泥日記

ag749s.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 20日

攣らない


最近、というか病気が寛解を維持してから攣りにくくなったからかヒルクライムでも踏むときにビクビクしなくて良くなり、どんどん踏み込んで行けるここ最近。そのおかげか少しだけヒルクライムの嫌い度が下がった気がする。七重は相変わらず嫌いだが梅本線や定峰のように比較的好きな峠が出てきたことも喜ばしい。

攣る原因は色々あるんだろうけど、大腸炎の影響で大腸が水分やミネラル類の吸収量が少ないことや、たとえ大腸の調子が良くても睡眠の質が悪いと睡眠中の大腸の活動が低下して結果的に吸収できていないことなんかだろうか。

ここ最近を見てみると、湿疹が酷くて睡眠不足だった3月下旬〜4月頭では登坂中にしょっちゅう攣っていたが、皮膚科の薬で熟睡できるようになると攣らなくなった。昨日もそうで、先週の後半はずっと貧血の症状が出ていて目が回る回るという感じだったんだが、たまたま土曜の夜の睡眠が超絶熟睡の8時間睡眠だったからか昨日は立ちくらみの症状も出ず、ライドの方も調子が良かったし結構踏んで頑張ったけど攣りはしなかった。




この感じ、今までに無い感覚だわ〜と思ったけど、単に忘れてただけで2010年ごろはこんな感じで踏めてたんだよね。何度も何度も重いペダルに力を込めて、苦痛だけじゃなくて充実感を感じながら進んでいく感じ。上半身や腿の前側や脹脛はいい具合に力が抜けていて、体の中心というか真ん中というか芯に力を込めてブレない感じ。ようやくこの感覚を少しだけ取り戻してきたようだ。こうなると踏むのが楽しくなるわな。短い時間のインターバルやスプリントのダッシュは何にせよ異常に楽しいのは変わらないが、LT値前後でのヒルクライムもちょっと楽しめるようになってきた。やっぱり睡眠ってとても大事だよな。

あとやっぱりLTワークの成果だろうな。体幹も少し戻ってきたかな。まあややこしい話しはいっか。とりあえず頑張るよ。写真は昨日の桂木頂上手前でナカシマ氏に撮っていただいたもの。撮られてるレーダーを察知したから撮られやすいよう少しスピード落としてフォーム作ってみたことは内緒。

f0178412_2052788.jpg



-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-





ちなみにまた先週あたりから湿疹が出始めていてここ数日は寝てる間に掻き始めたのでそろそろ皮膚科に行く。いつも行っていた皮膚科は先生がどうにも性に合わなくて行くだけでストレスを感じるから今度は違う病院に行くことにする。

次いくとこは治療方針に「患者もしっかり勉強して治してください。たくさん質問してください。」とある。人に言われたことを鵜呑みにできない、自分の頭で理解しないと身体が動かないひねくれ者だからちゃんと説明してくれる医者の方が良いしたくさん質問するし好都合。あとは上から目線の雰囲気でないことを願う。

40歳を過ぎて色んな不具合が出まくってる訳だが、体は借り物だという考えに立って自分でも勉強してちゃんとケアしないとね。ちなみに免疫システムはとても面白かったよ。身体の根幹をなす一つのシステムだから機会があったら読んでみましょう。

<似たような本を山のように出しててちょっとアレですがこの本は良かったです>
http://www.amazon.co.jp/dp/B0079A7PUW
[PR]

by ag749s | 2015-04-20 21:01 | ロードバイク | Trackback
トラックバックURL : http://ag749s.exblog.jp/tb/23922245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< イソベーヌ★グラベルロード      山猫Ride >>