泥日記

ag749s.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 06日

東京シクロクロスSpring 2012 参戦(完全版)

東京都自転車競技連名主催の「2012 東京シクロクロス Spring」に参戦してきた。

結果は、初心者向けのCクラス(25分)で4位。
●公式リザルト:http://tokyocyclocross.web.fc2.com/・・・(注:PDF)
●cyclowiredの記事:http://www.cyclowired.jp/?q=node/78732

f0178412_2135324.jpg
photo by M.Ayano




-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-




ところで。今回はキッズ向けのKクラスにウチの長男(11歳)が参戦した。多大なる応援を賜りありがとうございました。>八王子方面の皆さま
f0178412_20592450.jpg


彼的には、諸般の事情w、ならびに夏の「うっかり八兵衛カップ」での奮闘に気を良くしたのかやる気満々。スタートも最前列からドン。いや、鈍w

彼には俺の夏用のチームジャージを着せて走らせた。お陰で「親子チーム物見山」の完成。目立つジャージだから皆さんに認識されやすく、たくさん声援を送っていただけた次第。

<諸般の事情の件>
f0178412_2101272.jpg
photo by KasukabeVisionFilmz



<親子チーム物見山>
f0178412_2121339.jpg
photo by KasukabeVisionFilmz



結果は、、まあ、レースの順位よりも彼なりに精一杯やったから「マル」だな。俺を含めた大人どもの罵声いや声援に奮起してペダルを回していたしな。その姿は忘れないぜ。良く頑張りました。もし次回も出るなら、今度はもっと練習を積んで臨もうぞ。

<ドン!>
f0178412_2161473.jpg
photo by M.Ayano



<頑張った>
f0178412_2124574.jpg
photo by M.Ayano


その日が楽しみである。


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


俺はというと。
息子のレースの直後ということもあり、「なんかバタバタしそうだ」「応援でアップどころじゃない」という言い訳を事前に用意するテイタラク。

までも、スタートしたからには一生懸命やるぞということで、半周して折り返したところで「大声援」を受けた気がして、「よっしゃやったるどーー」と気合が入った。やっとw

<ベストショット。バタバタしてて下手丸出しだが。いいんだよw>
f0178412_2191026.jpg
photo by @pinarancio




【序盤】
そうこうしてると知らないウチにシケインが。1つ目は分かったが、2つ目があるとは知らずそのまま乗車、した途端に2つ目が現れて慌てて再び降車ww ラバネロ佐藤さんと二人で「ウケル~」と爆笑w

その後の泥濘(ぬかるみ)区間で前を走る何人かを抜いたら橋の下辺りでどうやら先頭っぽい2人に追いついた。おお3位やんけ俺。すげー俺。やるな俺。表彰台か俺。と思ったのが敗因w

前の2人は速い速い。辛うじて視界に捕らえつつ1周目を終えてホームに戻ってくるも、その後の砂地&お堀で圧倒的に遅い俺は2周目の真ん中辺りで完全無欠の単独に。

f0178412_2111301.jpg
photo by M.Ayano




【中盤】
この時はまだ余裕があったため、いつも通り、ココで慌てて前を追って上げ過ぎないでちょっと一休みして回復してからストレートで上げていくつもりが、体がフィットしてないからか、アップ不足なのか、気合が入ってないからか、弱いだけなのか、全然ダメ。←弱いだけだったらしい

仕方ないから気持ちを切り替えようとギャラリーの皆さんに反応してみたりしたものの、やっぱりお堀の登り降りやシケイン後の飛び乗りが遅く、「オイ、おまえ、MTBも乗るんだろ?何やってんだよ!ったく!おせーよ!」という声が聞こえてきそうな感じでグデグデ。




【終盤】
そうこうしていると後ろから忍び寄る影(@Gacchuman選手)が。その影(@Gacchuman選手)の大応援団の方々の声と彼らの視線で距離が詰まってるのが良く分かる。ああ、ダメだ、抜かれる~、と思った周でやっぱりパスされた。それにしてもあの黄色い声援の大応援団には堪えた。アウェー感満点w

<抜かれる直前の図ww>
f0178412_21132577.jpg
photo by KasukabeVisionFilmz



その後、気持ちを入れなおしてなんとか喰らい付いていくものの、橋の手前の泥濘区間では既に干上がった脚が言うことを聞いてくれず、差は開くいっぽう。焦れば焦るほど、ハンドルを取られ、リアは滑り、蛇行してしまい、タイムをロスする。の繰り返し。。




【最後】
最終周に入るも差は一向に縮まらず。お堀のいくつかの登りもコツを掴んで乗車でクリアできたため少しは前に近づいたものの、また泥濘区間で離される。ダメだこりゃ。

折り返して砂地の直線を終えて橋をくぐったところで後ろを確認したが誰もいない。人っ子一人いない。一方、前を見ると俺を抜いて3位だった選手(@Gacchumanさん)が2位のお若い選手を捕らえて2位にポジションを上げて最終ストレートに入ってった。

こりゃ追いつかん&追いつかれんと思い、最後のギャラリーのところで止まってみたりして笑いを取り、ゴール前のストレートでスプリントの真似事をやってみたりして終了。

f0178412_21123542.jpg
photo by M.Ayano




今回も大応援&たくさんの写真をありがとうございました。大変勇気づけられました。
いやあ楽しかった。また来年~。


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


今回も大勢の知り合い関係とワイワイと参加できて楽しかった。Bクラス終了後に帰ったため関根家のコーヒーや古江さんのカップ麺等を逃したのは痛かったが、走っても観ても愉しいシクロクロスはイイもんだ。

2011年シーズンのシクロクロスはこれで終了。また来年。

来年はカテ2に上がることを目標に、いや、表彰台に立つことを目標にしよう。そのためには練習せんとな。ということで、さっそく4月にCXでの山サイの予定を入れたったw
[PR]

by ag749s | 2012-03-06 21:22 | シクロクロス | Trackback
トラックバックURL : http://ag749s.exblog.jp/tb/17276375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 野田NCAカップ 参戦      auひかり開通 >>