2015年 11月 06日

1年前

1年前のスターライト幕張は失意のうちに終わった苦々しい想い出のレース。

Day1、現地着と同時に持病の薬を飲み忘れていることに気づいてUターンDNS。12時間ごとに飲まなくてはならない免疫抑制剤だったため、無理して飲まずに出走して持病が再燃するのだけは避けたかった。再燃する確率がどうとかじゃなく、走ってしまったがゆえに再燃したという後悔をしたくなくて。

Day2、ちゃんと薬も飲んで気分良くスタートを切ったんだが、シーズン2戦目でまだ気づいてなかった実力が明らかとなり-1LAPのDNF。これはホント凹んだな。薬の影響でヘマトクリット値が35前後で、呼吸は楽なのに力が入らない。踏んでも踏んでも進まない。全身使って走ってもどんどん抜かれる辛み。焦って急坂を登ろうとしてタイヤ剥がして転ぶし。色々がっかりしたレースだった。

f0178412_2229988.jpg






今年は、まだアサコールやら免疫調整剤は飲んでるものの免疫抑制剤も飲まなくて良くなったため、完全に元どおりという訳ではないにせよ、去年よりはずいぶんと力を取り戻しつつあると実感している。もう去年みたいに-1LAPされてゴール手前でこんな表情しながらレコードラインを避けて走るなんてことをしないよう自分に期待したい。

f0178412_22292048.jpg






-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-






ところで、趣味だと言って憚らないシクロクロスレースは2011年のちょうど今日がデビューレースだったようだ。Facebookのお知らせ機能で判明。懐かしい写真。吉見のGP-Mistralだ。まだバイクはルイガノの26インチMTB。機械式のディスクブレーキは古いものだったからブレーキを引き摺りっぱなしでキツかったなあ。

f0178412_22295178.jpg

そういえばこのときも走り終わったあとはキツくて悔しくて。帰宅後速攻でCinelliのZydecoをオーダーしたっけか。






とまあ11月の頭というのはなんだか色々とある時期で。シクロクロスレース以外でもなんだかダメージを食らうことが多いような気がする。だから結構この時期は凹んでることが多くて今年もご多分にもれず懸案事項を抱える数週間だった。一応、とりあえず、メンタル的には乗り越えたからホッとしてるところだが、あまり自分で自分に無理せずニュートラルで臨むようにしていこうと思う。

一方で正月明け〜春先までは子供の頃から良いことが多い時期のようで、そこまでは低空飛行でもとりあえず壊れてしまわない程度に淡々と誠実に過ごそうと思う。

そして明日はスターライト幕張。MCは今回も有賀だし。娘が応援に来てくれるし。朝からおにぎり作ってウズラの卵のゆで卵を作って、弁当箱に詰めて、幕張の会場で一緒に食べて、ピクニックするんだぜ。あと適当に試走〜アップ〜レースを走って、帰ってきてから冷やしてあるビール飲むんだぜ。

結果は求めず、全力で走るのみ。娘にいいとこ見せないとな。
[PR]

by ag749s | 2015-11-06 22:50 | シクロクロス | Trackback
トラックバックURL : http://ag749s.exblog.jp/tb/24646925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< スターライト幕張day1は7位でした      クロス練#14 >>