泥日記

ag749s.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 20日

一年経ちました

一年前の11/22に入院したからあれからもう一年経った。ありがとうございます。それにしても、なんか遠い昔のような感じだし、この一年はあっという間だった感じもする。不思議なもんだ。


思い返せば一年前の今日は、最寄り駅の階段で少し力んだら漏らした(便というよりは体液と血液が混じった粘液)からトボトボと帰宅して、その後はそのまま外にも出られず、腹もずっと痛くて、体力もなく、貧血なのかフラフラしていて、まるで病人のようだったなあ。このままではヤバいと思って意を決して脂汗タラタラで車を運転して病院行ったら即座に内視鏡を入れられてモニターに映し出された腸壁はそれはもう(以下略...。うん、やっぱり病人だったw

f0178412_21472119.jpg




その後の入院生活はご存知の通り。それにしてもあのときは大勢の友人知人が見舞いにわざわざ足を運んでくださり感謝してもしきれなかったことを覚えてる。またこういう性格だからFacebookでも散々騒ぎ散らして色々と励ましてもらったりもして迷惑を掛けてしまったがお陰で前向きに過ごせた。このときの恩は忘れられないなー。また家族の協力も大きく。当然とはいえ普段感じ取れないことを知ったりもして。そう考えると、ある意味人生のなかでも良い時間を過ごせたんじゃないかと思っている。


厄年期間中は病気以外にも色んなことがあったが、ようやく呪縛から解放されると言われるこの年末。これから先はイイことが今まで以上にあるんじゃないかと期待したいがどうだろう。


厄年って、色んな節目でもあるタイミングと言われるんだが、俺みたいに不摂生とかしてた奴はこういうことになって思い知るタイミングでもあると。ただ、それをどう処置するかはその人や周りとの関わり次第で。もがいてあがいたこの1,2年の出来ごとや経験は、これからの近い未来に影響して良い方向に繋がる、だから厄年が底でそこからは上昇する、なんて言われるんだろうかと夢想したり。


ここ最近、後厄最後だからか薬の影響なのか分からないが、どうにもバイオリズムが低調でヤル気も減退、体力も低下と、何とも力の入らない状態がふわふわと続いている。ま、流れに逆らないことを学んだからここで無理やり何かやるとかせずに、気持ちのいいこと楽しいことを中心に慌てず騒がず中庸に暮らして行こうと。必ずチャンスはあるはず。(なんの?w)



-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-



ところで。最近は周りの身近な人からも潰瘍性大腸炎に罹患したって話しを聞いたりもするけどさ、兆候があったり心配な人は食生活にちょっと気を配るとある程度は未然防止できるのでそういうことを伝えると役に立つしなとか思うけど、おせっかいになるからグダグダ書かないのでまあ興味あれば連絡を。

f0178412_2148137.jpg

[PR]

by ag749s | 2014-11-20 21:52 | その他 | Trackback
トラックバックURL : http://ag749s.exblog.jp/tb/23314160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< お山を4本      グリーンライン >>