遣いのままドッグランの二人組にどうも〜...と声をかけるもドン引きされてるだろうか(ような気がする)。それでもサイコンがラップタイム40分を刻むまで出し切る。終わった。ぐわーキツかった。お一人様でコレはキツすぎる。やりきった感はあるがイイ練習になったかどうかは微妙だ。それにしてもなんでこんな天気の日に白いタイツを履いたのか。寝ぼけてたな。

f0178412_10292827.jpg
f0178412_1029265.jpg






フラフラになりながら八の字コースへ向かう。河川敷も公園もいつもサイクリストで溢れかえっているんだが今日は一台もいなかった。思う存分八の字をこなしてトイレ寄って洗車して帰宅。そうそう洗車してるときバーテープに穴が空いてるのを発見。先日のレースの1周目で押し出されたときにコーステープが絡まってここが切れたんだな。くそぉ、思い出すだけで悔しさが込み上がってくるぜ。あ、そういえば超久々にアスファルトで転んだ。超低速だから怪我はないがやぱアスファルトで転ぶと超痛いな。やっぱダートがいいわ俺は。

f0178412_10293183.jpg





-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






先日の茨城のラップタイムが出たからチェックしたんだが、思ってたより遅くて凹んでる。これじゃダメだ。確実に脚力不足だ。もちろん、去年の状態からしたら十分に力を取り戻しつつあるのは実感できたんだが、目指すとこから引き算するとそのギャップは大きい。やるか、やらないか、だが。やれるときにしっかりやらないとイカンなと反省。

ここ最近の平日は仕事が忙しかったこともあって早朝に外へ走りにいくために時間の調整を四苦八苦するという無駄を省いて、帰宅後夕食前の小一時間にローラーでメニューをやることにした。短くていいから濃く且つ頻度高く。2分インターバル、1分インターバル、30秒インターバル、5分L4(1分置きに30秒のL6をやりながら)。おかげでローラー用タイヤがタイヤカス製造機になってしまった。いつ買ったっけ。思い出せないが。

f0178412_1029376.jpg






明日のタートルマラソン(ハーフ)はDNS。安曇野前に脚を壊したくないのでね。仕方ない。

しっかりケアして少しでも回復させて明日も頑張ろう。
[PR]

by ag749s | 2015-10-17 11:01 | シクロクロス | Trackback
2015年 10月 16日

茨城シクロクロス#1は19位でした

茨城シクロクロス#1 C2クラスで19位 18位(暫定)でした。出走は45 38名かな?

場所:小貝川リバーサイドパーク
天候:晴れ、暑い(ドライ)
スタート:13:40
ゼッケン:26(=スタート位置)
リザルト:18位(46%)/38名



<写真はマスケンさん。>
f0178412_21213578.jpg




-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-





俺的な今シーズン初戦である茨城シクロクロス。ところがなんと数日前から喉がヤラレてヤバイ感じになってしまい前日にはついにクラクラしだすという体たらく。朝一の試走をしてみるがなんともかんともフワフワしていてなんだこれという感じ。踏めないわライン外すわクリート外れず転ぶわで散々な感じ。ゆっくり数周走ってレコードラインを見つけたから試しに1周アタックしてみたけどイキナリゼイゼイとはこれ如何に。なんかチグハグしていて吹っ飛びそうな感覚しか残らなかった。とほほ。終わってから車に戻ってもどうにもボーッとしていて今日は、今日もDNSかなあと頭をよぎる。


だがしかし、C3のレースを観戦・応援していると何となく気持ちが前向きに。気持ちが前向きになると不思議と歯車がカチャンとハマり出すから面白い。今やるべきことは何か、次はどういう準備をしておくべきか、自然とそういう思考になるから諦めてないんだと気づく。C3のライダー、ありがとうございます。

午後の試走もさっきと一緒だったら今日はやめとこうと決めて気楽にゴー。すると不思議。スピードが乗るじゃないか。路面がドライだからかな? C1のライダーに引っ張ってもらったからかな? とにかくそこそこいい感触を掴んで短めに終了。よーし、スタートラインにはとりあえず並ぶか、と決めた。






-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






ゼッケンは26だから5列目の左端。前がイソベーヌだから後ろについてけば前に上がれるかと思ったけど自分がミスしてズルズル行きそうなのをなんとかこらえて順位変わらない感じで一つ目のコーナーへ。その後の立ち上がりもクロスラインからインをついて数名を抜く。いい感じでインフィールド区間に入って一列になったところでバンクの外の右コーナーへ。

3名くらいが横に並んで進むも別に危なくもなく自分の前のアウト側ラインはガラ空きだったからラッキーとばかりに入ってったら肘が出てきた。まあよくあることだと少し肘を当てつつ前に出ようとしたらなんとライン変えて寄ってきちゃった。あちゃー。危険回避でアウトに出つつ減速したけどコーステープがブラケットに絡まって大転倒。。。後ろの皆さんどうもすみませんでした・・・・。立ち上がって乗ったところで最後尾。と思ったらチェーンが落ちとるやないかい! しゃーないから一旦降りてチェーンはめて再スタート。当然、周りには誰もいません。オワタwww(まさに頭にこの文字が浮かんだ)

けど「オオキさんがんばれーー!!!」という声が耳に入って泣きそうになりながら立ち直った。あれは誰の声だったんだろうか。煽てられると力を出すタイプなんです。ここでスイッチが入ったというか外れたというか頭が真っ白になってとにかく全開で攻めまくったった。もう途中で終わってもいいやと。幸い、重いストレート区間は観客がいないからサボりつつ、インフィールドは声援が大きいからガンガン攻めて『お〜、すげーー』という餌を求めてどんどん前をパスする。チョー気持ちいい。

もうとにかく呼吸がゲロゲロで。何度か吐きそうになりながらコーナーを攻めまくる。チューブラーじゃなくてチューブレスでもこれくらいドライだとグリグリ攻められることがわかった。前も後ろも滑りまくるけど無理矢理コジッてでも立て直して前に進む。おおなんか俺かっこいいw

たぶん最初の3周か4周で20人くらい抜いたと思う。それもほとんどがインフィールドで。

<写真はナカシマさん>
f0178412_21193247.jpg






その後は3人パックで落ちついたから後ろで少し休ませて貰ってラストラップでアタックして終了。アタックポイントは前回の練習のときに考えた場所で。なんとかパックの頭をとってゴールできた。とりあえず残留チケット一枚目は取れたかな。

<写真はナカシマさん>
f0178412_21201668.jpg







-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






今日のレースは自信になった。最後尾、しかもえらい離された位置から本人が一番びっくりしてるくらい追い上げることができたことがまず第一。それといつも一緒に練習しているカネコケージ氏が先頭パックからの3位をゲットしてC1昇格を決めたこと。俺も頑張ろうと思えた。俺だって、って思えた。今日は走って良かった。本当は悔しいけどそれもまたレース。

シーズンは長い。がんばろう俺。

f0178412_21524100.jpg





Giant TCX Advanced Pro1
IRC SERAC F/2.0bar R/2.0bar
[PR]

by ag749s | 2015-10-16 07:02 | シクロクロス | Trackback
2015年 10月 04日

クロス練#10

小貝川リバーサイドパーク。来週の月曜にも茨城シクロクロスに出るわけだが、その日のために練習しとこうという友達に混ぜていただいて俺も行ってきた。

(クロさん撮影)
f0178412_1446323.jpg






-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-







朝7時集合。いつもの朝練仲間は場所がどこだろうと朝が早い。いいことだ。時間を無駄にしない。そこがいい。それがいい。都合がいい。今回も5時半に家を出てカネコケージ兄貴をピックアップののちなんだか良く分からなかった彼の仕事のことなどを聞き出しつつ粛々とマイカーでゴー。

到着したら自走変態のナカシマさんがもう着いたと連絡あり。また間髪いれずクロさんを載せたサトシー氏も到着。みな連絡を取り合い状況も把握。いいね、最高だ。時間にルーズなのはワシ好かん。





と、さっそく試走。茨城シクロクロスの主催者であるオンザロードの影山さんたちが草刈りやコース整備をされたおかげで気持ち良く走ることができる。オーガナイザーとその仲間たちへの感謝とリスペクトは無限大だ。ホントありがとうございます。みなさんのお陰で40過ぎのオッサンもマイナースポーツで趣味を満喫できるわけだ。

ということで、実は俺的には初回の茨城シクロクロス@小貝川しか実は走ったことがなくて、その頃はまだ初回だからメンツも薄くて、いや、そんなことないか?、とにかくいい印象しか残ってないからコースをしっかり覚えていたわけで。BMX的なとこもこのとき初めて走ったけど面白すぎて試走でここの区間ばっかり30分くらい猿のように走りまくったりして。

そんなこんなで実際のルートを100%再現するのは難しいから皆でシンプルなルートを引いて確認。3周くらいしてからさてメニューやるかと。だがしかし。このメンツで40分走をやると死ぬことは承知の事実だから誰もスタートを切らないという微妙ーーな空気が流れたのはワロタ。5分くらいウダウダしつつ仕方ないからレッツスタート。






4人パックで進行するわけだがやっぱり向かい風となる先頭はキツい。それはこれまでもこれからも今日も変わらない事実。序盤はカネコケージ兄貴が先頭を引っ張るカタチ。ナカシマさんがミスったから俺が番手。クロさんが切れる。半分くらいのとこで俺が先頭。めっちゃキツいわほんま。速攻タレまくってライン外しまくったりしつつフラフラと先頭を走る。もう嫌だ。あと何分!?と聞いちゃうくらい嫌だ。ナカシマさんは前に出てこない。タレた俺に見切りをつけてカネコケージ兄貴が再び前に。ラスト2周。なんとか番手についてプレシャーをかける走法を駆使。あと半周。森を抜けて最後の抜きポイントでナカシマ氏が満を持して並びかける。ふざけんな。抜かせねーーよっとばかりにあからさまにラインをブロックする俺氏。さーせん。でもそれもまた一つのアレだろ。きっとw

なんとかかんとか40分を走りきってとにかく倒れそうになりつつゴール。いやーホントきつかったけどやりきった感が半端ないから超OKだろう。本番ではもっとコーナーが多いから今日みたいに曲がってドーンばっかりじゃないはず、脚を休められるはず、もうちょっと展開を生み出せるはず。。。単独になってしまったら辛いだけだが。






しばらくひと休みしてたらオヤジのアイドルオダヒジリ選手がコソ練にやってきた。すみません、インスタに上げまくって全くコソ練になってなかったけど、ま、いっかw それにしてもホント凄い。飛ぶんだもの。カッケーよ。

f0178412_144682.jpg



一通り次代を担うアイドル選手を撮影しまくって見学しまくったのち、ホントならもう一本やるか、とか、次はスキル練やるか、ということになるのがレースを趣味にしてる大人の対応というものなんだがちょっと頑張りすぎて。ということで門限があるナカシマ氏が自走で再び変態2時間走帰宅練に出かけられたのち、小貝川の河川敷のダートを繋ぐ的なライドに出発。面白かったですな。もう一回走るかと言われればノーなんだが、初めて走るとこを『こっち行けんのか?』『お、行けんじゃね?』と散歩するのは楽しいもんだ。サトシー氏の奇声が聞こえてドSの俺は満足でしたありがとうございましたw







-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-







さて。今週はボリュームを落として茨城に備えるか、というかもともとボリュームなんてこなしてないからいつもと変わらない感じで良いか。とりあえずインターバルを何回かやっておこうか。それと自転車をTackeさんに預けてみてもらって、EggBeaterがグリス切れということ以外は特に問題なく、注油やサイドカット箇所のパッチ貼りをお願いしてきた。

風邪ひかないように気をつけよう。

f0178412_1446129.jpg

[PR]

by ag749s | 2015-10-04 17:35 | シクロクロス | Trackback
2015年 10月 03日

クロス練#9

ボッチ練。ボッチ練のときはいつものルートをなぞる。なぞるんだが新しく追加したルートもあり、これまた新鮮味があってよろしい。だがしかしそれにしてもこの季節の蜘蛛の巣といったらもう最低だ。桜の木は枝が低いから地面と枝で網張ってる蜘蛛が多くて。

f0178412_16545469.jpg






今日も八の字で目が回るくらい回る。一か所だとツマランから4か所くらいを渡り歩いて10分づつくらいで回る。さらにただ八の字を書くだけもツマランからそこらじゅうの木をあっち行ったりこっち行ったりと落ち着きが無い系で回る。

反復練習とか大嫌い。小学校のころ百字帳は2冊くらいしか使わなかったと思う。宿題をやらなかったからね。あとサッカーでも利き脚じゃない方の反復練習がイヤで完全に左足でしかボールを蹴れない。八の字もせいぜい10周くらいしか続かない。だから隣の木に移ってまた10周、そんな感じ。それにしてもまだBMCの頃のように曲がれてない気がする。たぶんタイヤ。はやくチューブラーでやってみたい。

あと今日はいつも通過してるだけだった場所を良く見渡してみたらフィジカル系の練習ができそうな場所だということに気付いた。で、やってみた。1周だいたい2分前後だな。だから途中でターンする場所をいくつか設ければおそらく3分以上は確保できそう。しかも結構な重馬場でそれはまるで信州クロスの富士山ステージのように草が重い。脚を止めると一気に減速するから常に踏んでないとダメな感じでキツい。今度行く時は40分走でもやってみよう。ここはボッチ練でも負荷かけて走れそうだが人と走るとたぶん相当追い込めるだろう。(写真はその場所ではない別の場所)

f0178412_16545265.jpg






話しは変わっていま使ってるチューブレスタイヤのIRCシラク。今度はサイドカット。ちなみに空気圧は2.3barくらい。これまでパンク2回。今回で3回目というかパンクまでには至っていないが、もう、ホント、俺的には、クソだ、チューブレス。別に特にいままでパンクが頻発するようなこともなかったのにこのタイヤにしてからもう3回目。キクちゃん、俺のチューブラーホイールまだですか? 安心して練習やレースに臨めない現状はホント勘弁して欲しい

f0178412_16545749.jpg






とはいえ今日もまた楽しかった。明日は小貝川方面に行く予定。なんか刈った草が激重らしい。頑張ろう。

これはさっき会社で食ったロースカツ弁当。うまかった。
f0178412_16545997.jpg

[PR]

by ag749s | 2015-10-03 17:05 | シクロクロス | Trackback