2015年 11月 14日

クロス練#15

今日も楽しいクロス練。

雨予報だが関係ない。1mm程度の予報ならむしろ練習になるぜとばかりに、同じ考えのミヤ氏をお誘いして40分走へ。あとイソベーヌ氏にもお声がけ。仕事があるため難しそうだったがわざわざ来てくれて感謝感激。

f0178412_10143483.jpg






ところでこのコース、休む場所が無いうえに重馬場な箇所がいくつかあり、またターンからのスタートダッシュが必要な場所も何箇所か設けてある。さらに、ターンのあと単純にまっすぐ行けばいいというんじゃつまらないからあえて厳しい場所に次のターンを用意してみたり、ラインが一本しかない箇所や、ライン取りでタイムに差がでる連続コーナーがあったりと、重馬場だが脚力だけじゃ攻略できないようにしてある。一方、残念なのはど平坦なところ。1箇所だけちょっとしたコブがあるけど。まあ贅沢は言えない。





1周3分15〜30秒くらいのコース。40分走だから10周ちょっとのはずだがよく分からないからラップタイムだよりで、イソベーヌはまだきてないからミヤさんと二人でゴー。

ひとまずは先頭固定でスタート。ひたすら周回。15分くらいしたところでミヤさんが前に出てきたけど半周後の90度ターンで転んだから再び先頭に。そのまま35分くらいまで先頭固定で。キツかったキツかったキツかっためっちゃキツかった。

ラスト10分のところでイソベーヌが登場。パックに入ってもらって3人で走る。刺激的〜。やっぱり一人で走るより後ろから息遣いやブレーキ音やイン側にフロントタイヤを差し込まれたり、そういうのがあるとレースみたいで燃える。一人で40分走やるときはラップタイムの数字が相手なんだが、やっぱり追い込めるよな。ありがたい。

それにしても微妙な北風が向かい風になる箇所で結構長めの直線があってそこが一番キツかった。後ろの音も脚を止めてる感じや横に並びかける気配がビシビシあって、いやーキツかった。ただその区間で前にいないと、そのあとは抜きにくい場所(林のなかのシングルとか連続コーナーとか直線が短い場所が続く)だからレースを想定して先頭固定で頑張る。そして抜かれにくい箇所はちょっと休憩しつつ。最終区間に入る最後の直線で刺されないように回復を図って直線ではダンシングで逃げる。その繰り返し。

だがしかし、やっぱりミヤ氏は強くて、ラスト5分のところで前に出られた。なんとか後ろに噛り付いたもののこの時間帯にもなるとドラフティングがあってもペースアップされてるからキツいキツい。最終周も後ろについて少しペースダウンしてきたミヤ氏のインをつきまくってガンガンプレッシャーをかける。これもまた練習。ミヤ氏はミスが多いからゴールまでミスらないよう走るよう後ろから声をかける。立ち上がりで強烈な加速をするミヤ氏。クロスラインでスピード殺さずコーナーに入ってその立ち上がりに応戦。そのまま2人でゴール。イソベーヌ氏は千切れていた。やっぱりミヤ氏はめっぽう速い。




今日もまたありがとうございました。またぜひやりましょう!すごい練習になります。







-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-








40分走りきったあとイソベーヌ氏から幕張のときの弱点などを教えていただく。ホントありがたい。実際のレースのなかでさらけ出している自分の苦手な箇所を的確に指摘してもらう。これ以上のアドバイスはない。一緒に競い合ったライバルだから分かる得手不得手。俺に確実に差を詰められた箇所について、こうすればイイ、ああすればイイと意見交換できたのは大きな収穫だ。結論としてはやっぱり試走が大事。

<ミヤ氏撮影>
f0178412_10143226.jpg





まだまだイメージしている走りは出来ていない。とても遠いがだから少しづつ改善を繰り返して近づいていく過程が楽しい。今シーズン、これまでは得意な部分を伸ばすべく練習してきたが、やはり苦手な分野を埋めていかないと得意な部分も引き立ってこない。そういうことが分かるのもレースのイイところ。レースは最高の練習とは真理だ。
[PR]

by ag749s | 2015-11-14 11:10 | シクロクロス | Trackback
トラックバックURL : http://ag749s.exblog.jp/tb/24670811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< またアイウェアを      スターライト幕張day1は7位でした >>