泥日記

ag749s.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 26日

レガシィアウトバック納車

スバルのレガシィアウトバックに乗り換えた。Limitedではない標準モデル。色はシャンパンゴールドみたいなタングステンシルバーという色。写真が黒なのはまだ代車なので、納車は1月下旬の目途。 写真差し替えたw@3/1

f0178412_854161.jpg




-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-




買って5年目のデリカD:5は、予定ではあと5年近くは乗るはずだったが、納車してからずっと不具合&修理(無償だが)が続いていて、当然全て修繕されているものの出掛けようとした時にエンジン掛からなかった時のショックが癒えず。今年なんかは3回もバッテリー上がりがあり、10月頭の3回目を機に見切りを付けた。バッテリー上がりの原因は謎の漏電。毎回違うところが漏電していて、アッセンブリー交換で毎回対策したが。デリカのデザインはとても好きだったんだけどな。

f0178412_17392186.jpg





想定外に乗り換え時期が早まってしまったため予算内に収まる範囲でアテンザワゴンXDの中古車を探していたが、試乗相談メールにマツダのディーラーから1ヶ月以上返信が無いから何となくタイミングを逸し。レヴォーグでも試乗しようとフラッとスバル東京のホームページを見たらレガシィアウトバックの新型が発売されたことを知り11/1にレヴォーグ2.0と一緒に試乗。レヴォーグ2.0の気が狂ったような加速に慄きつつ、ついでに乗ったアウトバックのステディな走りと静かさにちょっと感動。見積もりとデリカの下取り査定の結果も良かったため真剣に検討。




とりあえず、選ぶ時の主な理由は以下の通り。
・フラッグシップなのに思ったより安い(予算ちょいオーバーだった)
・初代モデルから選択肢に上げてたが今回カッコ良くなった
・デカい(見た目)
・運転しやすい、楽しい
・車体のロールがとても少ないと感じた(MPV、デリカ比)
・思ったよりトルクがある走りだった
・内装がチープじゃなくシッカリ造ってある印象
・室内が広大(大人4人乗っても十分な広さ)で家族での移動が快適
・2列目を倒すと自転車を数台乗せられる
・ルーフキャリアも使えそう
・アイサイトばバージョンアップしてお得
・4駆だしXモードもあるし、シクロクロスレースへの脚として最適
・マンションの立体駐車場の幅にギリギリ入る



試乗後、予算内に収まるようディーラーの担当者が色々と工夫をしてくれたお陰でほぼ予算範囲内となり、晴れて11/8に成約。協力してくれた所沢方面の友人にも超感謝。今度ビールでも奢ります。

発売後の1ヶ月ちょっとの国内販売実績では7割がLimitedだそうだが、革張りシートが好きじゃないし、スタブレックス・ライドはあってもなくてもどちらでもいいし(もともとレヴォーグに興味があったときもビルシュタインじゃない2.0GTが良いなと思っていたくらい)、オーディオも普通に音楽が聞けたら全く問題ないし、ということで標準モデル一択。

試乗車はLimitedだったが、18インチホイールに扁平60のタイヤせいか低速時のガタガタ感が気になっていたが、17インチホイールに扁平65の標準モデルはソフトになると聞いたから安心した。




-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-




で、代車とはいえ昨日納車したから少し走ってみた。

ルートは、首都高で高島平〜王子〜湾岸〜芝浦PA〜有明と繋ぎ、お台場から一般道で銀座〜巣鴨〜和光という感じ。クリスマスだったためイルミネーションが綺麗で、都心は少し渋滞していたものの概ねスムーズに走れた。

f0178412_21105994.jpg




特に車が趣味でもない一般人的な目線で感想を少し列記。
・何と言ってもアイサイトのクルコンが賢過ぎて同乗してもらった友人と大爆笑
 ただし渋滞してる登坂路では少しギクシャクする
 あと前走車が消えて設定速度に復帰する際の加速がちょっとワイルドでイマイチ
・車内はとても静か
・回すとステップ変速になって気持ちいい
・パドルシフトもデリカと変わらず使いやすいしDレンジへの復帰も素早くて良い
・低速時のトルクがモリモリ
・高速時は正直貧弱だが普段そんなスピード出すシチュエーションは極めて少ないはず
・S#モードは元気で気持ちいいけど燃費悪そうw
・それにしても良く回るエンジンだな
・地を這うようなコーナーリングが気持ちいい(あくまで個人的な感想)
 タイヤが潰れる感が顕著だけど滑って破たんする気配は一切ない
・ハンドル操舵が素直で軽くて楽(デリカはやたらと重かった・・・)
・ブレーキフィールが良い(特に低速時に感じた)
・視野率が広くて見切りがイイから運転し易い
・アイドリングストップ後の再始動のショックが思った以上に大きい
・左側のガードレールや停車車両はさすがに気になる(慣れると思うが)
・ウインカーの音がカッコンカッコンと煩い
・ドアのふちに肘を乗せるとハンドルが遠くて持ちにくい(広い!)
・シートがデカイ
・シートヒーター最高
・シートのポジション調節がたくさんあってハムが攣らないポジションが出せるw
・ドアが凄い広く開く

とにかくアイサイトの賢さに舌を巻いたのが一番印象的だったかな。あとは静かだな。音楽かけて停まってるとアイドリングしてるのかエンジン止まってるのか分からなくなるくらい。走っててもロードノイズやエンジン音、軋み音などなどがかなり抑え込まれているんじゃないか。あと個人的な好みだが、カムチェーンがキーーンと鳴るのが気持ちいい。YZF-R6を思いだす。

街中ではインテリジェンスモードでも十分に元気な走りをしてくれる。逆に高速では長めの加速で一気に速度を上げたいときなんかにちょっと物足りない。スッと短い加速は十二分だが。まだS#モードで高速を走ってないから実際は分からんが、まあでも必要なさそうな程度にインテリジェンスモードでも高速道路をシッカリ走れるから心配ない。広めの山道でS#を使ってみたいな。

それとデリカだと確実にタイヤがスキッドする曲がり方をしてみたが、当然のごとく平然と普通に曲がる。滑る気配はない。というか滑りそうになるとたぶんコントロールされてるんだろうけどグイグイっと瞬時にグリップを取り戻してさらに曲がって行こうとするから驚いた。ロールもほんのわずかで、これも改めて感動したな。おそらく同乗者にとっても乗り物酔いしにくいことは間違いないだろう。

f0178412_8541988.jpg





-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-




車の免許を取ったのは結婚してからの28歳くらい。当時はR33スカイラインの2.5Lのセダンだったんだが、好きなところを走りにドライブに行くとかそういう使い方はバイク以外でしたことが無かった。スカイラインのパワーウェイトレシオは0.14に対してレガシィアウトバックは0.11だが、感覚的には、トルク特性の違いなのか脚周りを含めた車体の良さなのか常用域での走りっぷりは大差ない感覚。

ここ数年は子供も大きくなって休日に家族で出かけることも少なくなり、数100キロ離れたレース会場までの移動が主な使い方となり、レガシィアウトバックは用途にピッタリ(メーカーのマーケティングターゲット的にもドンピシャw)なわけだが、まあ、買って正解だったかどうかが分かるのは数年後だろう。

きっと娘が高校を卒業するころ(8年ほど先)までは乗るだろうから、子供が巣立って余裕があったら小さい車で純粋に運転だけが楽しい車なんかも追加したいなと思えたのは良かったかもな。(バイクになってるかも知れないが)

f0178412_17391917.jpg

[PR]

by ag749s | 2014-12-26 21:36 | その他 | Trackback
トラックバックURL : http://ag749s.exblog.jp/tb/23399057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< CXサイクリング      おはクロス番外編 >>