泥日記

ag749s.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 12日

レンズ追加

オークリーのレンズを購入。久々に消耗品ではない贅沢品を購入!
あくまで自己満足。プチ贅沢でプチ幸せ。
ただし、これで1Wでも出力が向上するわけでは無い、残念ながら。。



入手したのはVR28。国内通販サイトで7,140円(送料は別途600円)

f0178412_21144673.jpg



使っているJAWBONEのフレームはMatte Blackだから、
付属のレンズはBlack Iridium VendedとYellow Vended。

Yellow Vendedは昼間だと明るすぎるキライがあるやなしや。
(あまり気にならなかったが....)

<Yellow vs VR28>
f0178412_21155762.jpg



Black Iridium Vendedは透過率10%につき晴天向け。
曇りの日の影の部分や、山での木陰は確かに見え難いし、
日が昇る前や夕闇迫るころになると使い物にならない。

<Black vs VR28>
f0178412_21163110.jpg



VR28は透過率28%。晴天から曇りまで対応。
感覚的には見た目の印象以上に視界は明るい。

f0178412_21172572.jpg



前のエントリーにも書いたとおり購入の理由はあくまで『見た目』。
手持ちのBRIKOのレンズがこれに似たカラーで、気に入っている。

f0178412_21232236.jpg



-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

オークリーのレンズは、サイトによると、
「水を弾き、汚れをつきにくくするハイドロフォビックレンズ
 コーティングで、雨の中でもクリアな視界。業界のスタンダード
 を超越した耐衝撃性能をもつPlutonite®レンズは、UV-A、
 UV-B、UV-Cの紫外線のみならず、眼に有害な青色光線の一部の
 波長まで100%カットする。」
だそうだ。ふーん。。。

ただ、そうは言っても雑に扱っていると当然傷がつく。
しかしながらレンズに汚れが付きにくいというのは実感している。
水滴が水滴のまま乾燥(または拡散)してくれる=跡が残らない。
BRIKOのレンズは、汗が潰れて広がって膜のようになってしまう。

Vandedタイプのレンズは通気口が付いているからレンズが曇りにくい?
たとえば、真冬に吐く息が白い信号待ちなんかでは曇ることがある。
ただでも走り出せばすぐにクリアになる。他のモデルでも同じ?

それに、レンズが取り外せるため気分や気候、時間帯によって
レンズを使い分けられる。また、フレームの隙間を簡単に
水洗いできるのも良し。塩分や皮脂が溜まりにくい。

ノーズパッドは、別途ジャパンフィットタイプが付いてくる。
簡単に付け替えが出来るから日本人でも安心。(周知の事実か)

欠点は、JAWBONEに限った話しではないし利用者が多いためすでに
通説となりつつあるが、後方確認をする際に下側のフレームが
視界に入りやすい。シッカリと後ろを見るような心がけが必要。

という性能云々は単なる理由付けでしかないw



-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

今まで3種類しか使ったことがないため他にもっといい製品が
あるかも知れないが、以上、感想文w

平日はローラーばかりだから、早く週末に外を走って試してみたい。
[PR]

by ag749s | 2011-01-12 21:25 | その他 | Trackback
トラックバックURL : http://ag749s.exblog.jp/tb/15317601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 林道 雀川      冬グローブ >>