泥日記

ag749s.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 06日

長男の誕生日

今日は長男の14歳の誕生日である。写真は8年前のもの。

f0178412_22144365.jpg





特に今までの誕生日と変わらず今回も一様に感慨深い想いに浸る訳だが、たまたま金曜日ということもあり、且つ日曜がレースだから土曜は寝坊する予定だしレース終わるまで酒は飲まないということで、時間があって素面だから昔のブログを眺め返したりするわけ。

家族タグが付いたのはこんな感じらしい。
http://olnlc1.exblog.jp/i3/

昔のブログはオートバイ関係が半分以上で、3割くらいが家族関係だっただろうか。2005年9月から始めてるようだがくだらない内容ばかりで情けない。とはいえターニングポイントになった時期の出来ごとや、家族との記録など、読み返すと微笑ましくも思えるから自分大好きな俺としては書いていて良かったとは思う。





長男の誕生の瞬間といえばなんといっても陣痛が始まってから産まれるまで36時間もかかったのがのトピック。昨夜観ていた関ジャニの番組で出産するシーンが流れたが、当時を思い出してウルっと来てしまった。当時大げさだと言われたが、死なずに無事に出産を終えてくれたカミさんに感謝して、そう思った直後に無事に出て来てくれたちっこい長男にも愛おしさを感じた。産まれた直後から親ばか全開だな。

こんな俺が父親になんかなって大丈夫か!?とか思う間もなく育児が始まり、そんな殊勝な悩みなど感じる繊細さもなくただただこの長男の愛くるしさにのみ救われて苦労を苦労と思ったこともないまま二人目が出てきた、そんな感じだったなあ。ざっくりし過ぎw

いや、そりゃそれなりに当時は悩んだり頑張ってみたり考え込んだりもしたけど、そういうことはあんまり覚えてない。8mmビデオに撮りまくってるからブルーレイにでも落として観てみたいが、とにかく一挙手一投足がなんというか、凄かったw(表現が稚拙だな・・)





長男はとにかくとても優しい。これはとてもいいことだ。カミさんの遺伝だな。娘にも、産まれてからずっと今でもとても優しい。ただ優しい言葉をかけられるとかなんでも譲るとかそういうことじゃなく、「分かってる優しさ」と言えばいいのか、キリスト教でいうところのアガペーと似た感覚を持つ。素晴らしいことだと思う。俺が一番見習わなきゃいけないことなんだが、親子とは不思議なもんだ。あと歌が上手いw 友達も多い。これもカミさんの遺伝だろう。

f0178412_22144533.jpg





俺みたいな半端もんが一家の大黒柱でやっていけてるのは長男のお陰と言っても過言ではない。もう既に色々と助けられている。カミさんはもちろんだが、感謝しかないと最近特にそう感じている。

これからどんな人生を歩んでいくんだろうか。段々と手を出さなくても良いようにも見えるんだが、良い具合に関わっていきながら、成人する6年後には逆に感謝されるように過ごしていきたいと思う。背が伸びてきて中2特有の髭やすね毛も生えてきて声も変わった長男を眺めながらそう思う。

f0178412_22144829.jpg

[PR]

by ag749s | 2015-03-06 22:27 | その他 | Trackback
トラックバックURL : http://ag749s.exblog.jp/tb/23751320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第4回茨城シクロクロスはDNS      iPhoneバッテリー終了 >>